子犬がドッグフードを食べない!何とか食べてくれるようになった方法はこれです

こんにちは、柴犬のココたんです🐾

このサイトをご覧いただきありがとうございます🐕

子犬がドッグフードを食べてくれず、困っている飼い主さんはたくさんいます。

「別に体の調子が悪い訳じゃないのにどうして?」

「おやつなら食べてくれるのに…」

「手に乗せてあげると少し食べるけど、器からは全く食べない」

パターンは色々ありますが、子犬がきちんとご飯を食べてくれないと、ちゃんと成長するのか心配ですし、毎回手間がかかるのは、飼い主にとってかなりストレスになります。

我が家の愛犬ココたんも、性格なのか体質なのか食に興味がなく、この『子犬のドッグフード食べない問題』で苦労しました。

しつけの本や、しつけのサイトで色んな情報を見て、”同じように試してみてはうまく行かない”の繰り返しです。

ほとんどのアドバイスが、

「ただのわがままだから、食べないならあげなくていい」

「お腹がすけば食べるようになる」

「2、3日食べなくても全く問題ない」

というものですが、

2、3日どころか一週間くらいまともに食べないこともありましたし、わがままというか、食事自体に興味がないようでした。

正直しつけの本やネットのアドバイスでは、「じゃあ、それでも食べなかったらどうする?」ということまで乗っていないのであまり役に立ちません。

しかも子犬が食べない状況で、そんな悠長なことは言ってられないでしょ!ってなりますよね。

結局は愛犬のペースに合わせて独自のやり方を考えるしかないのです。

私はまず愛犬の様子を良く観察することからはじめました。

何で食べないのか?食べない理由を考えたのです。

そして何度も試行錯誤を繰り返しながら、ようやく食べてくれる状況にまでなりました。

このページではドッグフードを食べないうちの愛犬が、何とか食べてくれるまでの方法をまとめました。

食べない他にも症状があったり、変わった様子が見られるならまずは病院で調べてもらいましょう。

1.ドッグフードを食べない理由・原因は?

ココたんは生後3ヶ月くらいで我が家にやってきました。

はじめの1ヶ月くらいはそれなりに食べていたのですが、徐々にドッグフードに関心がなくなっていきました。

ちょっと食べて残したり、まったく見向きもしないこともあります。

どうしてかな?と理由を考えてみました。

ココたんの食事環境

まずはどんな風にドッグフードをあげていたかを整理しておきます。

朝食 朝の散歩が終わってから

だいたい7:00くらい

夕食 夕方の散歩が終わってから

だいたい19:00くらい

食事場所  ケージの中
食事  ドッグフード

(通常のドライフード)

朝、夕とも散歩から帰ってきて少ししてからあげます。

最初の頃からケージの中に入って食べるようにしていました。

運動不足が原因?

散歩は毎回欠かさず40分近くしているので運動不足ってことはないはずです。

でも帰ってきてからでもボールで遊んでいます。

ご飯より遊びという感じです。

わがまま・甘えが原因?

こちらから手で持って行ってあげると少し食べてくれます。

こちらの様子を見て甘えているのかもしれません。

またチラッとドッグフードの方を見て、気にはするものの結局ボールで遊ぶことが多いです。

よく言われているように「今食べなくても持ってきてくれる」「いつでも好きな時に食べれる」と思っているでしょうか?

ドッグフードが気に入らない?

ココたんがうちにやってきて、最初に食べていたドッグフードは、ココたんのいたペットショップから購入したものでした。

そのドッグフードは良く食べていたのですが、オリジナル商品のようで価格が異常に高く、少しアレルギー症状も見られたので一袋を食べきったタイミングで別のものに変更(市販の低アレルゲンフード)。

変更後しばらくは問題なく食べていましたが、もしかしてドッグフード自体が気に入らないのかもしれません。

2.効果があった対策方法・工夫

食べない理由はいくつか考えられましたが、どれか一つが原因というわけでなく、すべてが組み合わさっているようでした。

そこで以下のように対策方法を立てました。

具体的な対策

① 食事を出しておく時間を15分に決める

食事を出して、15分経ったら食べていなくても片付けます。

食べないからといって無理に声をかけて食べさせようとしたり、手で食べさせてあげることはしません。

② 食事の時はボールやおもちゃを見えない場所に片付ける

食事よりも遊ぶことに関心が向いているので、注意が散漫にならないようにボールやおもちゃをココたんの目に入らないところに片付けます。

③ ドッグフードを変更

よく食べてくれると評判のよいものをいくつかピックアップして、その中からアレルギーの心配が少なく、食べやすそうな粒のものを選びました。

また、ドッグフードの風味が落ちないように、袋を開封したら小さなジップロックに小分けに保存しました。

④ 食事を食べたら遊んであげる

ココたんにとって遊びが一番のご褒美のようでした。

ですので、ドッグフードを食べたらボールやおもちゃを出します。

食べてすぐは消化が悪いので、ボールを投げての遊びはほどほどにしました。

それぞれのワンちゃんが一番喜ぶことをしてあげるといいですよね。

ココたんはボール遊びが一番好きなのでボールにしました。

あえてしなかった方法

ドッグフードにふりかけをしたり、トッピングをすることはしませんでした。

「トッピングしないと食べなくなる」というのは特に気にしませんが、ココたんはアレルギーのため、どんな食材に反応するのかわからず、動物病院の先生からもドッグフード以外はダメと言われていたからです。

