太っている女は彼氏も結婚も無理!肥満女の未来が絶望的な3つの理由

おデブ女のみなさん、これから大事なことを書きますのでしっかり読んでください。

もしあなたがこれからも太ったままなら『将来は真っ暗』です。

特に30歳を過ぎている肥満女性は崖っぷち、いや、半分崖から落ちています。

年齢層が上がり、仕事、出会い、婚活などの土俵になると、肥満はデメリットにしかなりません。

「何言ってるの!土俵なら太っている方が有利じゃない」

って?

相撲のイラスト

確かに相撲ならみんな太っていますよ。

すみません、表現がわかりずらかったですね。

簡単に言えば、『デブは仕事においても恋愛においても不利にしかならない』ということです。

「う~ん、私はぽっちゃりだから大丈夫」

「体型と仕事は関係ないわよ」

「ぽっちゃりが好きな男性は多いんでしょ?」

と甘い考えを持っている方もいるでしょう。

しかし!

その甘えた考えを持っている時点で、あなたの将来は真っ暗です。

誤解がないように言っておきますが、私は太っている女性を馬鹿にしたり、いたずらに非難したい訳ではありません。

太っていても魅力のある女性は大勢います。

それでも「デブ」という称号は、マイナスのイメージを持たれやすいのが現実なんです。

一番わかりやすいのが、

「デブはだらしない」

といったイメージです。

なぜ、このようなイメージを持たれるのか?

逆の立場で考えてみましょう。

例えばハゲている男性やチビの男性に「だらしない」というイメージは持たないですよね?

しかし太っている男性は「ものぐさ」「ぐうたら」な感じがするのではないでしょうか?

これはデブがハゲやチビと違って『自分の努力次第で改善できるもの』だからです。

結局は、自分の努力次第で何とかなるものをやっていないから、相手に不快感や不信感などのマイナスイメージを与えてます。

そして、仕事、恋愛、結婚において大きなデメリットになってしまうのです。

しかしそれだけではありません。

デブはあなたの老後の生活にまで暗い影を落とします!

ここまで読んでもまだピンとこないかもしれませんね。

そこでこのページでは、女性の肥満が仕事や恋愛にどれだけ不利になるのか、そして将来にどんな悪影響を及ぼすのかを解説していきます。

後半にはしっかりと対策法も載せてありますので、これを読んであなたの危機的状況を回避してください。

1.おデブな女性は圧倒的にモテない!

太った女がソファーでゴロゴロしている

デブな女は無条件に『だらしない』と思われる!

デブな女性の最大のマイナスイメージは『怠けもの・だらしない』と思われることです。

「元々の体質もあるから仕方ない!」

という主張も、わからないではありません。

ですが、肥満の原因の殆どは「食べ過ぎ」「動かなさ過ぎ」「怠け過ぎ」という生活習慣です。

確かに太りやすい人と太りにくい人がいるのは事実ですが、太りやすいのがわかっているなら、それなりの対処をするべきです。

スカートやパンツの上に乗った腹…

お歳暮のハムみたいな腕や足…

首と言う部位を消し去っている二重あご…

全部あなたがだらしない生活を送ってきた動かぬ証拠。

結局は、わかっていながら改善する気のない向上心のなさを表したものです。

面と向かってそれを指摘する人はいないかもしれませんが、実はみんなそう思っています。

体型だけでこれだけのマイナスイメージを持たれてしまうのですから、デブが圧倒的にモテないのは当たり前ですよね。

デブは性格や内面で判断される前に却下!

