【犬の嘔吐物や下痢の処理方法】飼い主にもうつる怖い感染症と対策法

こんにちは、柴犬のココたんです🐾

このサイトをご覧いただきありがとうございます🐕

ワンちゃんが嘔吐や下痢をするのは珍しいことではありません。

多くの場合はストレスや食べ過ぎ、食べ物が合わなかったなどの一過性のものですが、中には感染症による嘔吐や下痢もあります。

そんな時に注意が必要なのが二次的な感染です。

つまり嘔吐した物や下痢の中にいる細菌や寄生虫が他の動物や人間に感染したり、再びその犬が口にすることで症状が治まらないなどの危険性です。

そこで今回は犬の嘔吐や下痢の正しい処理方法について紹介します。

正しい知識で愛犬と飼い主さんの健康を守ってください。

危険な犬の嘔吐や下痢

犬の嘔吐・下痢を引き起こす原因はストレス、食べ物の種類、アレルギー、病気、感染症など様々です。

多くの場合は一過性のものなので、それほど心配する必要もありませんが、中には重症のケースもありますので、犬の様子や症状がいつもと違ったらすぐに病院に連れていきましょう。

【このような症状があればすぐに病院へ連れて行く】

・嘔吐や下痢がずっと続いている

・嘔吐と下痢が同時におきている

・農薬や玉ねぎなどを食べて嘔吐した

・嘔吐物が茶色かったり血が混じっている

・嘔吐物から便臭がする

・下痢に血が混じっている

・下痢と発熱がある

・体を丸めるようにして震えている

・元気がなくグッタリしている

…など

嘔吐や下痢をしても元気があって、↑のような症状がなければ1~2日様子を観ても大丈夫ですが、少しでも異変を感じたらすぐに病院に連れていきましょう。

感染症による犬の嘔吐や下痢

犬の嘔吐や下痢で、犬や飼い主さんの感染の恐れがあったり、衛生上問題になるのは感染症によるものです。

感染症を引き起こすものには大きく分けて、細菌、ウィルス、寄生虫があります。

細菌

細菌に汚染した食事や水などを犬が口にすることにより感染し、犬の腸内で細菌が増殖することで“細菌性腸炎”を引き起こします。

一般的に、下痢や嘔吐、それに伴う脱水症状、腹痛、発熱などの症状が見られます。

健康な成犬なら軽い症状で自然に治癒することもありますが、体力のない子犬や老犬では症状が急に悪くなることもあるので注意が必要です。

細菌に感染していても症状が出ない場合もあるため、他の動物や人間への感染源になることがあります。

【犬の嘔吐や下痢の原因になる細菌】

◆ カンピロバクター菌

感染をしても症状が見られないか自然に治癒することが多いですが、免疫力の低い子犬の場合、ストレスのある場合、または他の疾患がある場合などには下痢や嘔吐、食欲不振などが見られます。

