実際に試してわかった。レティシアンのドッグフード4種の違いと選び方

通販専門のプレミアムドッグフードのカナガン、モグワン、アランズ、ネルソンズは、全てペット先進国のイギリスで製造されており、(株)レティシアンという会社が輸入、販売しています。

当初は輸入販売だけでしたが、高級ドッグフードを扱っているノウハウを活かしてモグワンの製造販売を開始しました。

この4種類のドッグフードは、どれも高品質な原材料を使っていますが、ホームページの説明を読んだだけでは違いがよくわかりません。

私は愛犬に、実際にレティシアンの4つのドッグフードを継続して使っています。

おそらくいま愛犬のドッグフードを探している方は、

『この4つの特徴や違いは何?』

『どれを選んだら間違いないの?』

『失敗しない選び方は?』

ということが気になりますよね。

あらかじめ言っておきますが、圧倒的におすすめなのはカナガンです。

それぞれのワンちゃんの好みなどもあるとは思いますが、カナガンを選んでおけば間違いはありません。

これからその理由をお話していきます。

そうは言っても「自分の愛犬にぴったり合ったものを選びたい」という方もいらっしゃると思いますので、それぞれのメリット・デメリットについても解説します。

1.内容量と対象犬種

舌をペロっと出している柴犬

カナガン モグワン アランズ ネルソンズ
内容量 2㎏ 1.8㎏ 2㎏ 5㎏
価格(税抜) 3,960円 3,960円 3,960円 7,800円
対象犬種 全犬種 全犬種 全犬種 全犬種
対象年齢 生後2ヶ月の子犬

~シニア犬

生後4ヶ月の子犬

~シニア

生後7ヶ月からの

成犬、シニア犬

生後7ヶ月から

7歳の成犬

ネルソンズは5㎏入りで税抜7,800円と書いてありますが、実は公式サイトで購入すると、単品でも5%割引になります。

カナガンとモグワンは子犬からシニアまでオールステージ使うことができるので便利です。

お店やネットで探しても子犬用のドッグフードは案外選択肢が少ないんです。

子犬の時に良質な栄養を十分に摂らないと、その後の健康な成長に影響しますので、子犬の頃こそしっかりしたフードを選びたいものです。

上の表の価格は通常購入の場合です。

定期コースにすると割引になります。さらにまとめ買いをすると割引率が上がったり、送料が無料になるのでかなりお得です。

カナガン、モグワン、アランズの消費税・送料込みの価格⇩

消費税・送料込の1袋あたりの価格
通常購入 4,968円
定期コースで1袋 4,507円
定期コースで2袋まとめて 3,955円
定期コースで3袋まとめて 3,635円

ネルソンズの消費税・送料込みの価格⇩

消費税・送料込の1袋あたりの価格
通常購入 8,694円
定期コースで1袋 7,851円
定期コースで2袋まとめて 7,160円
定期コースで3袋まとめて 6,739円

実際にかかる食費のシミュレーションは「7.コスパで選ぶならネルソンズ」のことろで説明しています。

2.食べやすさ

カナガン↓

カナガンドッグフードの粒

モグワン↓

モグワンドッグフードの粒

アランズ↓

アランズナチュラルドッグフードの粒

ネルソンズ↓

ネルソンズドッグフードの粒

カナガン、モグワン、アランズはだいたい6ミリ~10ミリくらいの楕円形です。

真ん中の穴の大きさは → アランズ>カナガン>モグワンです。

カナガンとモグワンは見た目がほぼ同じですが、カナガンは肉肉しいニオイで、モグワンは少しフルーツっぽさや魚の香りも感じられます。

ネルソンズの粒は一辺が13ミリ~15ミリくらいの三角形、そしてやや硬めです。

小型犬なら小粒のカナガン、モグワン、アランズがおすすめです。

中型~大型犬はネルソンズの粒が合っています。

早食いの犬は危ないのでは?と思うかもしれませんが、意外にもしっかり噛んでくれます。

高齢で歯が弱かったり、あごの力が弱い犬はカナガン、モグワン、アランズを選べば問題ありません。

3.食いつきはカナガンとモグワンが一歩リード

カナガンドッグフードを食べる柴犬

「理想の食いつきをもとめて開発した」というモグワンが1番食いつきがいいのでは?と思いっていましたが、検証実験や普段の様子から判断するとカナガンのほうが断然いいです。

