【DORISラック付きデスクの組み立てレビュー】注意点は付属工具

今回はAmazon机・デスクのカテゴリーでベストセラーになっている、「DORIS ラック付きデスク」を組み立てレビューします。

DORIS ラック付きデスク 【ガイア ブラック】 120cm幅 左右入れ替え可

ブログやサイト制作でのパソコン作業を行うために「G-AIR ハイバックオフィスチェア」と一緒にAmazonで購入しました。

→G-AIR ハイバックオフィスチェアの組み立てレビュー

組み立て自体は特に難しい点はありませんが付属工具が良くないので注意が必要です。

普通のプラスドライバーをお持ちなら問題はありません。

では組み立て手順を説明します。

入っているものと注意点

骨組みになるパーツと天板、棚板、金具(ボルト・ナット)、工具、説明書です。

金具は小分けになっていて、袋にアルファベットがふってあるのでわかりやすいです。

部品にも番号がふってあり親切です。

注意点

付属のドライバーはサイズが小さく、ボルトの大きさとも微妙に合っていないので、ボルトをなめてしまう(十時の部分がつぶれる)可能性が高いです。

ゆっくり慎重にやれば大丈夫ですがみなさんの手持ちのドライバーを使いましょう。

(なければホームセンターに安く売っています)

自分はちょうど部屋にこれがあったので使いました↓

組み立て方法

① ラック部分の骨組みを組み立てる

こういうのは一番はじめが大変なので、できれば誰かに支えてもらうといいですよね。

一人でやる時は壁にそーっと立て掛けて組み立てましょう。

ネジは軽く仮どめして、すべてつけてから本締めします。

② 本体部分の骨組みを組み立てる

③ 補強用のバッテン(×)パーツを組み立てます。

設置する場所に合わせてラックを左側にしたいか、右側にしたいかで、補強の骨組みをつける面をかえます。

使わなかった面のネジ穴にはキャップをつけます。

何気に気が利いてますね。

④ 天板、棚板を取り付けて完成

天板や棚板をつける時は、ネジを強く締めすぎないようにしましょう。

天板・棚板のネジ穴はアンカーというプラスチックのものです。

グイグイとちから一杯に締めるとどんどん回るのですが、アンカーを壊してしまう可能性があります。

ネジが外れたりしませんので適度に締めましょう。

写真を撮りながらだったので組み立てに30分はかかりました。

付属のドライバーだったらもっと時間がかかると思います。

G-AIR ハイバックオフィスチェアとのマッチング

※私k-kunの身長は175㎝くらいです。

アームレストも干渉せず、丁度よい高さです。

パソコンを使ってみましたが良い感じでした。

DORISラック付きデスクの感想

しっかりした作りで強度に不安はありません。

価格が5000円位なので質感も値段相応と言えます。

シンプルなデザインでどんな部屋にもマッチしますし、使い勝手も良いのでパソコンやゲーム用にはピッタリな商品です。

組み立て精度や品質で気になることもなかったので値段もお手頃で本当に買って良かったです。

 (追記)3ヵ月経過後の状態

3ヵ月以上使用していますが特に不具合は起きていません。

もちろん天板がへこんできたりすることもありません。

強度的に問題はないようです。

Amazonでお買い物をする方へ

月額400円のAmazonプライム会員になれば、Amazonでのお買い物がとってもお得になります。(年間プランなら月々325円)例えばプライム対象商品は送料がすべて無料。

お急ぎ便でも、日時指定便でも無料です。

またAmazon prime videoが利用出来て対象の映画やドラマ、アニメが見放題。

他にもお得なサービスがいっぱいあります!

→Amazonプライム会員の詳しい説明はこちら

Amazonプライム会員は今なら30日間無料体験が可能です。

Amazonプライム30日間無料トライアル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