「人は見かけじゃない」

「太っていても性格が良くて、気立てが良くて、料理や家事も得意だから大丈夫」

と思っているおデブもいるかもしれません。

言いたいことはよくわかります。

事実、男性は、

・恋愛 ⇒ 顔や体形を重視

・結婚 ⇒ 「家庭的」「頼りがいがある」「気立てがいい」などの内面を重視

という傾向があります。

ただ…

先ほどから説明しているように、デブははじめから『怠け者』『だらしない』というレッテルを貼られています。

そのため、本当の性格や内面を見てもらうチャンスすら与えられません

逆に言えば、いくら「料理が大好き」「掃除や洗濯も得意」「男性を立てることができる」という女性であっても、デブというだけで選択肢にすら入れません。

外見や体形を気にせず、その人の性格や内面を見てくれる男性が全くいない訳ではありません。

ただしそのような男性に出会える確率は限りなく0に近いです。

デブは恋愛でも不利、婚活でも不利になります。

結婚できなければ生涯独身、女性のおひとり様老後をよぎなくされます。

単身で老後を過ごすには、最低でも2,500万円の貯金が必要と言われています

それだけのお金をためるなら、正社員はもちろんのこと、ある程度の役職で年収を確保しなければなりません。

ところがデブはキャリアアップの妨げにもなるのです!

2.おデブな女性の出世は厳しい

太った女性がダメと言っているところ

肥満体型がもたらす弊害は恋愛や結婚に関するものだけではありません。

キャリアの面でもデブは圧倒的に不利です。

アメリカでは太っていると『自己管理が出来ない人』と見なされ、出世できない仕組みになっているのはご存知ですよね?

日本ではまだ、そこまで明確なルールはありませんが、肥満の人は重要なポストに付きづらくなっています。

その理由は2つです。

1つ目の理由として、肥満の人は健康面に不安があります。

キャリアと健康に関係はないのでは?と思うかもしれませんが、仕事ができる女性ほど、しっかりフィットネスをして体調管理を万全にしています。

何かずば抜けた才能を持った人なら別ですが、病気がちだったり、たびたび仕事を休んでしまう人に重要なポストは任せられないですよね。

実際には”健康そのもの”というデブであっても、

一般的には『デブ=生活習慣病(糖尿病、心臓病、脳血管障害など)』というイメージがあるので、会社もリスクをとりたくないのです。

肥満女性が出世できないもう1つの理由は、単純に『見た目が良い女性の方が仕事でも優遇される』からです。

男女平等がさけばれている現代でも、まだまだ男社会の職場は多いものです。

女性が殆どの職場だとしても、結局人事権は男性が握っているというのも珍しくありません。

「そんないい加減な理由で!?」

「差別だわ!」

というのも無理はありません。

本来、昇進や出世は出身、性別、体型などに関わらず、能力や実績で判断されるべきものです。

しかしながら現実は違います。

いくら綺麗事を並べていていも、容姿が判断基準に入っているのは紛れもない事実です。

でも「○○さんが痩せててキレイだから昇格」と、適当に決めているという訳じゃないんです。

上に立つ人間は、他の社員に対する影響力が必要です。

だから、

「○○さんは颯爽として、仕事もできるカッコいい女性」

「私も○○さんのようになりたい」

と目標とされなければダメなんです。

仕事ができる女性、有能なキャリアウーマンをイメージしてみてください。

みんなシュッとしていませんか?

スタイルもよくて、フットワークも軽く、いつも爽やかな笑顔。

それがおデブさんだったらどうです?

「あの人仕事はできるかもしれないけど…デブだし…」

みんな憧れませんよね。

いくら仕事ができても、デブというたった一つのデメリットで待遇が上がらなかったり、出世ができないんです。

3.おデブな女性は病気になりやすい

健康な血管と傷んだ血管

30~59歳の日本人男女およそ5000人の健康診断の結果を調べた研究で、BMI22が最も異常値が少なかったという報告があります。

BMIとは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数です。

こちらのサイトで簡単に計算できます。

肥満は万病のもと、あらゆる病気を引き起こす原因です。

もしかしたら、

「好きなものを好きなだけ食べて、別に長生きしなくたっていいの!」

と思っている人もいるんじゃないでしょうか?

その考えはメチャクチャ危険です。

肥満が引き起こす病気は、一気に寿命を縮めるというよりは、じわじわ体をむしばんでいきます。

つまり、病気を抱えたまま長生きしてしまう可能性が大きいのです。

糖尿病ならインスリン注射を一生涯続けなければなりませんし、腎臓がやられたら透析です。

脳の血管が切れて半身不随になることだってあります。

とにかくデブが引き起こす病気は後々の後遺症が大変なんです。

後遺症は完治することがなく一生涯続きます。

後遺症が続くということは、それだけ医療費がかかることにもなります。

おひとり様で老後の貯えも作れず、そのうえ病気になったら誰が面倒を見てくれますか?

