「犬に白米は確実に太る」犬の寿命が縮む前に犬のダイエットを成功させるコツ

犬のダイエットのコツのアイキャッチ画像

突然ですが犬の肥満は注意が必要です。

「ちょっとぽっちゃりしていた方が可愛い」という飼い主さんも多いかと思いますが太り過ぎは大変危険なのです。

犬が太り過ぎると全身に負担がかかるのはもちろん、

糖尿病や脂肪肝、

高脂血症、

腫瘍(ガン)のリスクを高め健康寿命が縮まってしまいます。

あらゆる病気のもとになるのが肥満です。

ではどうして犬が肥満になってしまうのでしょうか?

多くの場合は食べ過ぎですが、いくら適量を守っていても太ってしまうことがあります。

与えている食事やドッグフードの種類が原因で肥満になるのです。

特に白米は…

確実に太ります。

犬の肥満とは?

犬の肥満とは体重が理想体重の10%~15%を超えてしまうことですが、一般的には「ボディー・コンディション・スコア(BCS)」という判定方法を使って調べます。

BCSは図表を参考に見た目と触った感触を5段階で判定します。

画像出典元:環境省

見た目と触った感じで簡単にできますので定期的にチェックしてください。

犬の肥満は様々な病気のリスクになる

×のプラカードを持つ犬のイラスト

今は元気そうに見えるワンちゃんでも、肥満が少しずつ健康に影響を与えていき、次のような病気を引き起こすリスクが高まります。

・関節疾患(関節炎、関節痛、椎間板ヘルニアなど)

・糖尿病

・心臓疾患

・呼吸器疾患

・悪性腫瘍(ガン)

まさに「肥満は万病のもと」です。

病気になったら楽しいお散歩も、おいしい食事もできなくなってしまいますので、ワンちゃんにとってこれほど不幸なことはありません。

どうして肥満になるのか?

あくびをしている肥満犬

肥満には食べ過ぎや運動不足以外にも様々な原因があります。

◆ 食事、おやつの与えすぎ

◆ 太りやすいドッグフード(小麦、とうもろこし、米などの糖質が多いもの)

◆ 避妊・去勢手術によるホルモンバランスの変化

◆ ストレス

◆ 運動量の低下

◆ 加齢(代謝機能の低下)

◆ 病気(クッシング症候群、甲状腺機能低下症

中でも「太りやすいドッグフード」を与え続けているせいで肥満になるケースが多いです。

食事量を守っているのに太るのは、ドッグフードの原材料に問題があります。

太りやすい食事・ドッグフードとは?

指示棒を指す犬のイラスト

脂肪が多いドッグフードが太ると思っていませんか?

脂質の量を気にする方が多いですが、良質な脂肪はエネルギーを消費させやすかったり、皮ふや被毛の健康を保ったりとむしろ良い働きをしてくれます。

では太りやすい原因はなんでしょうか?

それは『炭水化物』です。

小麦、とうもろこし、米などの炭水化物が主体のドッグフードは糖質が多く、食後の血糖値が急に上昇するために太りやすくなります。

どうして炭水化物で太るの?炭水化物は糖質と食物繊維で構成されています。

体の中に入るとブドウ糖に分解され、活動する時のエネルギー源となります。

しかし、糖質を多く摂り過ぎるとエネルギーとして消費されなかったものは肝臓や筋肉に運ばれ貯蔵されますが、それはごく少量で十分なので、それを超えるものは「脂肪細胞」に運ばれ体脂肪になってしまうのです。

そして炭水化物は血糖値を急激に上昇させます。

急に上昇した血糖値を下げるためにインスリンという物質がたくさん分泌されます。

インスリンは残った糖を「脂肪細胞」に送り込む働きをしているので、急に大量のインスリンが分泌されるとどんどん脂肪細胞に糖が運ばれ肥満の原因になるのです。

そもそも肉食に近い犬の体には肉や魚といった動物性のたんぱく質が重要で、 炭水化物はあまり必要としていません。

原材料に小麦、とうもろこし、米などの炭水化物が多く使われたドッグフードを食べても、上手くエネルギーに変えることができません。

その結果どんどん中性脂肪になり太っていくのです。

犬のドッグフードではなく白米を与えている方もいらっしゃると思います。

白米は小麦よりも幾分マシですが、確実に太る食材です。

ダイエットさせたいなら避けましょう。

※お粥にしたり、かなり柔らかく煮込んであげないと消化器に負担が大きいです。

できれば米の形がくずれるくらい柔らかくしてあげてください。

犬のダイエットのコツ

笑顔でメモを取る犬のイラスト

ワンちゃん達が自分でダイエットすることはできませんので、飼い主さんがきっちり管理してあげましょう。

1)食事は愛犬に合った分量をきっちり量って与える

ドッグフードに記載された給与量は大まかな目安です。

体重や体型の変化を見ながら愛犬に合った分量に調節しましょう。

→ボディコンディションスコア(BCS)

