【犬の便秘に良い食べ物】食物繊維の摂り過ぎに注意!便秘の食事対策

犬は便秘になりにくいと言われますが、実は「犬の便秘」は珍しくありません。

ですので愛犬が便秘で困っている飼い主さんはたくさんいます。

犬が便秘の原因は様々で、時には病気が潜んでいることもありますが、その多くはストレスや食事です。

中でも食事は大きな影響を与える要因となります。

便秘解消には、

「水分をたくさん摂ればいいんでしょ?」

「食物繊維を食べさせればいいのでは?」

と思っている方も多いかもしれません。

確かに水分は重要です。

水分が少ないと便が硬くなったり、便のかさ(体積)が少なくなって腸内で移動しにくくなります。

十分に水分補給をさせてあげましょう。

でも少し待ってください!

食物繊維については注意が必要です。

その食物繊維が便秘を悪化させているかもしれません。

ここでは犬の便秘の食事対策について、効果的な食べ物、注意する点をまとめました。

前半は犬の便秘の説明や食事以外の対策が書かれています。

すぐに食事対策だけを見たい方は犬の便秘の食事対策をご覧ください。

犬の便秘とは?

犬の便秘とは、便意があるのに(うんちがしたいのに)出ない状態です。

よく「2日出なかったら」「3日出なかったら」と日数で考える人がいますが、排便の姿勢をしているのに中々うんちが出ない状態が見られたら便秘になっている可能性があります。

以下のような症状が見られたら日数に関わらず一度病院で診てもらいましょう。

なお、犬の便秘については【犬の便秘対策にはオリゴ糖が良い理由】犬の便秘の原因と対処法でも詳しく説明しています。

犬の便秘の症状

・排便姿勢を取るが出る様子がない

・排便しようとしていきむ時に、悲鳴の様な大きな声で鳴く

・お腹や背中を撫でると、嫌がったり怒る

・元気がなく食欲もない。お水を飲む量も減る

・ようやく出た便が硬く、大きい。血が付いていたりする。その後下痢になる事を繰り返す

・吐き気がある

・何度も排尿する  …など

犬の便秘の原因

多くは環境変化などのストレスによるものですが、中には病気が潜んでいることがあります。

・精神的ストレス

・食事が合っていない

・おもちゃなどの異物を飲み込んで腸が詰まる

・腸内の腫瘍やポリープ

・骨盤骨折

・肛門周囲の病気 …など

犬の便秘対策

病気が原因で便秘になっている場合には、元の病気の治療が必要です。

ケガや、異物を飲み込んだ場合などもすぐに病院で対処してもらいましょう。

ストレスや食べ物が原因の便秘についてはご家庭でも出来る以下の対策があります。

1.ストレスをなくす

犬は

「フードの食器が変わった」

「トイレの位置が少し変わった」

などの、ちょっとしたことでストレスを感じ、それが腸の働きに影響を与えることがあります。

意外なことがストレスになっている場合もありますので、もう一度生活環境を見直してみましょう。

【犬がストレスを感じる意外なこと】

・お留守番の時間が長すぎる

・テレビの音や外の音がうるさい

・しつけが厳しすぎる

・家族の喧嘩が多い、仲が悪い

・構いすぎる、ベタベタしすぎる

・過度な運動

2.食事の見直し

人間と同様にワンちゃんにも体質があります。

便秘になりやすい体質の場合には食べ物が根本原因になっていることが多いため、いつもの食事を見直すことが必要です。

食事対策については次の項で詳しく説明します。

3.運動不足の解消

運動不足で腸の動きが悪くなることがあります。激しい運動をする必要はないので、定期的な散歩を行いましょう。

運動不足はストレスになりますので、普段忙しくてお散歩が難しいならお休みの日は広場で思い切り遊ばせるなど、ストレスを発散するようにしましょう。

4.犬の便秘解消マッサージ

犬にもツボがあって、代表的な便秘のツボは大腸兪(だいちょうゆ)と中脘(ちゅうかん)です。

大腸兪は第四腰椎の両脇です。

親指と人差し指で優しく揉んであげます。

中脘はおへそとみぞおちの中間くらいの場所です。

ひとさし指、中指、薬指の三本で、優しく「の」の字を書くように撫でます。

ピンポイントにツボをマッサージしなくても、背中から腰にかけて優しく撫でてあげるだけでもいいです。

背中にはたくさんのツボがあるので多少の効果があります。

また、背中やお腹を触るのを嫌がるほどの便秘は危険な状態ですのですぐに病院に行ってください。

犬の「へそ」ってどこ?

