【犬の糖尿病の原因・症状・治療】寿命への影響や末期に注意すること

ココたん
どうも、ココたんです🐾

このサイトをご覧いただきありがとうございます🐕

犬も人間と同じように、インスリンというホルモンの不足や効き方が弱くなることによって糖尿病を発症します。

糖尿病というと重い合併症のイメージがあると思います。

犬の糖尿病でも合併症はありますが、人間でみられるような脳梗塞、心筋梗塞、腎不全、網膜症(進行すれば目が見えなくなる)、手足の壊死といった重度の症状はまず起こしません。

糖尿病の初期症状に気付き、早い段階で治療を行い、その後も飼い主さんが適切に対処を行えば犬の平均寿命をまっとうすることも可能です。

しかし糖尿病と気付かずに過ごしていると、糖尿病性ケトアシドーシスなどの全身症状が出て命を落とす危険も高いです。

なるべく早い段階で症状に気付き、病院で適切な治療を受けることが大切です。

犬の糖尿病の種類と原因

犬の場合、インスリンというホルモンが、膵臓から分泌されなくなることで起こるインスリン依存性糖尿病(Ⅰ型)がほとんどです。

インスリン依存性糖尿病(Ⅰ型)

膵臓からインスリンが十分に分泌されず、インスリンが不足します。

インスリン依存性糖尿病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、遺伝、肥満、感染、免疫介在性膵炎など、いくつかの要因が重なって起こると考えられています。

インスリン非依存性糖尿病(Ⅱ型)

このタイプは犬ではあまり見られません。

膵臓からインスリンは分泌されているけれど、それを受け取る体の反応が鈍くなることで細胞内にブドウ糖が上手く取り込まれなくなります。

そもそもイスリンとは?

細胞にブドウ糖を取り込めるようにするのがインスリンです。

ブドウ糖は細胞が活動するためのエネルギーです。

筋肉だけでなく、生命活動を維持するために必要な脳や心臓、肺などの臓器も全てエネルギーが必要です。

食事をして血中のブドウ糖が増えると、膵臓でインスリンが作られて分泌されます。

インスリンの働きにより、ブドウ糖が細胞の中に取り込まれるようになり、その結果、血糖値(血中のブドウ糖濃度)が下がります。

糖尿病でインスリンが不足したり、働きが弱くなれば血糖値が高い状態(高血糖)が続きます。

糖尿病になりやすい犬種・性別・年齢は?

様々な犬種で発症しますが、なりやすい犬種はミニチュアシュナウザー、ビーグル、ダックスフント、プードルです。

その中でも特に肥満になっている犬がなりやすいというデータがあります。

性別:オスに比べるとメスの方がなりやすい(特に避妊手術を受けていないメス)

年齢:ほとんどが6歳以上で8歳頃がピーク(1歳以下はわずか2~3%)

その他:膵炎やクッシング症候群の持病がある犬や肥満体型の犬はリスクが高くなる

犬の糖尿病 ~初期症状~

・水を飲む量が多くなる

・尿の量や回数が多くなる

・食欲が増える

・いくら食べても痩せてくる(体重減少)

