【体験談】偏食でわがままな柴犬でも食べてくれた2つのドッグフード

偏食の柴犬のアイキャッチ画像

こんにちは、柴犬のココたんです🐾

このサイトをご覧いただきありがとうございます🐕

愛犬がドッグフードを食べてくれずに困っている飼い主さんはたくさんいらっしゃいます。

犬がご飯を食べてくれないのはどうしてあんなに辛いんでしょうか?

我が家のココたんも「食に興味がないのでは?」というくらいご飯を食べてくれませんでした。

痩せた柴犬

食べる量が少ないせいか動物病院の先生に「痩せすぎですよ。子犬はどんどん食べさせないと」と言われることもありました。

でも食べさせない訳じゃなくて、食べてくれないんです…

愛犬がご飯を食べてくれないのは飼い主にとってストレスですよね。

犬の成長にも悪影響を及ぼすのでとても心配です。

本やネットの情報では、

「ただのわがままだからお腹がすけば、そのうち食べる」

「2、3日食べなくても平気」

などと書いてありますが、そのうちになっても食べないし、2、3日どころか一週間くらいまともに食べてないんですが!という状況になり、冗談抜きで一時はノイローゼになりそうでした。

ただのわがままとか、甘やかしていからと言う人達は、本当に食べてくれない経験をしていないのだと思います。

誰だってお腹が減れば食べると思いますが、全然食べないで数日過ごす犬の姿を見たら心配にならないはずがありません。

しつけの本やインターネットのアドバイスに惑わされず、私にできることだけを試行錯誤してました。

その甲斐あってか、ようやくちょっとずつ食べてくれるようになったのです。

→子犬がドッグフードを食べない!実際に効果があった対策・工夫の紹介

しかも、一度食に興味を持つと、その後はけっこう何でも食べてくれるようになっていきました。

その様子を見ていると、人間の食わず嫌いに似ているのかなと感じました。

例えば刺身が嫌いだった人が、本当に採れた新鮮で美味しいお寿司を食べたら、その後は、どんなお刺身でも食べられるようになったという感じです。

多分ココたんもドッグフードの美味しさがわかったのでしょう。

ドッグフードを食べる柴犬

その頃、偏食対策の一つとして、食いつきが良いと評判のドッグフードを色々と試してみました。

口コミや評価が良くても食べてくれなかったり、中には見向きもしないドッグフードもありました。ドッグフードサイトのランキングなんて全くあてになりませんでした。

結局実際に何種類も買って試しているうちに、わがままなココたんでもようやく食べてくれるフードが見つかりました。

そこで今回、偏食だった愛犬でも美味しそうに食べていたドッグフードを3つ選んで紹介します。その中でも特に食いついてくれたものが2つありますので、一応ランキング形式にしてみました。

偏食の柴犬が食べてくれたドッグフード3選

3位 ナチュラルバランス スウィートポテト&フィッシュ

ナチュラルバランススウィートポテト&フィッシュ

原産国:アメリカ

対象年齢:全年齢期(パピーからシニアまで)

カロリー:327㎉/100g

粗蛋白質:21%以上 粗脂肪:10%以上

オメガ3脂肪酸:0.3%以上 オメガ6脂肪酸:2%以上

ドコサヘキサエン酸(DHA):0.01%以上

グレインフリー

【主な原材料】

新鮮なスウィートポテト、新鮮なサーモン、サーモンミール、キャノーラオイル(天然混合トコフェロールで酸化防止)、ポテトファイバー、自然風味、サーモンオイル、亜麻仁 など

このナチュラルバランスは、さつまいもとサーモンがメインのドッグフードです。

袋を開けるとさつまいもの甘い香りがします。

犬は甘みを感じることができるので、さつまいもが大好物なんですよね。

普通のドッグフードとはちょっと香りが違うので、珍しさもあってよく食べてくれました。

2位 アランズ ナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード

原産国:イギリス

カロリー:339㎉

粗たんぱく質:20%

脂肪:12.5%

オメガ6脂肪酸:1.5% オメガ3脂肪酸:1.0%

対象年齢:生後7ヵ月以上の全ての成犬

【原材料】
生ラム肉(イギリス産)55%、玄米18%、全粒オーツ麦、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母、海藻、ラム精製油

アランズはラム肉を使ったドッグフードです。

ラム肉だけのドッグフードは珍しく、普通のチキンのドッグフードとは全然香りが違います。アランズは生肉が55%も入っていることもあってか、かなりよく食べてくれました。

また原材料がシンプルなので余計な味がしないのもポイントなのかもしれません。

ココたんはアレルギーがあるので、ラム肉の他に9種類しか材料を使っていないアランズは安心して与えられます。

アランズナチュラルドッグフード
アランズ公式サイト

1位 カナガン

カナガンドッグフード

原産国:イギリス

カロリー:355㎉/100g

粗たんぱく質:33%

脂質:17%

オメガ6脂肪酸:2.8% オメガ3脂肪酸:0.9%

グレインフリー

【原材料】

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6% など

第1位はカナガンです。このドッグフードにはすごく思い入れがあります。

これを試すまで「結局何をあげても食べないんじゃないの?」「ドッグフードを変えても意味がない」と思っていました。

カナガンはネットの広告やインスタでアップされているのをよく見かけましたが、正直何が良いのかわからなかったです。

でも実際に試してみたら袋を開けた瞬間にココたんの目の輝きが変わったんです。

こんなにガツガツ食べたのは初めて見たので、大げさかもしれませんが感動すらしました。

カナガンを食べるようになってから、他のフードも食べてくれるようになったので特に思い入れが強いんです。

やっぱり今でもこれがナンバーワンです。

カナガンドッグフード
カナガン公式サイト

食いつきを良くするための添加物にはご注意を!

たくさんの種類があるドッグフード。

中にはワンちゃんが良く食べてくれるように動物性油脂がコーティングされていたり、人工添加物が加えられているものがあります。

健康に育ってほしいから食いつきが良い物を探しているのに、結果的にワンちゃんの体に悪いものを食べさせては意味がありません。

いくら評判が良くてもまずは原材料をチェックしてから選んでくださいね。

→原材料・成分表をチェックして愛犬に合ったドッグフードを選びましょう

まとめ

愛犬が美味しそうに食べる姿を見ているだけで幸せな気分になります。

本当に不思議ですよね!

偏食や食べてくれない犬の飼い主さんは本当に大変です。

私は「わがままだからあげなくていい」というのはちょっと乱暴で、あまり参考にならないと考えています。

それで食べてくれる犬もいるかもしれませんが、どう工夫しても無理な子もいるのです。

ご飯を食べなければ栄養が足りませんし、その後の発育にも影響がでるかもしれません。

一度食べる楽しさがわかれば、その後はスムーズにご飯を食べてくれる可能性もあります。

食べない理由は色々あるけどドッグフードをかえてみるのは非常に有効な手段の一つだと思っています。

今回紹介した3つのドッグフードはどれも新鮮で安全な原材料を使っているので安心しておすすめできます。

最後までご覧いただきありがとうございました🐕

こちらも合わせてごらんください

⇒絶対怪しいと思っていたカナガン。柴犬に食べさせていたらこうなった

⇒膝蓋骨脱臼の愛犬にカナガンを与え続けた結果…関節ケア効果はあった?


スポンサーリンク



ページトップ