対策をしてみた結果

朝の散歩後、少し休憩。そのあと相変わらず一人遊び。

食事を出すのでボールを仕舞う。

器を持っていくと寄ってくる。やっぱり美味しいドッグフードは違うのか?

「フンッ」といって食べていない。

ボールを探している様子。

一定時間過ぎたので片付けます。

お腹減らないの?

対策中の記録より

朝から元気に散歩。いよいよ朝食。

昨日あまり食べてないためか、すぐにケージまできて食べはじめる。

ドッグフードは気に入ってる様子。

「カリカリ」でもやっぱり半分でやめて、ボールを探す。

時間がきたのでご飯をさげます。

その時「もういらないの?片付けるよ」と声をかけ、ココたんの様子を見たら横目でこちらを気にしている。

「いらないんでしょー」とそのままさげる。

ご飯を片付けてから様子を見ていたら、ケージの中にいき、ご飯を探している。

ちょっとかわいそうになったけど我慢。

対策中の記録より

散歩終了。

散歩中なんかすごく元気。何がそんなに楽しい??

疲れたのか廊下で休憩。

食事を出すとすぐにやってきて食べ始める。

ちょっと残したけど何となく美味しそうに食べている感じ。

やっぱりご飯を食べている姿を見るのは嬉しい。

いっぱい褒めてあげた。

対策中の記録より

対策をしても急に食べるようにはなりませんでした。

最初はほとんど変化がなかったので正直へこみました。

でも一度決めたルールでしばらく続けないと効果がわからないので、そのまま継続。

それから1週間、2週間と続けるうちに少しずつ変化が見られましたが、「すごく良くなった」という感じではありませんでした。

ところがその後、急に食べてくれるようになったのです。

どうして食べるようになったのかと言えば、新しいドッグフードに変更したからです。

インスタで知り合った柴犬の飼い主さんに聞いたドッグフードを、半信半疑で試したところ、今まで見たことがないような反応で食べてくれました。

⇒【体験談】偏食でわがままな柴犬でも食べてくれた2つのドッグフード

はっきり言って「今までの苦労は何だったのか」とも思いましたが、色々な対策をしたからこそ結果が出たのだと思います。

そしてもう一つ変化があって、一度ドッグフードを食べられるようになったら、別の種類のものをあげても食べてくれるようになったのです。

アレルギー対策でローテーションさせたかったので、これはとても助かりました。

3.子犬がドッグフードを食べない時の対策~まとめ~

① まずはどこか体に不調がないかをチェックする

子犬の場合乳歯の生えかわり時期に食欲がなくなることがあります。

② 好みのドッグフードにかえる

栄養、食べやすさ、アレルギーなどにも注意してくださいね。

それから風味・品質が落ちないように保存をしっかりすることも大切です。

⇒品質低下を防げ!風味を落とさないドッグフード保存容器おすすめ9選

③ 決まった条件で食事を出す

やっている途中で可哀そうな気もしましたが、一定の時間(ココたんの場合15分)が過ぎたら食事を片付けることを徹底しました。

また、食事に集中するように気が散るおもちゃやボールを片付ける、食事の時は話しかけたり刺激しないようにしました。

④ 食事を食べたらご褒美を!

食事に限らず、しつけでは上手くできたらワンちゃんが一番喜ぶことをしてあげますよね。

ココたんの場合はボール遊びでした。

それぞれのワンちゃんによって何が一番喜ぶのかは違うので、よーく観察してあげましょう。

”ドッグフードを食べたらおやつをあげる”という場合は、添加物やカロリーに注意しましょう。

でも、わざわざおやつを別に用意するくらいなら、美味しくて栄養バランスの考えられたドッグフードにかえたほうがいいような気がします。

結局ここで紹介した対策はどれも当たり前のことなんですよね。

でも犬がドッグフードを食べない理由は一つではないので、ちょっとした当たり前なことを組み合わせて試してみるのが大事なのだと感じました。

そして毎回必ず同じやり方で続けてみることも大切だとわかりました。

それぞれワンちゃんで状況は違うと思いますが、ほんの少しでも参考にして頂けたら嬉しいです。

最後までありがとうございました。

こちらも合わせてどうぞ

⇒絶対怪しいと思っていたドッグフードを柴犬にあたえたらこうなりました

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