4つの中ではラム肉がベースになっているアランズは若干食いつきが劣りますが、喜んで食べてくれているので食いつきが悪いわけではありません。

順番をつけるなら、

1位カナガン

2位モグワン

3位ネルソンズ≒アランズ

でした。

ただし、カナガンはズバ抜けています。

4.便の状態

4つともお腹がゆるくなったり、便秘になったりすることはありません。

食べる量が丁度よいというのもあると思いますが、柔らかすぎず、硬すぎずの健康的な状態の便が出ていました。

ただ便の臭いに関してはかなり差があります。

ネルソンズとアランズはほとんど臭いが気になりませんが、カナガン・モグワンは便の臭いが強めです。

すぐに片付けるのであまり関係ないかもしれませんが、便の臭いが苦手な人は注意したほうがいいポイントです。

あと一つ気付いたのがネルソンズは他の3つよりもおならが多く出るということです。

ネルソンズは「サツマイモやオリゴ糖が入っていてお通じをスッキリさせる」という効果があるため、腸の動きが活発になっているのでしょう。

もしワンちゃんが便秘気味という場合はネルソンズを試して頂きたいです。

あっ、でもおならは4つの中で比べたら多いということです。

しょっちゅう出るという意味ではないですよ。

5.チキンアレルギーがあるなら迷わずアランズ

アランズナチュラルドッグフードを食べる柴犬

カナガン、モグワン、ネルソンズは穀物を使わないグレインフリーです。

アランズはアレルギーの原因となりやすい小麦、大豆、トウモロコシを使わず、ベースもラム肉としており、しかも全部で10種類だけの原材料というシンプル設計です

穀物アレルギーならグレインフリーのドッグフードでOKなのですが、チキン(鶏肉)にもアレルギーがあるという場合は、チキンベース以外のものを探さなければなりません。

ラム肉はあまりドッグフードに使われないのでアレルギーが出にくいのですが、一般的なラム肉フードはラム肉以外の米や玄米のほうがたくさん入っています。

それでは全く意味がないですよね?

しかしアランズは新鮮でなラムの生肉を55%、しかも原材料は全部で10種類だけ。

そのためラム肉のメリットを最大限に生かせますし、食いつきもいいです。

アレルギーのせいでドッグフード探しに困っているワンちゃんには迷わずアランズを選んであげてほしいです。

6.認知症が気になる日本犬にはモグワン??

ドッグフードを欲しがる柴犬

柴犬をはじめとする日本犬は高齢になると認知症になりやすい傾向があると言われています。

有効な対策や予防法は確立されていませんが、DHA、EPAといったオメガ3脂肪酸(必須脂肪酸)が認知機能の改善に効果があるという研究が報告されています。

DHA、EPAは魚に多く含まれます。

モグワンにはサーモンが30%も使われていますのでDHA、EPAといったオメガ3脂肪酸を豊富に摂取できます。

さらにモグワンにはトマトやリンゴといった野菜、フルーツが配合されています。

野菜やフルーツに含まれる抗酸化物資は脳のダメージをやわらげる働きがあります。

認知症になりやすい日本犬、特に柴犬には、DHA、EPA(オメガ3脂肪酸)+抗酸化物質がバランスよく配合されているモグワンがいいかもしれません。

とは言うものの…

そこまでの根拠がないので、あくまでも気休め程度ではないでしょうか?

