【モグワンの異物混入】その後の対応についての質問に回答がきました

イギリスの工場で2018.4.1に生産されたモグワンドッグフードに青い粉末状の塗料が混入する事案が発生しました。

※モグワン異物混入については公式サイトで情報が見れます。

以前の記事「【モグワンに異物混入、対応に不信感】急に代替品が送られてきました」でも書きましたが、その後の対応について不信感がありましたので、販売元に対してメールで質問をしました。

昨日回答が届きましたのでその内容をお伝えします。

モグワンドッグフードの異物混入に関しての質問と回答

Q1

商品はイギリスの工場から直接自宅まで届けられるのですか?

それとも一度日本の会社に届きそ、こからユーザーのもとに送られるのですか?

(回答)

当店のフードは、イギリスの工場で製造しております。

製造されたフードは検査をし、イギリスからコンテナに入り、2~3ヶ月かけて常温で日本へ送られてきます。

輸送中に温度があがる場合もございますが、生産時の加熱温度115℃を超えない温度でございますので、栄養素や成分が壊れることがございませんので、ご安心してワンちゃんにお召し上がりいただけます。

日本に到着してからも検査をしてから商品を梱包し、お客様のもとへお届けしております。

Q2

異物が混入したのは日本向けのものだけですか?

モグワンは日本でしか販売していないのですか?

(回答)

モグワンドッグフードは、当店で「ペットオーナー様の願いに寄り添うフードを作りたい」との思いから、
私たちの考えたコンセプトとレシピに基づきイギリスで生産し、
日本のみで販売をしております。

Q3

SNSなどの情報では、7/27にユーザーからの問い合わせがあったのに、はじめは取り合わなかったそうですがなぜですか?

自体の把握までどうして時間がかかったのですか?

7/27の問い合わせの時点で注意喚起のメール電話をしていれば、愛犬に食べさせずに済んだ人もいるはずです。

どうして注意喚起をしなかったのでしょうか?

異物混入が発覚した本当の経緯を教えて欲しいです。

(回答)

7月27日に青い異物が混入していたとのお問い合わせをいただいたお客様には、現物を当店へご返送いただき、調査機関とイギリスの生産者へ調査依頼をしました。

この段階では、異物の詳細や混入経緯、対象のロットが不明でございましたので他のお客様へはご案内をしておりませんでした。

調査後、7月17日~7月23日に発送いたしました商品の一部に 異物混入の恐れがあることが判明したため該当されるお客様へ早急にご連絡をさせていただきました。

イギリスの生産者へ確認を取りましたため、調査に時間がかかり、お客様への周知が遅れてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。

Q4

うちには異物混入の発表の前に代替品が届きました。

普通はお知らせをしてから代替品を送ると思うのですがなぜですか?

(回答)

異物混入の恐れのあるお客様へ、代替品を発送する前にご連絡を差し上げるべきところ順番が前後したことにより、さらなるご心配をおかけしてしまいまして大変申し訳なく存じます。

伏してお詫び申し上げます。

Q5

異物(青い塗料)はどういう成分か把握できているのですか?

毒性は具体的にどんなものか教えてください。

具体的に「人間が食べても毒性がない」とか、「犬が食べても全然問題ないです」とか。

(回答)

青い塗料の成分は、調査機関にて調査を行ったところ「ポリエステル」と判断されました。

青い塗料の異物は、口にしても直ちに重篤な健康被害を 及ぼすような毒性のあるものではございませんが、体内で消化されずに排泄される過程において、 愛犬の消化器官等に負担となる可能性が考えられます。

このような事態が生じてしまったことについて深くお詫び申し上げます。

Q6

SNSやネットでは、今までもモグワンドッグフードに青い塗料や青いゴムのようなものが
混入していたという情報があります。それは本当ですか?

モグワンを食べて下痢や嘔吐をする犬がいるのは毒性のある異物が混入しているからという話にまで発展しています。

これらの話は事実なのでしょうか?

(回答)

今まで、他のブランドの商品に稀に異物が混入していたことは事実でございます。

ただ、毒性のあるものではなく、消化されずに排泄されるものですが中には下痢や嘔吐をしてしまう子もいる恐れがございます。

過去の異物につきまして、調査し改善・改良に努めてまいりましたが、今回の重大な品質不良により、さらなる品質管理の徹底を行っております。

当店をご利用いただいているお客様へのご信頼の回復ができるよう生産工場とともに誠心誠意、努力してまいる所存でございます。

回答を読んで、私なりの感想など

モグワンの異物の成分はポリエステル

結局今回混入していた異物はポリエステルということです。

バルクビン(容器)の塗料だと思うので、おそらく塗料に含まれているポリエステル樹脂なのかな?と考えられます。

これを食べるとどうなるのか私にはわかりません。

Q1の回答で”日本に到着してからも検査をしてから商品を梱包し、お客様のもとへお届けしております。”とのことですが、今回は異物が入った製品がそのまま届けられてしまったようです。

Q3の回答、”…調査機関とイギリスの生産者へ調査依頼をしました。

この段階では、異物の詳細や混入経緯、対象のロットが不明でございましたので他のお客様へはご案内をしておりませんでした。”とありますが、

やはりこの時点で確定していなくても、ペットの安全を第一に考えて注意喚起やユーザーからの回収をするべきだったと思います。

今まで私が購入していた物に異物が入っていたことは無かったので知りませんでしたが、過去にも”稀に異物が混入していたことは事実でございます。”ということでした。

ペットの安全を第一に考えた対応を

もちろん私は食品の製造で完璧を求めることは無理だと思っています。

いくら注意しても、どこかの工程で異物が入る可能性はあると思いますし、ダブルチェック、トリプルチェックしても完璧には防げないでしょう。

だからこそ事案が発生した時の対応をしっかりして欲しいと思うのです。

製品を最後にチェックするのは飼い主さんなわけですし、その飼い主さんが「これは異常があるのでは?」と問合わせてきたら、早急に対応するべきです。

まだ調査が終わっていなくても「念のため注意してください」とか「そちらに届いた商品に異常はありませんか?」など確認できるはずです。

人間の食品なら少しでも異常があればすぐに自主回収しますよね?

ペットフードの場合は法制度やルールが違うのかもしれませんが、飼い主にとってペットは大切な家族です。

”品質管理の徹底” ”お客様へのご信頼の回復”ということよりも、とにかくペットの安全を第一に考えた対応をして欲しいものです。

モグワンの解約方法

今回の件でモグワンを解約しようとしている方もいらっしゃると思います。

モグワンの解約は公式サイトのマイページから簡単に行えます。

<解約手順>

①登録した電話番号とメールアドレスを入力してマイページにログインする

②契約中の定期コースのところの「詳細はこちら」ボタンをクリックする

③「定期解約」ボタンをクリックする

以上で完了です。

モグワンの販売元である株式会社レティシアンのコールセンターに電話をして解約する方法もありますが、平日の受付時間内のみとなるため注意が必要です。

電話番号
0570-200-012
(平日 11:00-18:00)

電話で解約する場合でも特に何か聞かれることはありません。

解約手数料などもありません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回モグワンの異物混入の件で、ペットの健康を無視したメーカーの対応がわかりましたが、特定のドッグフードだけを宣伝するドッグフードサイトの悪質な情報操作も判明しました。

こちらの記事に詳しくまとめましたので、あわせてご覧ください。

⇒モグワンの異物混入で判明【ドッグフードサイトはウソだらけで悪質】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