親御さんを頼りにしますか?

今大丈夫だから、これからもずっと元気という訳ではないですよね。

むしろ親御さんを介護する側になる可能性の方が高いです。

介護しながら仕事を続けるのがどれだけ大変か…

きっと、今のあなたには想像もできない辛さですよ。

ここまで読んで、少しでも危機感を感じたのなら、今日からでもダイエットをはじめてください。

「でも…今まで何度もダイエットして失敗してきたし…」

「どうせ私には無理…」

そうですよね。

ダイエットが簡単にできれば誰も苦労しません。

何度も失敗すれば自信を失うのも無理はありませんよ。

でも心配はいりません。

今まであなたがダイエットに失敗してきたのは、正しい方法を知らなかっただけです

正しい方法を知らなければ、上手く行かないのは当たり前。

決して「痩せることなど無理」と考えなくてもいいんです。

ここでは誰もが確実に体重を減らせる方法を紹介していきます。

この方法を実践すれば1ヵ月に1~2㎏のペースで体重を減らせることができます。

それを1年間続ければ12㎏~15㎏くらい痩せることができます。

正しい方法でダイエットすれば、1ヵ月に1㎏落とすのはそんなに難しいことではないんですよ。

これからお話しすることを実践すれば、誰もが簡単・確実に痩せられます。

ただし、短期間で10㎏痩せるような即効性があるものではありません。

ゆっくりと緩やかに体重が減っていくダイエットです。

そのかわり、ライザップのようなハードなことはしなくてOK。

ある程度好きなものを食べても大丈夫。

無理なく確実に痩せていく方法です。

無理なく確実に痩せるダイエット

まず注意点をお話しします。

おデブのダイエットで運動は厳禁です。

やってはいけません。

おデブが運動すると必ずと言っていいほど、足首、膝、股関節、腰などを傷めます。

ケガをすると以前よりもさらに活動量が減り、余計に太ってしまいます。

そんな事態に陥らないように、運動はしないでください。

では何をすればいいのか?

とても単純なことですが、摂取カロリーを下げます。

1日2食にして好きなものを食べる

摂取カロリーを下げるために、3食食べていたなら2食にします。

ただそれだけですが、確実に痩せることができる方法です。

「健康に悪いのでは?」と思うかもしれませんが、肥満体でいる方がはるかに不健康です。

それに世界中で1日きっちり3食にしている国は珍しいです。(かつては1日2食が当たり前)

そのため、1日2食(あるいは1.5食)の方が健康に良いという学説も多いのです。

1日2食ダイエットの条件

朝、昼、晩のどれをやめるかはあなたの自由。

2食は好きなものを食べてOK。

間食もある程度OK。

もしも空腹に耐えられなければ『置き換え』を利用しましょう。

低カロリーなものに『置き換える』のが最も効果的

「摂取カロリーを抑えれば痩せる」

というのは、誰もが知っていることで、唯一効果が実証されたダイエットですよね。

先ほどお話ししたように、3食食べていたものを2食に減らせば必ず痩せます。

もちろん2食で3食以上食べたらダメですが…

確実に痩せる方法を誰もが知っていながら、実践できないのは「欲」に負けるからです。

「欲」に負けてついつい食べてしまう…

でもあなたが悪いのではありません。

人間は本能的に楽な方を選ぶ生き物なんです。

人間だけではありません。

動物はみんなそうです。

動物園に行くと殆どの動物はのんびりしていませんか?