7.関節サポート成分は圧倒的にカナガン

カナガンには関節保護成分がたっぷり入っています。

グルコサミン:1000㎎/kg

コンドロイチン:700㎎/kg

メチルスルフォニルメタン(MSM):1000㎎/kg

専用のサプリメントでもここまで高配合のものはありません。

モグワンは、

グルコサミン:178㎎/kg

コンドロイチン:125㎎/㎏

です。

ネルソンズはモグワンと同じ程度の量です。

アランズは公表されていません。

パテラなどの関節疾患があったり、シニアで関節に不安があるワンちゃんはカナガンがいいと思います。

が…

実は同じレティシアンのピッコロには

グルコサミン:1,780㎎/㎏

コンドロイチン:1250㎎/㎏

メチルスルフォニルメタン(MSM):1780㎎/㎏

という、とんでもない量が入っています。

価格は少し高いですが、すでに関節炎や関節痛があるワンちゃんにはピッコロが一番おすすめです。

ピッコロの詳しい情報はこちら

8.毛並みをツヤツヤにしたいならモグワン

ツヤツヤな毛並みの柴犬

犬の皮膚と被毛の健康に欠かせないのがオメガ3脂肪酸です。

モグワンにはオメガ3脂肪酸が1.63%以上も入っています。

アランズは1.0%、カナガンは0.9%、ネルソンズは0.7%と通常のドッグフードよりもたくさん入っていますが、やはりモグワンの量は圧倒的です。

しかも果物や野菜、乳酸菌にもこだわっているので腸内環境を整える作用が強く、お腹の中からキレイにしてくれるのもモグワンの特徴です。

愛犬の状態から判断しても、毛並みやツヤを考えればモグワンが一番です。

9.コスパで選ぶならネルソンズ

体重が約9㎏の柴犬ココたんで、実際にかかる食費を計算しました。

【ケース1.通常購入の場合(消費税・送料込み)】

1グラム当たりの値段 × 1日の給与量

カナガン  約2.48円 × 約120グラム = 298円

モグワン  約2.76円 × 約140グラム = 386円

アランズ  約2.48円 × 約120グラム   = 298円

ネルソンズ 約1.74円 × 約140グラム = 244円

【ケース2.定期コースで2袋まとめ買いの場合(消費税・送料込み)】

1グラム当たりの値段 × 1日の給与量

カナガン  約1.97円 × 約120グラム = 236円

モグワン  約2.2円 × 約140グラム = 308円

アランズ  約1.97円 × 約120グラム   = 236円

ネルソンズ 約1.43円 × 約140グラム = 200円

ネルソンズが一番安く、

カナガンとアランズは同じで、モグワンが少し高めになります。

単純に食費だけを考えればネルソンズが一番安く済みますね。

定期コースはいつでも中止と再開ができますし、かなりリーズナブルになるので購入するなら定期コースにしないと損だと思います。

※コースの変更やキャンセルは、公式サイトのマイページからすぐに行えます。

10.結局どれを選んだらいいの?

冒頭でも言いましたが、結局のところカナガンを選ぶのが間違いないです。

その理由は「圧倒的な食いつきの良さ」と「原材料・健康成分に対するコスパの良さ」そして、一番の決め手は「食べた時のパワーがみなぎる感じ」です。

パワーみなぎるって何?

と思うかもしれませんが、

カナガンを食べるとどう表現すればいいのかわからないのですが、すごく元気が出るんです。

本能的に喜んでいる感じです。

それを食べて健康になるというのはもちろんですが、「喜んでおいしそうに食べてくれる」というのは何よりも大切だと思います。

勢いよく食いついている愛犬の様子を見ているとこちらまで嬉しくなります。

その点モグワンは価格が一番高い割に、そこまで「良いぞ」という特徴はありません。

自信を持っておすすめできるというところまではいかないです。

ですので、まずはカナガンを試してみて欲しいです。

今まで食べさせていたドッグフードは何だったの?という感覚がわかって頂けるはずです。

それでもアレルギーが気になるならアランズに変更するというようにしたらいいと思います。

ちなみに2番目におすすめするならアランズです。

と言うのもラムの生肉を使っていて、この価格で買えるフードは他にありません。

ラム肉で食いつきが良くて、かなりお買い得なのがアランズです。

大型犬なら粒が大きくて価格が手頃なネルソンズでもいいとは思いますが、正直言ってカナガンと比べたらランクが一段劣る感じは否定できません。

それでも他のプレミアムドッグフードに比べれば十分高品質です。

おそらくカナガンに惚れ込みすぎているのと、柴犬の中では小柄なココたんには少し粒が多きいのでちょっとひいき目もあるかもしれませんね。

12.一番お得に買う方法、申し込みの手順

レティシアンの4つのドッグフードレビューと一番お得に買う方法、実際の申し込み手順をまとめてあります。※申し込み手順はどれも同じです。


 カナガンの情報を詳しく見る

⇒カナガンのレビュー

⇒カナガンを一番お得に買う方法と申し込み手順


 モグワンの情報を詳しく見る

⇒モグワンのレビュー


 アランズ ナチュラルドッグフードを詳しく見る

⇒アランズナチュラルドッグフードのレビュー

⇒アランズナチュラルドッグフードを一番お得に買う方法と申し込み手順


 ネルソンズの情報を詳しく見る

⇒ネルソンズのレビュー

まとめ

はじめてカナガンを試したときに「こんなにも違うのか」と感動すらしたことを覚えています。

あまり食べ物に執着しなかったココたんが一心不乱に食いついている姿を見て本当にうれしく思いました。

ドッグフードはたくさん種類があって「買ったはいいけど食べてくれない」ということも少なくありません。高価なものだから喜んで食べるというわけでもないので難しいところです。

今回取り上げた4つのドッグフードはいずれも大変良く食べてくれて、材料も良質ですので安心しておすすめできるものです。

なるべく失敗したくないという方は多いと思いますので是非参考にしてくださいね!



スポンサーリンク




ページトップ