我が家の愛犬も子犬のころカンピロバクターという細菌のせいで嘔吐と下痢に苦しみました。

⇒【犬が吐いた】病院に行ったほうがいい?犬が嘔吐する原因と対処法

◆ サルモネラ菌

これはみなさんご存知だと思います。

サルモネラ菌は健康な動物や人の腸内にも生息する腸内細菌の一種ですが、一部のサルモネラ菌が食中毒を引き起こします。

少量の菌でも食中毒を発症する、乾燥に強いという特徴があります。

ウイルス

ウィルス性疾患は、免疫の十分でない子犬の時期に感染・発症しやすく、また発症してしまうと死亡率が高いことが特徴です。

予防には、子犬の頃から適切な時期・回数のワクチン接種を行うことが大切です。

かかりつけの医師と相談して適切にワクチン接種を行ってください。

⇒犬を飼うときに必要な予防接種・ワクチン

【犬が感染するウイルス】

◆ 犬ジステンパー

犬ジステンパーは、ジステンパーウイルス(CDV)によって起こるウイルス性の感染症です。

この感染症は、CDVに感染した犬の目やに、鼻水、唾液、尿、便などの接触や、感染犬の咳やくしゃみなどによって感染します。

一般的に初期症状は軽いとされていますが、抵抗力の弱い子犬や老齢犬などの場合は、二次的な細菌感染も起こりやすく、結果的に重い症状を引き起こす場合があります。

また、CDVが脳細胞や脊髄に侵入すると痙攣発作や脳炎が起こり、歩行困難などの障害や最悪の場合には死に至ることもある怖い感染症です。

◆ 犬伝染性肝炎

犬伝染性肝炎は、犬アデノウイルスⅠ型(CAV-1)によって起こるウイルス性の感染症です。

この感染症は、CAV-1に感染した犬の分泌物や排泄物との接触によって感染します。

1歳以下の幼若な犬では、比較的重い症状が多く、発熱、下痢、嘔吐、及び腹痛などの症状が認められ、最悪の場合には死に至ることもある怖い感染症です。

◆ 犬アデノウイルスⅡ型(犬伝染性喉頭気管炎)

犬アデノウイルスⅡ型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)は、先に述べた犬伝染性肝炎と同じ属に属する犬アデノウイルス(CAV)によって起こるウイルス性の感染症で、犬アデノウイルス(2型)(CAV-2)を原因としています。

犬伝染性肝炎と同様に、感染した犬の分泌物・排泄物との接触や感染した犬の咳やくしゃみ、鼻水などによって感染します。

症状は発咳を特徴とする上部気道炎を示し、「ケンネルコフ」と呼ばれる「犬のカゼ」の病原体の一つと考えられています。

感染した場合は同居犬から速やかに隔離し、分泌物や嘔吐物、便を徹底して消毒することが重要となります。

◆ 犬パルボウイルス感染症

犬パルボウイルス(CPV)によって起こる感染症です。

パルボウイルス感染症は、腸炎型と心筋炎型の2つに大別されます。

腸炎型は、発熱、元気・食欲の減退、特に下痢、嘔吐、ひどい場合は血便を呈し、脱水や白血球の減少等が見られ、死に至ることもあるとても怖い感染症です。

心筋炎型は最近少なくなりましたが、急性症例では突然の虚脱や呼吸困難を起こし多くは急死してしまいます。

寄生虫

犬の腸内に寄生する腸内寄生虫によって下痢、嘔吐、食欲減退などが起こります。

普段から愛犬の便の様子を観察し、白い米粒のようなものや、虫のようなものが見られたらすぐに動物病院に行きましょう。

みなさんご存知のフィラリア症も寄生虫による病気です。月1回の予防薬で必ず予防対策をしてください。

【犬が感染する寄生虫】

◆ 鉤虫(こうちゅう)

鉤虫の幼虫が口から入ったり、皮膚から侵入されたりすることで発症します。

この幼虫は、犬鉤虫症にかかっている動物の便や便が混じった土の中にいて、人間が感染することもあります。

◆ 回虫(かいちゅう)

回虫は犬の腸内に寄生し、消化されつつある食物を摂取します。

成虫はスパゲティに似ていて、感染した犬の糞便や嘔吐物と一緒に出てくることがあります。

「気持ちわる~」

回虫が寄生すると下痢や嘔吐、ひどい場合には肺炎や腸閉塞を起こす犬もいます。

人間の感染はほとんどが子供で、汚れた指を口の中に入れることで感染し、内臓幼虫移行症として知られる深刻な状態に陥る場合もあります。


◆ 条虫(じょうちゅう:いわゆるサナダムシ)