分量の調節をするには目分量でなく、キッチンスケールで正確に量ってください。

ここがポイント!フードの分量を調節する時は急に減らさないようにしてください。

急にご飯が少なくなるとストレスを与えてしまいます。

ワンちゃんが気付かないくらいの量を少しずつ減らしていきます。

2)おやつを与えすぎない

犬のおやつのイラスト

トレーニングやしつけの時以外で、意味もなくおやつを与えないようにしましょう。

市販のおやつには太りやすいものが多いです。

どうしてもおやつをあげたい場合は、1回にたくさんあげず、少量を分けてあげます。

おやつをあげた分は食事量を減らして調節します。

3)太りにくいドッグフードに変更する

小麦、とうもろこし、米、じゃがいもといった穀物が主体のドッグフードは、炭水化物が多く含まれており太りやすくなります。

以下のような太りにくいフードに変更してみましょう。

<太りにくいフード>

①動物性たんぱく質が豊富で筋肉量を増やし、脂肪を燃焼しやすいドッグフード

②血糖値の急激な上昇を抑える低GI食材が使われているドッグフード

③低カロリーなドッグフード

高GI食材→小麦、とうもろこし、白米、じゃがいも、にんじんなど

低GI食材→肉や魚、豆類、さつまいも、果物

高GI食材は血糖値の上昇が急激になるので脂肪がつきやすくなります。

穀物(炭水化物)の割合が少ないグレインフリーフードやダイエット用フードに切り替えて、時間をかけて太りにくい体を作っていくようにしましょう。

具体的なドッグフードの種類についてはこちらの記事を参考にしてください。

参考:ダイエット用ドッグフードの選び方とおすすめ5選

すでに糖尿病や肝臓の数値が高い場合は、早めに糖質と脂質をコントロールできる特別療法食でケアすることをおすすめします。

参考:特別療法食ドッグフードの選び方

4)食事の量は変えず、回数を増やす

空腹の状態から急にたくさんの食事を摂ると、血糖値が急激に上昇したり、体がたくさんの脂肪を蓄えようとします。

通常は1日1~2回だと思いますが、1日の分量は変えずに3~4回にして空腹感を満たしてあげるのも良い方法です。

日中お仕事で家を空けている飼い主さんには自動給餌器で管理する方法があります。

下の自動給餌器は1回あたり10g単位で最大100gまでの餌の量を設定でき、1日4回まで与えることができます。

小分けにできるので与えすぎ防止になります。

自動給餌器の詳しい情報はこちら

5)適度な運動をする

急に運動量を増やしてもワンちゃんの負担になるだけです。

まずは食事対策を基本として、体重が落ちてきた頃に少しずつ運動量を上げていきましょう。

運動をすることで筋肉量を増やし太りにくい体を作ります。

6)定期的に医師の診察を受ける

獣医のイラスト

肥満のワンちゃんには病気が隠れているかもしれません。

定期的に検診を受けて病気の予防、早期発見につとめましょう。

犬のダイエットの注意点

空腹の犬のイラスト

とにかく焦らないことが大切です。

急に食事が減ったり、散歩の回数が増えたらワンちゃんも「何で?どうしたの?」と不安になったりストレスを感じ悪影響になります。

犬が気付かないくらいゆっくりなペースでダイエットを進めるのがコツです。

1)ゆっくり時間をかけて減量する

短期間で急激に体重を落とすのは犬の体に負担がかかり危険です。

犬が減量する場合、1週間で体重の0.5~1.5%前後、1ヶ月で体重の2~6%くらいを落とすのが無理のないペースです。

★ 現在体重が12㎏のワンちゃんが10㎏にしたい場合 

(落とす体重)

12㎏ - 10㎏ = 2㎏

(1ヶ月に減量して良い目安)

下限:12㎏ × 0.02 = 0.24㎏

上限:12㎏ × 0.06 = 0.72㎏

(2㎏落とすための期間)

2㎏ ÷ 0.72㎏ ≒ 2.8ヶ月

2㎏ ÷ 0.24㎏ ≒ 8.3ヶ月

だいたい3ヶ月~8ヶ月を目標に減量していきます。

2)太った状態で運動量を増やすのはダメ

×のプラカードを持つ犬のイラスト

肥満の状態での無理な運動量は関節や心臓に負担がかかり、余計に体を悪くするのでやってはいけません。

食事によるダイエット方法で、ある程度体重が落ちてから徐々に運動量をあげていきます。

3)必要な栄養まで減らすのはダメ

×のプラカードを持つ犬のイラスト

減量のために食事の量を調節する場合には栄養不足に注意します。

十分なたんぱく質を摂ることはもちろん、適度な脂肪は体を動かすエネルギーになる大切な栄養です。

体に必要な栄養が不足すると、かえって痩せにくくなり、健康も害してしまいます。

栄養バランスの良い食事、ドッグフードを与えてください。

飼い主さんの留守中は要注意

おやつを盗み食いして満腹の犬のイラスト

みなさん「そんなことあるわけない」と思っているかもしれませんが、留守中にこっそりおやつや食材を食べているケースはけっこう多いです。

「さすがに気付くでしょ」

それが、よほど食べ散らかしたり、袋が空になっていない限りなかなか気付かないものなんです。

食事も運動もバッチリなのに痩せない場合はドッグカメラで留守中の様子をチェックしてみましょう。

高機能・優れたデザイン性で芸能人の愛用者が多いFurboドッグカメラがとても人気ですが、YATWINのような低価格タイプもあります。

最後までありがとうございました。

こちらも合わせてご覧ください⇩

⇒太りにくい体を作ろう!ダイエット用ドッグフードの選び方とおすすめ5選

⇒30年生きた犬がいる!愛犬の寿命を縮める原因と長生きの秘訣

スポンサーリンク


ページトップ