彼氏や旦那の服がダサい。ユニクロGUは危険!マネキン買いでカッコよくする方法

「そんな服で外を歩ける神経がわからない」

とか

「それ何色?ナスの漬物色?」

みたいな服装の男性っていますよね。

一緒にいるこっちが恥ずかしくなる、正直一緒に歩きたくないと思ってしまいます。

でも実際には、街で変な恰好をしていても笑いものにされることはありません。

赤の他人の服装なんて関心がないのです。

試しに「これで外出たらダメだろ」という服で買い物に行ってみてください。

ジロジロ見られたり店員さんにクスっとされることはないです。

私も超ヤバい組み合わせの服でスーパーやショッピングモールに行ってみましたが誰にも注目されず逆に寂しいくらいでした。

他人のことなんて全然見ていないんです。

でもこれは、あくまで全く見ず知らずの他人のことです。

知人、同僚、ご近所さんは彼氏や旦那さんのダサい服装を見逃してくれません。

こちらも読みたい

⇒「家事をしない夫がたまに料理するとイライラする」奥さんの負担を減らす料理のやり方

彼氏や旦那の服装がダサいとあなた自身の評価に影響する

画像出典:NAVERまとめ

「スーパーで偶然○○さんの旦那さんを見かけたんだけど全身ベージュだったわ~」

「全身ベージュ?w」

「遠くから見たら何も着てないのかと思った(笑)」

「ラクダか!ww」

「私もこの前見たよ。”chance”ってデカい字で書いてあるTシャツ着てた(笑)」

「それ着てる時点でノーチャンスだわww」

人の彼氏や旦那さんのことって気になりますよね。

でも案外イケメンとかブサメンって全然重要じゃないんです。

まず目が行くのは服装です。

センスがいいか悪いか。

よく「坂口健太郎ならダサい服でもカッコいい」とか言うじゃないですか?

あれは既にセンスが良いのがわかってるからです。

普段からカッコいいからたまに変な服でもいいのです。

少しばかりイケメンの一般人がダサい服着てたら、そのギャップで余計ディスられます。

「○○さんて、彼氏がイケメンとか言って自慢してるけど、着てる服がチョーダサいよね」

みたいに嫉妬も入りますから。

でも裏を返せば顔とか体型がイマイチでも、オシャレな着こなしさえしていれば「○○さんの旦那さんって素敵だよね。うちの旦那にも見習ってほしい。」

「あんなオシャレな彼氏ならどこでも出掛けたくなる。○○さんがうらやましい。」

と、あなた自身の評価も上がります。

それではどうしたらダサいセンスを改善できるのでしょうか?

その前に男性が独特のファッションをしてしまう理由をみてみましょう。

男性があり得ないセンスの服を着てしまう理由

画像出典:NAVERまとめ

男性が変な服を着てしまう理由は大きく分けて2つあります。

まず一つ目がそもそも着るものにこだわりがない、服装に興味がない場合です。

そういう男性は何か身につけてさえいればそれで良しと考えます。

カラー、デザイン、サイズ感、全体のバランスなんて全く気になりません。

暑ければ半袖、寒ければ長袖。

裸じゃなければそれでOKです。

カットソーとグンゼの肌着の区別もつきませんし、デニムとスラックスの違いなんてわかるはずもありません。

次に二つ目の理由ですが、服装にこだわりを持っているがセンスが独特というケースです。

こちらは少々厄介です。

自分ではオシャレをしていると勘違いしているので、彼女や奥さんが口出しすると「お前センスないからな」と逆切れします。

また、こういう人は行きつけのショップがあります。

お店の人はとにかく売れればいいので「私は全然ありだと思います」「こういうのも着こなしちゃうんだ」とか適当に合わせます。

本心では「全然なしでしょ」「こんな服誰も着こなせねぇ~」と思いながらも止めてくれません。

[ad]

