【犬の熱中症の症状・対処法】エアコンをつけてもダメ?急激な悪化に注意!

熱中症になっている犬のイラスト

熱中症とは、高温多湿(こうおんたしつ)の環境に体の体温調節機能が働かなくなり、体温を下げることができなくなる症状です。

重症になると後遺症が残ったり、命を落としてしまうので大変危険です。

自分が2番目に飼っていた夏子(夏に生まれたので)という真っ黒なミックス犬も、一度熱中症の症状を起こしたことがありました。

黒い犬のイラスト

はじめは少しハァハァと言っているだけだったのですが、なかなか収まらず、そのうちハァハァ、ハァハァと荒い呼吸に。

体を触るといつもより熱く感じたのですぐに病院に連れていきました。

診察の結果「熱中症ですね。」とのことでした。

でも夏子が熱中症になったのは、エアコンがついている部屋の中でした。

自分たちは涼しいと感じていたのに犬は熱中症になってしまったのです。

どうして熱中症になったのでしょうか??

犬は体温調節が苦手

熱中症の犬のイラスト

人間は汗をかくことで体温を調節できますが、犬の場合は主にパンティング(ハァハァという口呼吸)でしか調節できません。

犬は人間よりも体温調節が苦手な動物なんです。

そのため、人間が快適に感じる温度や湿度でも熱中症を起こしてしまうことがあります

先ほどお話した夏子の場合、

「高齢犬で体温調節がなおさら上手くできなかった」

「真っ黒な被毛なので、部屋に差し込んでいた日光を吸収しやすかった」

という原因で、エアコンの効いた部屋の中で熱中症を起こしてしまったようです。

熱中症を起こしやすい犬は?

ゴールデンレトリーバーなどの大型犬

ゴールデンレトリーバー
大型犬は小型犬に比べると熱中症を起こしやすいと言われています。

ブルドックなどの頭短種

フレンチブルドッグ

また、シーズーやブルドッグなどの短頭種は呼吸の通り道が狭いため、体内の熱を発散しにくいです。

ダックスフンドなどの短足胴長犬種

ダックスフンド

ウェルシュコーギー、ダックスフンドなどの短足胴長の犬は地面と体の距離が近くなるので、熱いアスファルトの影響を受けやすくなります。

その他、

・体温調節機能が十分に発達していない子犬

・体温調節機能が低下している高齢犬

・太り気味、肥満犬

なども熱中症になりやすいので要注意です。

スポンサーリンク

犬の熱中症は初期症状で気付かないと危険!

犬の熱中症の症状

熱中症は初期症状を見逃すと急激に悪化します。

熱中症の疑いが少しでも見られたらすぐに動物病院へ連れて行ってください。

こんな症状があったらすぐ病院へ!・動きが鈍くなる

・体が熱い

・ハァハァと荒く浅い呼吸をする

・よだれが多くなる

初期症状を見逃すと重症化し、嘔吐、下痢、意識障害、けいれんなどが起きます。

さらに腎臓や肝臓、脳に障害を起こし、死に至る確率が非常に高くなります。

一命をとりとめたとしても脳機能障害や腎臓障害の後遺症を残す場合があるんです。

とにかく少しでもおかしいと感じたらすぐ病院に連れていきましょう。

熱中症の初期症状が見られた時の対処方法

すぐに涼しいところに移動させ、犬の体を水道水で濡らし、扇風機などの風に当てて冷やします。

頭や首筋、足の裏、口の中などを水で冷やすと体温が下がりやすくなります。

犬の対処をしながら病院に連絡をしてください。事前連絡を入れておくことで、病院側も受け入れ態勢を整えておくことができます。

連絡をしたら体を冷やしながら病院へ向かいましょう。

予防が重要!犬の熱中症対策

室内にいる時の注意点

犬は高温だけでなく湿度にも弱いです。

エアコンで温度と湿度を調節しましょう。

人間が快適と感じても犬にとっては暑い場合もあるので、犬の様子をみながらエアコンの設定をしてください。

扇風機やサーキュレーターで空気を循環させると体内の熱を外に逃がしやすくしてくれます。

また、日差しが強い時はカーテンで直射日光を遮ってあげましょう。

いつでも水が飲めるように2~3か所の水飲み場を作ってあげましょう。

こまめに水を取り替えてあげるとワンちゃんが水を飲んでくれやすくなります。

お散歩をする時の注意

暑い日中に出かけるのは犬の体にとても負担がかかります。

お散歩は早朝と夕方遅く、なるべくなら夜間にしましょう。

夏の雨の日は湿気が高くなります。

通気性の悪いレインコートだと熱気がこもりやすくなるので注意が必要です。

夏は密閉性の高いレインウエアよりも、薄手で開口部の多いタイプがいいかもしれませんね。

できるだけアスファルトの道路よりも土や芝生の多い場所を選びましょう。

ワンちゃんの様子をみて、途中で休憩をしてあげてください。

水分補給できるようにペットボトルの水を持参します。

お散歩から帰ってきて、体温が上がり過ぎているようなら、水で濡らしたタオルで犬の体をふき、扇風機などの風に当ててあげましょう。

もちろん新鮮な水で水分補給させるのもお忘れなく。

夏場の車内は要注意!

ドライブやレジャーなど、夏場は車でお出かけする機会が増えます。

ワンちゃんを後部座席に乗せる方も多いのではないでしょうか?

最近は後部座席にエアコンの吹き出し口がついてる車が多いのですが、どうしても前の座席より後部座席の方が温度が高くなってしまいます。

定期的にワンちゃんの様子に変わりがないか確認して、車内の温度調節をしてあげましょう。

スポンサーリンク

犬の熱中症まとめ

・犬は体温調節が苦手

・人間にとって快適な環境でも犬が熱中症を起こすことがある

・熱中症は初期症状で発見し、すぐに病院に連れていくこと!

・熱中症は予防が重要

ワンちゃんは暑いのも我慢してしまいますので、飼い主さんが気付いてあげるしかありません。

熱中症は本当に危険なので予防は万全にしましょうね!

最後までありがとうございました🐕

こちらも合わせてどうぞ

⇒愛犬が下痢で病院に!犬の下痢の原因や対処法【小型犬では命の危険も】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