犬に感染する条虫には様々な種類があります。

腸に条虫が寄生すると、感染の程度やその犬の年齢、状態にもよりますが、症状は発育不良、倦怠感があるといったものから、腹痛や軽度の下痢まで様々です。

愛犬に生肉や内臓を与えないようにするだけでなく、定期的な駆虫剤投与や効果的なノミ駆除剤などが有効です。

スポンサーリンク

犬の嘔吐物や下痢の処理方法

ストレスや食べ過ぎなどの一過性の嘔吐や下痢であれば、後片付けや処理にそこまで神経質になる必要はありません。

しかし犬に下痢や嘔吐を引き起こす感染症の原因(細菌、ウィルス、寄生虫)の多くは、他の犬だけではなく私たち人間への感染を引き起こす二次感染の可能性があります。

「これくらいで大丈夫でしょ」と安易に考えずに、普段から正しい処理方法を行って二次感染を防ぎましょう。

正しい処理方法といっても難しいことを行う訳ではなく、以下のポイントを注意するだけです。

素手で触らない

使い捨ての手袋やビニール袋を使いましょう。

処理する時は、犬が嘔吐したものを食べたり舐めたりしないようにゲージの中などに隔離しておきます。

汚れた場所を消毒する

水ぶきや洗剤だけでは細菌やウイルスを防ぐことはできませんし、一部のウイルスはアルコール消毒では不十分です。

しかし強力な除菌液(例えばハイターなど)だと愛犬の体への影響が心配ですので、ペットに対する安全性も考えられた専用スプレーを使いましょう。

また、キレイに拭きとって消毒した後はよく乾燥させましょう。

現在市販されている除菌スプレーの中で、除菌効果が非常に高く、ペットの目や口に入っても安全なものにはカンファペットがあります。

カンファペットは強力な消臭効果と除菌効果がある次亜塩素酸ナトリウムを独自の技術で酸性剤で中和させて、ペットにも安全に使えるようにしたものです。

しかも原材料には、人間用の食品添加物として認可を受けているもののみを使用しています。

アサヒビール、キッコーマン、伊藤ハムといった大手食品メーカーや多くの病院・施設などでカンファペットの技術が使われています。

除菌効果の高さはもちろん、消臭効果にも優れていますので「家の中が犬臭い」と困っている方や、同じ場所でトイレを失敗するワンちゃんのしつけにも最適です。

また、ペットだけでなく、靴、車の中、寝具、便座の除菌消臭も出来ますし、タバコの臭いを軽減する効果もあります。

※ホームセンターに売っている消臭剤にはペットに危険な成分を使っているものがあるので注意してください。

手洗いを徹底する

手袋をして処理したとしても、菌が腕や肘に付着している場合がありますのでよく洗ってください。

感染した犬を隔離する

一緒に生活する他の犬や飼い主への感染を防ぐためには、病気になってしまった犬を別の部屋に隔離することが大切です。

一見かわいそうに思えますが、具合が悪い時は静かな環境にいるほうが身体を休めることができる場合もあります。

自由に歩き回って、色んな場所で嘔吐や下痢をしないように、ゲージやサークル内に犬を隔離するのも効果的です。

清潔にするのは当たり前

上に説明したものは、全部当たり前のようですが、中には「潔癖症でもあるまいし…」と素手で処理をする飼い主さんもいらっしゃいます。

単純に食べ過ぎで嘔吐したように見えても、感染症の可能性が無いわけではありませんよね?

いざと言う時に対処出来るように、普段から感染防止を意識して清潔にすることを心掛けましょう。

嘔吐物や下痢は広範囲に飛び散っている

私の愛犬が下痢になった時にはゲージの中のトイレを使っていたのですが、よーく見ると周りの壁にまでたくさん飛び散った跡がありました。

汚れや菌が遠くまで広がっている可能性もあるので、念のため嘔吐や下痢をした場所だけでなく、その周りもキレイにしたほうがいいと思います。

それから、ホームセンターで買ったペット用の除菌スプレーを使うと、愛犬がすごくクシャミをしていました。

ホームセンターで買えるスプレーは香料が入っているものが多く、安全性も「?」な部分があるので、特に敏感なワンちゃんの場合にはペットサロンや動物病院でも使っているようなタイプを選んであげて欲しいです。

最後までありがとうございました🐕

こちらも合わせてご覧ください

⇒愛犬が下痢で病院に!犬の下痢の原因や対処法【子犬では命の危険も】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