涙やけ対策にも効果的なオーガニックドッグフードおすすめ7選

ココたん
どうも、オーガニックという言葉に弱い女子柴のココたんです🐾

このサイトをご覧いただきありがとうございます🐕

オーガニックドッグフードは厳密にいうと、オーガニック認証を受けた原材料で作られたドッグフードのことを指します。

中には無添加とオーガニックを混同していたり、天然原材料のことをオーガニックとしていたりとあいまいな表現の広告が使われていることも多いです。

また、原料の一部にオーガニック食材を使用しているだけで「オーガニックドッグフード」と名乗ることができるので、選ぶ時は注意が必要です。

オーガニックドッグフードは価格がやや高めですが、安全性が高く、食物アレルギーを改善する効果も期待できます。

愛犬のフケや痒みといったアレルギー、目やに涙やけの症状に効果があったという飼い主さんも少なくありません。

そこで今回は本来オーガニックドッグフードとはどんな基準を満たしたものなのかを簡単に説明し、安全性やアレルギー症状にも評判が良い7選を紹介します。

すぐにおすすめ7選を見たい方は目次から選んでください。

1.オーガニックドッグフードとは?

1)オーガニックの定義は?

オーガニックとは、有機栽培、有機農法とも言われ、化学肥料や農薬を使わずに育てられた野菜、果物、穀物、お肉、そしてそれらを使用した加工品に対して使われます。

オーガニックを名乗るには、それぞれの認定機関によって違いはありますが、その土壌で過去2~3年間化学肥料を使ってないこと、遺伝子組み換えの種は使用しない、畜産物の場合は飼料も有機であること、などの厳しい基準をクリアし、オーガニック認証を受けなければなりません。(※ただし認証を受けていなくても広告でオーガニックを名乗ることは禁止されていない場合があります)

2)オーガニックドッグフードとは?

オーガニックドッグフードとはオーガニック認証を受けた原材料で作られたドッグフードのことです。ただし原材料の一部だけにオーガニック材料を使ったものもあります。

オーガニック認証の基準は世界各国それぞれの機関で異なりますが下の表のようなものがあります。

例)ドイツのBIO認証機関の基準(抜粋)

野菜 ・農薬や化学肥料を使用しないこと
・3年間、基準を満たした土で栽培していること
・遺伝子組み換え技術を使用しないこと
肉・卵 ・ 家畜は狭い檻に入れず、なるべく自然に近い状態で育てること 
※飼育面積1haにつき、鶏や七面鳥などの鳥類は580羽まで、牛や豚は14頭までしか飼育してはならないという規定があります。 
1haは東京ドームのグラウンド(1.3ha)よりやや小さい面積です。
・ホルモン強化剤・肥育用補助剤・予防稀有性物質等の人工的な注入物を使用しないこと 
・与える餌も農薬・科学肥料等を使わずに栽培し、有機栽培によって生産されたものを使用すること

3)オーガニックドッグフードの種類

実はオーガニックドッグフードは全ての原材料が認証を受けているとは限りません。

主に次の3パターンがあります。

・主原料がオーガニック認証を受けたもの

・100%全ての原材料がオーガニック認証を受けたもの

・100%全ての原材料がオーガニック認証を受けており、さらに出来上がったドぐフードの製品自体もオーガニックの認証を受けているもの

4)オーガニックだから絶対安全、美味しいとは限らない

オーガニックの原材料自体は確かに安全です。

ですがアレルギーの原因になる原材料が入っていたり、みなさんの愛犬の体質に必ず合うという訳ではありません。

必ず使われている原材料や栄養バランスはチェックしましょう。

また、少し前までは「オーガニックドッグフードは食いつきがいまいち」というのが定評でしたが現在では改善されて、食いつきがとても良いものもあります。

やはりワンちゃんの好みがありますので、「せっかく体にいいと思ってオーガニック買ったのに食べてくれない」とがっかりしないようにしましょう。

2.オーガニックドッグフードおすすめ7選

日本で購入できるオーガニックドッグフードはそれほどたくさんありません。

また、材料費のコストがかかるため一般的なドッグフードに比べると価格はどうしても高めになります。

ここでは安全で美味しい、食いつきが良いもの中心に紹介していきます。

1)アーガイルディッシュ ウィステリア アダルト

画像出典:楽天

原産国:オーストラリア

カロリー:340㎉

粗たんぱく質:23%

脂肪:10%

オメガ6脂肪酸:2.5% オメガ3脂肪酸:0.3%

対象年齢期:成犬用

【主な原材料】

ラム(生・有機)、ビーフ(生・有機)、玄米(全粒・有機)、オート麦(全粒・有機)、ホワイトソルガム(全粒・有機) など

画像出典:楽天

アーガイルディッシュ ウィステリアはオーストラリアの認証機関ACOに認定された認定オーガニックドッグフードです。

原材料がオーガニックというだけでなく、製造されたドッグフードもオーガニック認定を受けています。(原材料の約95%がオーガニック)

ココたん
ウィステリアはラムとビーフの2種類のたんぱく質を使ってアミノ酸バランスが良いので皮膚や被毛の健康をサポートしてくれます。

でも、何と言ってもアーガイルディッシュの特徴はオーガニックなのにすっごく食いつきが良いことです!

少し値段は高いですが、動物性たんぱく質、栄養バランス、食いつきを考えたらオーガニックドッグフードの中ではこれが一番おすすめです。

ただし一般的なドッグフードに比べると賞味期限が短いのでご注意くださいね。

ラインナップは他に「エバーラスティング(シニア犬用)」と「グレヴィレア(魚とエミュー肉)」があります。

※グレヴィレアは魚がオーガニックの対象にならないのでオーガニック認定は受けていません。(しかし高品質な魚を使用しているのでとても安心で美味しいドッグフードです)

2)ヤラ― オーガニックドッグフード 成犬用

画像出典:楽天

原産国:オランダ

カロリー:370㎉

粗たんぱく質:25%

脂肪:8%

対象年齢期:成犬用

【主な原材料】

小麦、トウモロコシ、大豆外皮、鶏脂、鶏肉、鶏内臓肉、乾燥豚レバー、ひまわりの種皮、イースト、ビタミン類 など

画像出典:楽天

ヤラ―オーガニック成犬用はオランダの認証機関「SKAL」をはじめ3ヶ国で認証を受けたドッグフードです。

もともと認証を受けれないビタミン類などを除き100%オーガニックです。

ココたん
あまり聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれませんが、アレルギーの改善で評判のよいフードです。

涙やけ対策にも

その他のラインナップには、

「小型犬用」

「センシティブ成犬用(小麦・とうもろこし・大豆不使用)」

「高齢犬用」、「ベジタリアン(動物性たんぱく質不使用」があります。

アレルギーが気になるワンちゃんはセンシティブやベジタリアンを選んでください。

ヤラーのセンシティブを与えることで涙やけの改善に効果があったという飼い主さんも多いです。

3)ソルビダ 室内飼育 成犬用

画像出典:楽天

原産国:アメリカ

カロリー:340㎉

粗たんぱく質:22%

脂肪:12%

オメガ6脂肪酸:1.7% オメガ3脂肪酸:0.3%

対象年齢期:室内飼いの成犬

【主な原材料】

オーガニックチキン生肉、乾燥チキン、オーガニック挽き割りオーツ、オーガニック挽き割り大麦、オーガニック乾燥豆類、天然フレーバー、オーガニック挽き割り玄米 など

画像出典:楽天

ソルビダはUSDA(アメリカ農務省)が認定するオーガニック認証機関オレゴンティルス
(OREGON TILTH)により認定されたオーガニック材料を使ったドッグフードです。

主原料(全体の約70%くらい)がオーガニック材料になっています。

ココたん
オーガニックドッグフードの中では一番知名度がありますね。

ワンちゃんの栄養を考えて、20種類以上の原材料をブレンドしています。

ブルーベリーやトマトなどの抗酸化成分、乳酸菌やイースト菌などのプロバイオティクスのおかげで毛並みが良くなったり腸内環境改善も期待できます。

食いつきの良さにも定評がありますね。

はじめてのオーガニックドッグフードならこれを選んだらいいと思います。

その他のラインナップは「アダルト」、「室内飼育子犬」、「室内飼育7歳以上用(シニア)」、「室内飼育肥満用」があります。

4)フォルツァディエチ(FORZA10) エブリデイビオ

画像出典:forza10

原産国:イタリア

カロリー:330㎉

粗たんぱく質:26.7%

脂肪:10.5%

オメガ3脂肪酸:0.2%

対象年齢期:成犬用

【主な原材料】

有機鶏・有機そら豆・有機スイートコーン・有機小麦・有機鶏脂肪・有機海藻(アスコフィラム結節)・ミネラル類 など

フォルツァティエチ(FORZA10)はイタリアのサニーペット社の商品で、40人以上の専門獣医師チームの「ペットを育てる健康プロジェクト」として開発され、すべての製品が臨床経験をもとに製造されています。

あまりなじみのないイタリアのメーカーですが皮膚、耳、腎臓、肥満などの特定の症状に対する食事療法食(アクティブシリーズ)が充実しています。

皮膚症状対策のFORZA10(フォルツァディエチ)デルモアクティブについては

⇒皮膚・被毛のトラブルを改善するドッグフードの選び方とおすすめ5選で紹介しています。

このエブリデイビオはイタリア農水省オーガニック認証機関(CCPB)で認証を受けた原材料を使用した100%オーガニックドッグフードです。

キャット(猫用)もあるのでお間違いなく

5)C&R オーガニックドッグ

画像出典:楽天

原産国:オーストラリア

カロリー:321㎉

粗たんぱく質:18%

脂肪:8%

対象年齢期:成犬用

【主な原材料】

牛肉、ラム肉、ソルガム、ひきわりミレット(黍〉、ひきわり大麦、米ぬか、天然ライムストーン、フラックスシードオイル、天然ビタミン&ミネラル

画像出典:楽天

C&R オーガニックドッグはオーストラリア政府認証機関BFAのオーガニック認定を取得した100%オーガニック原料のドッグフードです。

ココたん
オーガニックの牧草で飼育された牛・羊の肉を使用し食いつきが良いと好評です。

以前はSGJピュアオーガニックドッグフードという名前でしたが、C&Rに変更されました。

6)Terra Pura テラプラ チキングルメ

画像出典:楽天

原産国:ドイツ

カロリー:375㎉

粗たんぱく質:22%

脂肪:12%

対象年齢期:子犬~成犬

【原材料】

有機鶏肉、有機鶏臓器(手羽、心臓、レバー、胃袋)、有機キビ、有機りんご、有機にんじん、有機スギナ(薬草)、有機ネトル(薬草)

 画像出典:楽天

Terra-Pura テラプラ ドッグフードはドイツ有機農業協会が認証したBioland認定の100%オーガニックドッグフードです。

動物性たんぱく質の割合が多く、他の原材料もシンプルなので栄養価が高くアレルギーを持ったワンちゃんも安心して試して頂けます。

テラプラのドライフードはこの「チキングルメ」ともう一つ「ビーフグルメ」があります。

 画像出典:楽天

ココたん
粒は噛み砕きやすいペレット状なのですが、大きさがバラバラでけっこうおっきなものが混じっている場合もあるので小型犬はご注意ください。

また酸化防止剤が入っていないので開封後はなるべく冷蔵庫で保管してください。

賞味期限は短めです。

7)プレイアーデン 有機チキン

画像出典:楽天

原産国:ドイツ

カロリー:102㎉

粗たんぱく質:11%

脂肪:6.2%

対象年齢期:オールステージ

【原材料】

有機チキン 60%、有機チキンその他の部位 35%(有機心臓、有機肺、有機肝臓、有機胃、有機首)、有機キビ 2%、有機コメ 2%、有機ヒマワリ油 0.5%、有機キクイモ 0.5%

プレイアーデンの100%有機ウェットフードシリーズはドイツのBio審査をクリアした100%オーガニックです。

ココたん
高級ウェットフードですね。

毎日の食事には向きませんが、時々の贅沢や、食欲が落ちていてどうしても食べて欲しい時に使いたいフードです。

チキンの他に、ドイツ牛、ドイツ豚、ターキーがあります。

また数量限定のドイツ鴨、ラムや、オーガニックではありませんがドイツ馬、野鹿、野うさぎなどバラエティ豊富なラインナップが魅力です。

3.オーガニックでも原材料を確認しましょう

先ほども言いましたが、いくら無農薬で安全な原材料を使っていても、愛犬の体質やアレルギーに合わないことがありますので必ず使わてれいる原材料を確認しましょう。

また、必ずしもオーガニックにこだわらなくても栄養満点で美味しく、安全なドッグフードはたくさんありますので色々と見比べてみなさんの大切なワンちゃんにピッタリなものを探してください。

ココたん
最後までご覧いただきありがとうございました🐾

Amazonでお買い物をする方へ

月額400円でAmazonプライム会員になれば、Amazonでのお買い物がとってもお得になります。(年間プランなら月々325円)

例えばプライム対象商品は送料がすべて無料。

お急ぎ便でも、日時指定便でも無料になります。

またAmazon prime videoも利用出来て対象の映画やドラマ、アニメが見放題。

他にもお得な特典がいっぱいあります!

→Amazonプライム会員の詳しい説明はこちら

Amazonプライム会員は今なら30日間無料体験が可能です。

→Amazonプライム30日間無料トライアル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