保護された環境で緊張感がないというのもありますが、動物は食べる以外は身体を休めるのが当たり前なんです。

例えば野生のライオンは「もっと獲物を捕らえるために体を鍛えよう!」と言って、

筋トレしたり、ジョギングしたりしません。

1日のうち、狩りをするのはわずかな時間で、後はゆっくり体を温存しています。

人間も同じです。

美味しいものを我慢できなかったり、食べたあとゴロゴロしてしまうのはすごく自然なことなんです。

ですのでダイエットもキツイことをしたら続きません。

1日3食→2食にする時には、『置き換え』というワンクッションを挟むのがもっとも効果的です。

『置き換え』というと、ダイエットスムージーなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ですが置き換えられるのはそれだけではありません。

3食のうち1食分 → ダイエットスムージー

ジュース、スタバ → 水、炭酸水(無糖)

チョコ、スナック菓子 → アーモンド、ナッツ

アイスクリーム → こんにゃくゼリー

いきなり1日2食にするのは誰でもキツイです。

でも、食べ物や飲み物の置き換えで、徐々に1食分を減らすのはそんなに大変ではありません。

あなたも経験していると思いますが、ダイエットの一番の敵は「空腹感」ですよね。

完全に食べちゃダメとなると、酷い空腹感に襲われます。

ですが『置き換え』だと「空腹感」をあまり感じません。

そのため空腹からの反動でドカ食いしてしまうリスクも減らせます。

空腹感さえ対処できれば、ダイエットを成功させるのはとっても楽なんです。

空腹感を感じさせないことで言えば、ダイエットスムージーはとても心強い味方になります。

市販の粉を溶かすタイプならお手頃ですし、最近のものは栄養バランスにも優れていて美味しいです。

どれを選んでも置き換え効果はありますので、売れている中から試すと良いでしょう。

人気が高いのはこの3つです。

・やみつきジュレ&シェイク

・もぎたて生スムージー

・MILMILMICHILU

空腹感をやり過ごすコツさえつかめれば、ダイエットはとてもスムーズにいきます。

食べる量を減らすことで消化に負担がかからなくなり、身体も頭も今まで以上に働くようになります。

そして体重が少しずつ減ってくると自然とフットワークが軽快になりますので、消費カロリーも勝手に増えてくれますよ。

5㎏以上体重が減って「ちょっと身体を動かしたい」と感じるようになれば、運動を取り入れてもOKです。

ですが、運動は必須ではありません。

運動が嫌いな人は、無理して運動する必要は全く無いです。

ダイエットと言えば「運動が大事」と言われますが、運動で消費できるカロリーは微々たるものです。

あくまでも重要なのは摂取カロリーです。

まとめ:痩せるだけで人生は変えられる

肥満女性に未来がない理由、デブがおかれた現実がいかに厳しいかわかったかと思います。

この状況を変えていく方法はただ1つ。

あなたの肥満としっかり向き合って、痩せることです。

もしもあなたがダイエットに成功すれば、ただ痩せている女性になれるだけではありません。

「努力をしてダイエットをやり遂げた」という自信が内面から溢れる女性に生まれ変わるのです。

痩せることで、

・洋服選びが楽しくなる

・まわりのみんなが優しくしてくれる

・健康診断が怖くなくなる

…など、

良いことがたくさん増えるのに気付くでしょう。

でもそんな小さな変化だけではありません。

おデブな女性は、痩せるだけで人生を変えることができるんです。

ダイエットに成功すると、美意識の高い女性が周りに集まってきます。

美意識が高い女性やおしゃれな女性のグループにいることで、自然と素敵な男性との出会いが増えます。

すると今度はあなたが男性を選べるようになるんです。

仕事だって変わりますよ。

痩せただけで、みんながどんどん協力してくれるようになります。

今までよりもずっと効率よく仕事をこなせて、信頼も実績も上がります。

あなたがダイエットをすることで、人生がどんどん良い方向に転がり始めるんです。

しかも1ヵ月にたった1㎏痩せるだけですよ。

全く不可能ではないですよね?

ダイエットを成功させる一番大きなコツは、思い立ったらすぐに始めることです。

「来月から」「来週から」と言わず、今すぐできることを始めてください。

必ずあなたの人生が明るくなります。

● もう一度ダイエットの方法を見る

スポンサーリンク

もぎたて生スムージー

スポンサーリンク

シェアする


ページトップ