犬のへそは人間のようにパッと見ですぐにはわかりません。

出っ張ったり引っ込んだりしておらず、平らで傷跡のようなものです。

胴体の真ん中あたり(肋骨の下あたり)の毛をかき分けて、よーく探すとありますので探してみてください。

また、犬のへその位置はどこ?へそ天している愛犬のおへそを探してみよう!で詳しく説明していますのでご覧ください。

スポンサーリンク

犬の便秘の食事対策

便秘の食事対策のポイントは、「水分をたっぷりとる」「食物繊維の量を調節する」「消化の良い食材にする」「乳酸菌とオリゴ糖」の4つです。

1.水分をたっぷりとる

冒頭でも書きましたが、水分が少ないと便が硬くなったり、便のかさ(体積)が少なくなって腸内で移動しにくくなります。

また水分をとることで腸が刺激され、腸の運動が活発になります。

具体的な対策法は、

・新鮮な飲み水を数か所に置く

・水を飲みたがらない犬は、お肉やお魚を茹でて、スープも一緒に食べさせる

・ドライフードの場合はぬるま湯ででふやかしたり、↑のスープをかけてふやかしてあげる

・氷をあげる(スープを凍らせたものもOK)

・柔らかく茹でたキャベツやブロッコリーを細かく切ってトッピングする

(必ず柔らかく茹でて、細かく刻むこと)

・水を飲んだら褒める

などです。

2.食物繊維を調節する

一般的に便秘には食物繊維が良いとされています。

しかし犬の場合、食物繊維のとりすぎで便秘になっていることもあります。

また、重い便秘の時には食物繊維は逆効果になります。

必ずしもたくさん食べさせればいいわけではない点に注意しましょう。

・食物繊維の多い食事をしていて便秘になった ⇒ 食物繊維を少なくする

・食物繊維を殆ど(全く)とらずに便秘になった ⇒ 食物繊維を多くする

食物繊維には、腸内の空間を広げ水分量を増やし、便が出やすくなる働きがあります。

また食物繊維には腸内で発酵して善玉菌のエサになり、善玉菌を増やす・活性化させる働きもあります。

善玉菌が増えて活性化すれば腸内環境が整い、腸の動きが良くなって便秘が解消されます。

犬の便秘に良い食べ物

食物繊維を多くとりたい時におすすめの食材は「さつまいも」「キャベツ」「かぼちゃ」「ブロッコリー」「にんじん」「りんご」「しいたけ」です。

これらの食材には食物繊維、水分、ビタミン、βカロテンなどが含まれているので便秘解消だけでなく、抗酸化作用や免疫力アップの効果が期待できます。

しかしこれらの食材を犬に与える時には注意点があります。

一つ目は、必ず柔らかく茹でて、細かくきざんでから与えるということです。(リンゴは薄く切るか、おろして与える)

もう一つはたくさん与えすぎないということです。

犬は本来肉食で、食物繊維をそのまま消化することが苦手です。なるべく繊維を断ち切るようにしてから与えることで、犬の消化器に負担をかけないようにします。

同じ理由で与える量が多すぎてはいけません。

食物繊維を多めにとるとは言っても、主食のお肉(お魚)と野菜の割合は6:4くらいになるようにします。

ドッグフードにトッピングする時もたくさんあげすぎないようにしましょう。

3.消化の良い食材にする

2番目の食物繊維の調整に関係しますが、メインの食材は犬が消化しやすいお肉かお魚にします。

便秘の状態では腸の負担を軽くして、十分な栄養を補給できるようにすることが大切です。

お肉、お魚の動物性たんぱく質は消化吸収が良いので、これらを中心として、そこに食物繊維をプラスするという考え方です。

先ほども書きましたが、お肉(お魚)と副菜の割合は6:4くらいになるようにします。

ドライフードならグレインフリーや穀物の割合が少ないものを与えるようにします。

4.乳酸菌とオリゴ糖を与える

2番目の食物繊維のところでも書きましたが、腸内の善玉菌を増やして活性化させることで腸内環境が整い便秘解消につながります。

乳酸菌は善玉菌の一種で、オリゴ糖は善玉菌のエサになります。

つまり乳酸菌を摂るのは善玉菌を直接増やすことで、オリゴ糖を摂るのは善玉菌に栄養を与えて元気にすることです。

どちらも便秘の解消に有効なのが論文発表や臨床試験で実証されており、様々な商品が市販されています。

乳酸菌やオリゴ糖が配合されたサプリ、ドッグフードで摂るのが一番簡単で確実ですが、犬が食べることができる食材にも含まれています。

例えば乳酸菌ならヨーグルト、納豆、オリゴ糖ならリンゴ、バナナです。

どれも手軽に手に入りますし調理も小さく切るだけですので、フードにトッピングしてあげるといいです。

中にはアレルギーがあるワンちゃんもいますので、与える時はほんの少しずつから様子をみましょう。

アレルギーやカロリーが心配だったり、準備が面倒なら乳酸菌・オリゴ糖配合のサプリやドッグフードを使うのが効率的です。

犬の便秘に良い食べ物、食事対策のまとめ

犬の便秘に対する食事対策は、「水分をたっぷり」「食物繊維の量を調節」「消化の良い食材」「乳酸菌とオリゴ糖を与える」というポイントが大切です。

食物繊維は腸の健康に役立ちますが、摂り過ぎはかえって便秘を悪化させることがあります。犬の身体に負担をかけない効果的な与え方をしてあげましょう。

乳酸菌やオリゴ糖は腸内環境を整えるのに役立ちます。

いつもの食事にプラスしてあげることで犬のお腹を元気にしてくれます。

腸の健康は便通だけでなく、皮膚や被毛の健康、アレルギー、免疫機能、精神状態の安定など体の様々な機能に影響を与えます。

犬のお腹を考えた食事でいつまでも元気に暮らせるようにしてあげましょう。

こちらも合わせてご覧ください⇩

→【犬の便秘対策にはオリゴ糖が良い理由】犬の便秘の原因と対処法

→犬の便秘解消は食べ物だけじゃ無理!実際に効果があった方法をまとめました

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