合併症の白内障になってはじめて糖尿病に気付く場合もあります。

上記の疑わしい症状が見られたら早めに病院で診察を受けましょう。

【重要】犬の糖尿病の危険な合併症

糖尿病で一番こわいのは、糖尿病で代謝機能がおかしくなり、ケトン体と呼ばれる非常に毒性の強い物質が体にたまることです。

この状態を糖尿病性ケトアシドーシスと言い、糖尿病にかかっている犬に突然起こる危険な合併症で死に至る可能性もあります。

実は犬の場合、ケトンが体の中で発生してしまい、状態がかなり悪くなった状況でようやく病気に気付くことが多いのです。

糖尿病性ケトアシドーシスの初期の症状として、

・水を飲まなくなる

・食欲がなくなる

・元気がなくなる

・嘔吐や下痢をする

などが挙げられます。

一刻を争う状況なのですぐに病院に連れて行ってください。

【その他の合併症】

白内障

犬の糖尿病で最も多い慢性合併症です。一旦白内障がはじまると、回復することはなく、急速に進行します。

血糖コントロールがうまくできていなかったり、血糖値の日内変動が大きいと白内障の進行が急激になる傾向があります。

手術での治療もありますが、もともと犬は視力がそれほどいいわけではなく、優れた嗅覚や聴力を使って生活しています。

また、高齢犬の体力を考えると点眼薬で進行を遅らせる治療法が選ばれることが多いです。

高血圧

糖尿病の期間が長くなってくると発症しやすくなります。

収縮期圧(上)が160mmHgを超える場合、高血圧症の治療を開始することが多いです。

犬の糖尿病 ~治療~

犬の糖尿病場合は、食事療法や飲み薬で血糖をコントロールできないので、インスリンの投与が絶対に必要です。

インスリンの投与に加え、食事療法、運動を組み合わせることで血糖値をコントロールします。

尿検査でケトン体が出ている場合は急激に状態が悪化する場合があるために、直接点滴から血管にインスリンを投薬します。

ケトン体が出ていない、あるいは治療でケトン体が消えたらインスリンの注射での治療になります。

インスリン投与

犬の場合インスリンの注射は比較的長い時間効果が持続するものを使います。

1日2回接種する方法が一般的です。

基本的にインスリンの注射は生涯続けることになります。

食事療法

糖尿病の犬の多くは肥満です。

血糖のコントロールをよくするためには肥満を改善することが大切です。

※肥満はインスリンの抵抗性を引き起こし、インスリン投与に対する反応がばらつく原因になります。

糖質(穀物などの炭水化物)を抑え、食物繊維が豊富なドッグフードにすると肥満治療や高血糖の改善に役立ちます。

糖質のコントロールのための療法食も市販されています。(糖質コントロールの療法食

食物繊維が多いと排便回数の増加、便秘や排便困難などのデメリットもありますが、糖尿病を改善する方がワンちゃんに対してメリットがあります。

可哀想だからと、おやつなどを与えて減量させないのは、病気の治療につながらず、犬の寿命を縮めてしまいます。

運動

運動をすると、血流やリンパの流れが改善し、インスリンの吸収が良くなって血糖降下作用が促されます。

毎日、同じ時間に散歩をして適度な運動をするようにしましょう。

※ただしインスリンを投与しての激しい運動や急激な運動は、重度の低血糖を引き起こす恐れがありますので避けましょう。

犬の糖尿病 ~経過・予後・寿命~

糖尿病のインスリンによる治療の目標は、糖尿病の症状をなくして、合併症を予防することです。

よくある合併症は、白内障による視力障害、体重減少、低血糖、多飲・多尿です。

しかし腎不全、血管障害、心筋梗塞、手足の壊死など人でよくみられる重度の合併症は、犬ではまず起こりません。これらの合併症は発症するまでに数十年掛かるものです。

犬の血糖値をコントロールできていれば重い合併症を引き起こすことなく寿命をまっとうできるということです。

糖尿病の末期での症状は?

こんなことはまずないと思いますが、もしも糖尿病に全く気付かなかった場合は、体重の減少、食事が食べられない、脱水、ふらつき、昏睡状態といった末期の症状が見られます。

糖尿病の末期ではエネルギーを細胞に取り込めなくなるのでやせ細ってしまい、昏睡状態や死に至ることもあります。

ココたん
こんなことになったら大変なので、水を飲む量が多くなる、尿の量や回数が多くなるなどの初期の症状を見落とさないようにしてください。

犬の糖尿病 ~食事療法用フード~


犬用ナチュラル療法食『糖&脂コントロール』

→『犬心~糖&脂コントロール~』を使っている飼い主さんの評価・感想

『犬心~糖&脂コントロール~』は、副産物・危険な添加物は一切不使用、人間が食べることができる新鮮な食材のみを使用した無添加の特別療法食です。

・クッシング症候群
・膵炎(すいえん)
・甲状腺機能低下症
・高脂血症
・糖尿病
・メタボ肥満
・脂質代謝異常症

の7つの疾患に対応しています。

糖尿病では、血糖値を急上昇させない、消化が良いたんぱく質しっかり摂る、腸内環境を整えて免疫力をアップさせるという食事対策が重要です。

『犬心』はこれらの条件を満たすために、国産原材料をメインにして独自の製法にこだわって作られています。

また、新鮮な食材を使用しているので、療法食でも非常に食いつきが良いのが特徴です。

とは言っても、ワンチャンによって好みの差が大きいので本当に食べてくれるかは心配ですよね。

ですが「犬心」は無料サンプルがあるので、愛犬の食いつきをチェックすることもできます。

犬は自分で食事を考えることができませんので、食事対策は飼い主さんの管理にかかっています。

早期からしっかり対策をとることで、その後の寿命や健康寿命を延ばせるようにしてあげましょう。


犬用ナチュラル療法食『糖&脂コントロール』

→『犬心~糖&脂コントロール~』を使っている飼い主さんの評価・感想

肥満は糖尿病発症のリスクを上げる

犬の糖尿病は遺伝的な要因も関係しているので完全に予防することは難しいです。

しかし太り過ぎ、肥満は糖尿病を発症するリスクを高めてしまう原因です。

適切な食事と運動を心がけ、肥満にならないように注意してください。

また、ある程度の年齢になったワンちゃんは、少しでも糖尿病のような症状が見られたら病院に相談しましょう。

ココたん
最後までご覧いただきありがとうございました🐕

こちらもあわせてどうぞ

⇒【犬の病気の死因⇒50%以上は癌!】病気は予防と早期発見が大事

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. きらら より:

    先週、うちの11歳のメスワンコが急に異常に水を飲み、おしっこも大量。近所の犬を飼ってる方の話しじゃ、うちの犬もすっごく飲むから大丈夫よ。2日ほど様子を見ていたものの夜中中飲んでおしっこの繰り返しで、やっぱりおかしいと病院へ。糖尿病と診断されました。その2日後、食べなくなり吐いた為再び病院へ。ケトン体が出てる(3+)と言われ夕方まで入院。夕方迎えに行くとご飯までいただきガツガツ食べていました。先生に聞き忘れたのですが、このケトン体は消えたのでしょうか?危険な状態からは抜けたと解釈してよかったのでしょうか?

    • k-kun より:

      主治医がどのような判断をしているのかわかりませんが、血中にケトン体が出ている場合、
      輸液やインスリンの点滴をします。
      家に帰っていいということなら、ケトン体が出ていないということだと思います。
      今現在は危険な状態を脱したとは言え、糖尿病と診断されているので、
      今後もまたケトン体が出て危険なケトアシドーシスの状態になる可能性はあります。
      インスリン注射、食事療法、運動はずっと続けなければなりません。

      • 匿名 より:

        ありがとうございます。エコーの検査では肝臓、腎臓は問題無いとの事でしたが、おしっこの検査シートで食事前に検査するのですが、なかなか濃い緑からかわりません。インスリンを打ち始めてやっと1週間てところなのでまだまだこれからかな?と思う反面、11歳と言う高齢もあり不安でしかありません。

        • k-kun より:

          それは心配ですね。
          水を飲む量やおしっこの量は多いでしょうか?
          ご飯は普通に食べれますか?
          インスリンの適切な量は2週間くらい続けないとわからないかもしれません。

          ・副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
          ・避妊手術を受けていない場合は婦人科系の病気がある
          という場合はインスリンが効きにくいことがあります。
          もちろん先生も把握しているとは思います。
          不安があるなら遠慮せず主治医に相談したほうがいいですよ

          • 匿名 より:

            水の量とおしっこは明らかに減りました。
            うちは乳腺腫瘍も見つかっています。避妊してなかったので、今更悔やんでいます。

          • 匿名 より:

            食事はドックフードをイヤがるようになったので、先生にお話しして鶏むね肉や鳥ミンチなどでカロリー計算して食べさせています。食欲はあります。

          • k-kun より:

            水を飲む量とおしっこの量が普通になって食欲があるなら、
            あとはしばらくインスリンが効いているかチェックをして、量をどのくらいにするか決めていくと思います。
            食事も計算しているとのことですので今は焦らずに様子観察で大丈夫じゃないでしょうか。
            そんなにしてもらえて、ワンちゃんも幸せだと思います。
            避妊手術もメリットだけではないので悔やむ必要はないですよ。

  2. 匿名 より:

    夜中、嘔吐していて 朝も全く食べず…病院に駆け込みました。750まで測れる血糖値測定器がHIを示して夕方まで入院になりました。今、インスリン8単位が足りて無い状態との事。何をどうしたら良くなってくれるのかわからなくなってしまいました。先生も探りながらの治療なのも十分わかっていますが、老犬なのもあり体力的には大丈夫なのか…

    • k-kun より:

      それは心配ですね。
      はやく状態が落ち着いてくれればいいのですが…

      • 匿名 より:

        とにかくしてあげられる事を最大限にしてやって、あとは少しでも落ち着いてくれる事を祈るばかりです。
        昔から犬は飼っていて、今もこの子の他にも犬1匹と猫3匹います。動物の育て方には自信があったのに…今は全てが怖く感じてしまいます。

        • k-kun より:

          犬の糖尿病は遺伝的なものが殆どなので防ぐことは難しいですよ。
          でも出来る限りのことはなさっているのであとは様子を見るしかないですよね。
          良くなって欲しいです。

          • 匿名 より:

            昨日の夕方迎えに行きました。
            800を超えていた血糖値も205までは落とせたらしく、帰ってから鶏肉を食べインスリン10単位。朝も嘔吐も無く食べて 今日は主人が休みなので昼間少しお散歩も行けたそうです。まだまだ安定しないですが生きてくれてる事に感謝です。

          • k-kun より:

            とりあえず下がって良かったですね。
            少しずつ安定してくれればいいのですが。
            お大事にしてくださいね。

          • 匿名 より:

            ありがとうございます。不安しか無かったので心強かったです。

          • k-kun より:

            いえいえ、また何かあれば教えてくださいね。

  3. 匿名 より:

    一進一退と言う感じですが、この子が命ある限り精一杯一緒にがんばります。

  4. 匿名 より:

    今週は調子が良くて、吠える事もしなくなっていたのにワンワン吠えてお散歩の催促もするようになってたのに、今朝の注射の時に逃げて打てとかどうかわからなかったんです。でも4時頃吐いてしまって…病院も今日は昼までなので先生にも連絡がつかず、食事もしないので13単位打ってるインスリンを家に居る娘が7単位打ったようです。7で下がらなかったら寝る前とか13単位打っても良いのか…せっかく順調に来てたのに…

    • k-kun より:

      インスリンがちゃんと打てたか自信がなくても、2度打つことはできません。(低血糖の危険があるので)
      何とも言えませんが、血糖値が下がっていないなら夜は普通に注射して様子を見て、様子がおかしかったら夜間やっている病院に行くしかないかなと思います。

      • 匿名 より:

        結局その後食べさせてはいませんが、水は飲めてますし吠えるのもしっかり大きな声で吠えます。ケージを開けると小走りで出て来ます。多分大丈夫じゃないかなぁと思います。万が一の時は夜間動物病院まで小一時間かかりますが連れて行くつもりです。
        毎回ご迷惑をおかけしてすみません。

        • k-kun より:

          いえいえ、元気になってくれるといいのですが。

          • 匿名 より:

            最近、ささみを無添加 食塩不使用のだしを使って茹でて食べさせていたんですが、それさえ食べなくて…今夜私達人間が混ぜ込みご飯を食べていたら食べたそうに見ていたので、一口分持って行ったらガツガツ食べました。炭水化物は糖に変わるからダメだと食べさせてなかったんですが、すごく喜んで食べる姿を見て 私達が間違った考えでいたのでは?と思いました。先生はカロリー計算が出来るのであれば良いですよとおっしゃってたので思い切って喜んで食べるモノをあげようかと思います。食べてくれない事には体力も落ちていく一方だと思うので。
            色々調べたりしますが、何が良くて何が悪いか、それぞれで違うのでわからなくなってしまって…

          • k-kun より:

            ご飯は血糖値が上がりやすい食べ物ですが、インスリン注射が効けば問題ないですよ。
            色々大変ですね。

  5. 匿名 より:

    ご飯に変えてから安定していて、すごく食欲もあり、見違えるように元気になりました。
    まだまだこれからどうなのか手探り状態ですが、病気が分かる前に戻っています

    • k-kun より:

      それは良かったですね!
      美味しいものが食べられるとストレスがなくなって良い影響が出るのかもしれませんね。
      これからも安定してくれたらいいです。

      • 匿名 より:

        いつもいつも本当にありがとうございます。
        まだまだこの子は死なせません。
        正直、今の状態に戻ってくれるまでは春まで居てくれるかな?と悲しくなりました。まだまだ何もしてやって無い気がして…。本当にまだどぅなるかもわからないですけど、この子と一緒に頑張ります。これからもご相談することがあると思いますがよろしくお願いします

        • k-kun より:

          安定してくれるといいですね!

          • 匿名 より:

            お久しぶりです。
            あれから安定しまして、今では食欲旺盛、散歩も走り回り元の元気を取り戻してくれました。元気になり過ぎて手を焼くほどに…(笑)食事もご飯食からドックフードに戻し カロリー制限があるため抑え気味にやると、もっと食べたいと吠えます。
            とりあえずご報告でした。

          • k-kun より:

            ご報告ありがとうございます。
            症状が安定して、元気を取り戻して良かったです!
            これからもずっと元気で過ごしてほしいです。

  6. きらら より:

    お久しぶりです。
    先週からインスリン注射を一旦中止することになりました。血糖値が全く上がらなくなりそれでも1単位づつ減らしながら打っていたんですが、先生から『一旦中止して様子を見て行きましょう』とおっしゃっていただきました。元気いっぱいでお散歩も走り回り、ご飯もよく食べます。

    • k-kun より:

      ご報告ありがとうございます。
      凄いですね!
      元気になって良かったです。
      これからもずっと元気に暮らせればと思います♪


ページトップ