アランズナチュラルドッグフードはシニア犬に良い?悪影響はないの?

年齢を重ねたワンちゃんは身体の色んなところに問題が出てきます。

・疲れやすい、元気がない、散歩の足取りが重い

・食欲がない

・毛がパサパサで毛並みが悪い

・お腹の調子が悪い(下痢、便秘)

・肝臓の数値が高い、糖尿病

・腎臓の機能低下 …などなど

そんな愛犬に、なんとか元気になって欲しくて、ドッグフードを色々変えてみたけどどれもイマイチ。

シニア犬のドッグフード選びはとっても大変ですよね。

そんな身体の悩みが多くなってきたシニア犬に最適なのがラム肉です。

実は「ラム」と名前のついたドッグフードは、他のお肉がブレンドしてあったり、他の原料の割合が多かったりするものが殆どなんです。

そのようなフードを与えても、ラム肉が持っている本来の良さを生かせません。

その点アランズナチュラルドッグフードは、主原料がラムの生肉(55%)だけです。

しかも原材料が全部で10種類というシンプルなフードです。

それでも、

「でもラム肉を食べてくれるかな?」

「栄養は大丈夫?」

「シニア犬に食べさせて問題ないの?」

と心配な方もいらっしゃると思います。

そこでこのページでは、アランズナチュラルドッグフードをシニア犬に与える効果や注意点を詳しくまとめました。

まずはラム肉の特徴やシニア犬に与えるメリットについて簡単におさらいしていきますね。

気になるところだけ見たい方は下の目次から選んでください。

ラム肉の特徴とシニア犬に与える効果

ラム肉はアレルギーになりにくい

ラム肉がアレルギーになりにくい理由は、

・ラム肉があまりドッグフードに使われていない

・羊は鶏、牛、豚に比べて自然な環境で育てられている

ということです。

食物アレルギーは、生まれつき特定の食材に対して反応を示す場合と、摂取した量が許容量をオーバーしたときに発症する場合があります。

そのためドッグフードにあまり使われないラム肉なら、他のお肉でアレルギーが出るワンちゃんでも大丈夫なことが多いのです。

また、羊は広大な自然環境の中、自然なエサを食べて育てられるので、アレルギーの原因になる人工的な農薬や薬の影響が殆どありません。

ラム肉は脂肪を燃焼させやすい

ラム肉にはカルニチンという動物性タンパク質に含まれるアミノ酸の一種がたくさん含まれています。

牛肉、馬肉や魚のカツオ、牛乳などに含まれていますが、とくにラム肉にはたくさん含まれています。

カルニチンは「体内の脂肪を燃焼させる働きに役立つ」物質です。

つまりカルニチンが多ければ脂肪を燃焼させやすくなり、カルニチンが不足すると余分な脂肪が身体につきやすくなります。

しかもラム肉には過剰なコレステロールを抑える不飽和脂肪酸がたくさん含まれます。

シニア犬の肥満を防止し、肥満が原因で起きる糖尿病や脂肪肝、心臓疾患などの予防にもつながります。

ラム肉は滋養強壮に良い

ラム肉の赤身は消化吸収がとても良く、犬の胃腸に負担をかけません。

また、タンパク質、鉄分、カルシウムが豊富に含まれているので、犬の鉄欠乏性貧血を予防してくれます。

そしてビタミンB1、B2、ニコチン酸などの栄養素がバランスよく含まれているでの、体力を回復させる効果にも優れています。

脂肪が燃焼しやすくエネルギーにかえてくれるラム肉は、シニア犬がとっても元気になるんです。

ラム肉は脳の活性化に良い

ラム肉に多く含まれるカルニチンは、体内で代謝され「アセチルカルニチン」という物質に合成されます。

最近の研究では、この「アセチルカルニチン」という物質には脳細胞を再生する働きがあるので、脳の活性化につながるといわれています。

高齢になると脳の働きが落ちてくるワンちゃんもいますが、脳を活性化させていつまでも元気に暮らしてほしいですよね。

このように、ラム肉はアレルギー対策だけでなく、肥満予防や体力回復、健康維持、脳の活性化にも良い食材なので、まさにシニア犬にピッタリなお肉なんです

アランズナチュラルドッグフードをシニア犬に与えるメリットと注意点

身体の色々な部分に悩みを抱えたシニア犬に、アランズは効果があるのでしょうか?

アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード公式サイト

原産国:イギリス

カロリー:339㎉

粗たんぱく質:20%

脂肪:12.5%

オメガ6脂肪酸:1.5% オメガ3脂肪酸:1.0%

対象年齢:生後7ヵ月以上の全ての成犬

【原材料】

生ラム肉(イギリス産)55%、玄米18%、全粒オーツ麦、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母、海藻、ラム精製油

ラムの生肉を55%も使ったドッグフードはアランズの他にはありません。

 少ない量でしっかり栄養がとれる

55%も入っているラム肉をはじめ、他の原材料も消化吸収が良い物ばかりです。

でもいくら贅沢な材料を使っていても、栄養を吸収できなければ意味がないですよね。

その点アランズなら、食べる量が減ってきたシニア犬でも「少ない量でしっかり栄養補給」できます。

栄養が効率よく吸収されると、元気に動き回れる体力が復活して、シニア犬でも活き活きした毎日を過ごすことができるんです。

シニア犬のお腹にやさしい

お腹の健康は、シニア犬の全身の健康に影響します。

アランズは特にお腹の健康にこだわったフードです。

例えば原材料のテンサイを見てみましょう。

テンサイは砂糖の原料になる野菜で、品質の良い食物繊維がたっぷりなのですが、ドッグフードに入れるにはコスト(材料費)がかかりすぎます。

そのため通常のドッグフードはテンサイの搾りかすであるビートパルプを使ていますが、アランズは野菜のまま入れているんです。

テンサイは水溶性繊維と不溶性繊維をバランスよく含んでいるので、

・毎日スッキリ、お腹の調子を整える働き

・善玉菌をふやして腸内環境を整える働き

を助けてくれます。

さらにアランズには整腸剤にも使われるビール酵母が入っています。

ビール酵母はアミノ酸・ビタミンB群、ミネラル、食物繊維が含まれているのでお腹の調子をよくする効果にプラスして、疲労回復の作用も期待できるんです。

シニア犬の毛並みをツヤツヤに

シニアになると気になるのがパサパサでこしのない毛並みです。

毛並みが悪いのは見た目だけでなく、皮膚の健康状態が悪い証拠です。

アランズはラム肉の良質な脂肪酸と、亜麻仁のオメガ3脂肪酸のダブル効果で皮膚の健康をサポートし、毛並みをツヤツヤ・フッサフサにしてくれます。

さらにオメガ3脂肪酸には、炎症を抑える働きがあり、皮膚炎、関節炎、肝炎の症状を緩和する効果も期待できるんです。

免疫機能や脳の健康にも関係していると言われていすので、シニア犬は積極的にとりたい栄養素です。

腎臓にも優しい

アランズは粗たんぱく質が20%と、原材料に生肉を55%も使っている割に低たんぱくのフードです。

シニアになると腎臓の機能が低下してくるワンちゃんも多く、たんぱく質が多すぎるドッグフードでは負担が大きくなります。

アランズなら低たんぱく質で、たくさん食べる必要もありませんので内蔵に対する負担が減らせます。

<たんぱく質が腎臓に負担になるのはなぜ?>

簡単に言うと、腎臓は血液をろ過する装置、つまりフィルターです。

血液が腎臓を通る時に、たんぱく質を栄養と老廃物に分けてくれます。

栄養は身体に吸収され、老廃物は尿として排出されます。

たんぱく質が多ければ、腎臓がたくさん働かなければいけません。

健康な犬なら問題ありませんが、腎臓の機能が落ちてくると、フィルターに老廃物が詰まってしまいます。

だから腎臓の機能が落ちたワンちゃんはたんぱく質を制限しなければならないのです。

ちなみに人工透析というのは、腎臓の代わりに、機械で血液をろ過するものです。

アランズをシニア犬に与える場合の注意点・デメリット

注意点は2つあります。

一つ目はアランズに入っている玄米、オーツ麦、大麦といった穀物です。

これらの穀物はビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で消化しやすいものです。

ですが、今までずっとグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを食べてきたワンちゃんの場合、切り替えの時に一時的にお腹がゆるくなることがあります。

他のフードから切り替える際は、今までのフードにアランズを少しずつ混ぜていき、2~3週間(最低5日間ほど)かけて徐々に割合を増やしていってください。

もう一つは給与量です。

アランズナチュラルドッグフードは消化吸収率が高いため、他のドッグフードに比べて給与量が少なく設定されています。

いくらヘルシーなラム肉とはいえ、今まで通りたくさん与えると体重が増えてしまうことがあります。

必ず袋に書かれた給与量の目安を守るようにして、体重の変化を見ながら調節してください。

品質や効果も大切ですが、やっぱり価格も気になりますよね。

次は、アランズを愛用しているココたんが実際どのくらい食費がかかるかをご説明します。

アランズナチュラルドッグフードの価格とコスパ

アランズは2.0㎏入りで、税込み・送料込みで4,968円です。

定期購入にすると、税込み・送料込みで4,540円で、さらに2袋まとめて買うと1袋あたり3,955円です。

消費税・送料込の1袋あたりの価格
通常購入 4,968円
定期コースで1袋 4,507円
定期コースで2袋まとめて 3,955円
定期コースで3袋まとめて 3,635円
定期コースで6袋まとめて 3,421円

アランズをなるべく安く買う方については、こちらの記事にも詳しくまとめてあります。

→アランズナチュラルドッグフードの価格と最安値で買う方法。実際の食費・給与量は?

ラム肉を使ったフードは、

K9ナチュラルラムの2㎏6,000円

ビオミルセンシティブラム2㎏4,752円

HALOアダルトヘルシーラム1.8㎏3,900円

などがあります。

定期コースで買うと他のフードよりも安いくらいです。

ラムの生肉をこれだけ使っているのでかなりコスパがいいです。

私は現在定期コースで2袋まとめて買っているので、1袋あたり3,955円です。

体重9㎏の柴犬ココたんで実際にかかる食費は

1g当たり1.97円で、1日の給与量が120gなので、

1日 1.97×120=236円です。

1食分の食費は118円になります。

アランズは他のドッグフードに比べて1日の給与量も少なくて済みます。

実際の食費で比べるともっと差がついてきます。

アランズナチュラルドッグフードの注文方法は?

アランズ ナチュラルドッグフードの公式サイトでないと定期購入やまとめ買いの割引を受けることができません。

はじめに注文する時だけ、住所、氏名、電話番号、メールアドレスなどを入力しますが、1度登録するとマイページが作られて次回からはとても簡単です。

キャンセルや注文の変更もマイページからすぐにできます。

パソコンやスマホがあんまり得意じゃないという方は、電話でもできますので安心してください。

購入方法はこちらの記事に詳しくまとめてあります。

→アランズナチュラルドッグフードの価格と最安値で買う方法。実際の食費・給与量は?

美味しくて健康に良いフード

アランズはラムの生肉を贅沢に使っているので、とっても食いつきがいいです。

シニアになると食欲が落ちるのも大きな問題ですが、新鮮な生肉を使ったアランズなら美味しく食べることができて、しかも安全で、何より犬が元気になるので是非試して頂きたいと思います。

アランズナチュラルドッグフードを詳しく見る

アランズナチュラルドッグフードの実食レビューはこちら

最後までありがとうございました。

こちらも合わせてご覧ください⇩

→アランズナチュラルドッグフードの価格と最安値で買う方法。実際の食費・給与量は?



スポンサーリンク


ページトップ