彼氏や旦那の変な服装をやめさせカッコよくする方法

画像出典:NAVERまとめ

服装に無頓着なケースは比較的簡単です。

彼女や奥さんが一緒に服を選んであげればいいだけです。

はじめはあなたの意見を聞いてくれないかもしれませんが照れているだけです。

試着させて「それ似合う」「カッコいい」と何度も誉めていればその気になります。

ただし、とりあえずユニクロを着せておけばマシになるだろうという考えは間違っています。

ユニクロは万人向けにアバウトなシルエットとサイズ感になっていて、よほどスタイルの良いモデルでない限り「ボヤ~っとした」感じになってしまいます。

確かに今までよりはマシになるかもしれませんが、洋服を着こなすことに慣れていない男性が着ると、

”すっげーダサい”⇒”やっぱりダサい”になるだけです。

それからユニクロだとコーディネートのバリエーションがありません。

似たような色・デザインばかり選びがちになり、その結果スティーブ・ジョブズのようにいつも同じ格好になります。

画像出典:Wikipedia

スティーブ・ジョブズは選択する時間が勿体ない、決断疲れを減らすためにあえて同じ服を着ていました。

彼のように並外れた才能を持っているならそれもありでしょう。

でも一般人が同じことをやったら「着替えをしないきったない人」です。

そんな風にならない為に一緒にセレクトショップに行ってコーディネートを何種類か考えてあげましょう。

でも注意点があります。

男性は女性のように時間をかけて買い物を楽しむという概念がありません。

「こっちもいいね」「やっぱりこっちかな」と、迷うのが苦痛です。

そのうち「もういい。いらない」となってしまいます。

これでは「せっかく一緒に選んであげてるのにその態度何なの!」と、2人の雰囲気が最悪になるなんてことも。

そんな事態に陥らないために、あらかじめコーディネートされた洋服を買うことができるメンズファッション通販サービスがおすすめです。

中でも人気があるのがメンズファッションプラスメンズスタイル、そしてジギーズショップの3つです。

特にメンズファッションプラスでは女子目線のコーディネートを1クリックでまとめて購入できるマネキン買い機能が好評です。

20代・30代の社会人向けとなっていますが、スッキリ爽やかなアイテムが中心なので40代の方でも全然OK。

通販なので、スタッフのセールストークで似合わない服を押し付けられることもありません。

自宅でくつろぎながら、一緒にのんびり選ぶことができます。

またメンズファッションプラスでは、30日間いつでも、どんな理由でも返送時の送料のみで交換可能です。

サイズが合わなかったり、実際に着たらイメージが違ったという時でも交換できるので安心ですよね。

ジギーズショップは幅広い世代に対応していてかなりリーズナブルなのが特徴です。

「えーっ、こんなの全然カッコよくないんだけど。普通過ぎるし」と思ったあなた。

確かにそうです。

ぶっちゃけメンズファッションの通販はありきたりで、たいしてオシャレではないです。

でも男性のオシャレってかなり難易度が高いんです。

女性のように良いお手本があんまりありませんし、選べるバリエーションも少ないです。

ですので、まずは無難で普通の恰好をしてもらうことから始めるのが大切です。

服のセンスのクセが強い男性は厄介

服装にこだわりを持っているがセンスが独特という男性を矯正するのはとても大変です。

洋服に関する知識があって、自分の価値観が全て正しいと信じているので、あなたがアドバイスをすればすぐキレます。

まずは否定するのを我慢して共感してあげましょう。

「やっぱセンスあるよね~」「オシャレも才能だよね~」

間違っても「センス無さ過ぎ!」「毎回変な服買ってこれるのってある意味才能だわ」とか言っちゃだめです。

男は単純なので褒められれば「なんだ、よくわかってるじゃん」て感じになってきます。

そうすると少しずつあなたの意見も聞いてくれるようになります。

そして偶然にも少しマシな服を買ってきた時には精一杯褒めましょう。

「その雰囲気好きだよ。カッコいい」とか言って。

そういう小さい努力を積み重ねることで少しずつ方向性を修正していきましょう。

彼氏や旦那の服がださい時の対処方法のまとめ

画像出典:NAVERまとめ

  • 赤の他人の服装には誰も興味がない
  • しかしあなたの友人は彼氏や旦那のダサい服装を見逃さない
  • 一緒に買い物に行くと揉める可能性が高い
  • 通販サイトならあらかじめコーディネートされたものを買えるので便利
  • 昔のプロ野球選手の私服はヤバい
  • 政治家の私服もヤバめ

最後までありがとうございました。

こちらも合わせてご覧ください

⇒何着てもダサい男がどんな服でも着こなす方法。ココを直してモテ男になれ!

⇒「家事をしない夫がたまに料理するとイライラする」奥さんの負担を減らす料理のやり方

⇒「家事をやりたくない」のは当たり前。なんでそんなに家事をするの?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