「寂しい、助けて」寂しくて辛い時の対処法、苦しさが消えるマインドセット

寂しそうにコーヒーを飲む女性

寂しくて胸が押しつぶされそうになる。

寂しくて不安が襲ってくる。

そんなことってありますよね。

一人で家にいる時。

メールをしても返信がない時。

SNSで友達が楽しそうにしているのを見た時。

会いたい人に会えない時。

夫や子供と一緒にいても心が満たされないことに気づいた時。

そんな時あなたはどうしていますか?

ただじっと耐える。

もう1度メールしようか迷ってずっとスマホを握りしめる。

用もないけど暇そうな知り合いに電話する。

布団にもぐってイヤホンで音楽を聴く。

暗い部屋でもんもんとしながら映画やドラマを観る。

それで寂しさがやわらげばいいですが、結局苦しいままですよね?

寂しさを紛らわすことも大切ですが、寂しい辛さや苦しさを無くすことができればいいですよね?

そもそも寂しい気持ちって何なんでしょうか?

そこで今回は寂しい気持ちの正体と、辛い気持を対処する方法をお教えします。

これを読むことで寂しい苦しさから解放され、心が満たされるようになります。

今までよりずっと前向きに生きていけますよ。

どうして寂しくなるの?理由がなくても寂しくなるのは?

スマホをチェックする女性

人はなぜ寂しさを感じるのでしょうか?

この理由は人間の本能に関係しています。

人間はもともと大自然の中で暮らしていました。

そこには野生動物がたくさんいますよね。

人間はその中でも力が弱い動物だったので、集団で立ち向かう必要があったのです。

つまり生き延びるために集団生活をしていたんですね。

もし寂しさを感じない人ばかりだったらどうでしょう?

みんなが勝手にバラバラに行動して、たちまち他の動物に襲われてしまいます。

でも一人が寂しいと感じれば自然と集団で行動できます。

逆に言えば一人だと寂しいと感じる人々が集団生活をして生き延びてきたわけです。

だから人間が一人でいると寂しくなったり、特に理由もないのに寂しい気持ちになるのは本能的なものでごく当たり前なことなのです。

「家の中で一人でいると寂しさに襲われる」

「みんなが楽しそうにしているのを見ると自分だけ取り残された気分になる」

「なんだかわからないけど、暗闇の中にいるような寂しさになる」

というのは自然な感情と言えます。

でも自然に出てくる感情でも辛くなるのは嫌ですよね。

どうして寂しいと辛くなるのでしょうか?

寂しいと辛くなるのはなぜ?

さきほども説明したように、寂しさというのは人間が生きていくためにとても重要な感情です。

「誰かと一緒にいなさい」「誰かと過ごして安心できるようにしなさい」という、言わば危険信号、ストレス信号なわけです。

ストレスがかかることによって脳内物質のバランスが変わったり、自律神経のバランスが崩れて辛くなったり苦しさを感じるということなんですね。

それとは逆にみなさんもよく知っているオキシトシンがたくさん分泌されると恐怖や不安を減らして、幸福感を感じることができます。

オキシトシンは、母親が赤ちゃんを抱っこする、恋人同士が手をつなぐなどの、心地よい触れ合いや、会話、井戸端会議などでのおしゃべりでも分泌されます。

人間が普段自然に行ってることで無意識に心のバランスを取っているわけです。

寂しくて辛くなるのはストレスがかかっている証拠です。

いつも寂しさを感じている人は心臓系の病気にかかりやすいというデータがあります。

免疫力を下げて、病気にかかりやすくなることもあるのです。

気持の問題だけでなく、体にまで影響してしまう寂しさをなくすにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

寂しさによる辛さをなくす方法

寂しそうに頭を抱える女性

今までの説明を読んで「どうして寂しくなるのか」「なんで寂しいと辛くなるのか」の理由がわかっていただけたでしょうか。

理由がわかっただけでも少し気持ちが楽になりませんか?

ここではもう少し踏み込んで、寂しいさから来る辛い気持ちをなくすための方法を説明していきます。

どういう時に寂しさを感じるのか?

ただ誰かと一緒にいるだけでは寂しい気持ちはなくなりません。

問題はその人とどのような関係を築いているかです。

精神的に満たされていること、もっとわかりやすく言えばお互いの価値観が同じかどうか、相手に自分が認められているかということが重要です。

ということは、たくさんの知り合いを作るのではなく、たった一人でもいいので分かり合える友達やパートナーを見つけることが大切になります。

本音が言えず話を合わせているだけの友達や、何となく気が合わないと感じる人間関係を無理に続ける意味はありません。

他人と比べても仕方がない

あなたが寂しい気持ちになるのは、人間の本能的なものであることを説明しましたね。

「SNSで楽しそうにしている知り合いの姿を見たらすごく寂しくなった」

「みんな充実した生活を送っているのに私だけ…」

そんな風に思っていませんか?

他人と比べて自分だけ取り残された気分になっているのではないでしょうか?

でもそれはあなたが勝手にそう思っているだけです。

そういう人達も寂しさを紛らわすためにアピールしているだけかもしれませんし、周りの人からしたら、あなたの方が充実していると思っているかもしれません。

あなたの姿を見て寂しさを感じている人もいるでしょう。

結局誰しもがそれぞれ寂しさを抱えているのです。

そしてあなたの寂しい気持ちはあなた自身が持っているもので、他人とは関係ありません。

他人と比べることに何の意味もないのです。

寂しい気持ちになるのは孤独じゃない証拠

寂しさを感じるのは、あなたの心が「あなたは孤独じゃないよ」と教えてくれているからなのです。

えっ、どういうこと?

と思われるかもしれませんね。

寂しさというのは、会いたい人のことを想い、その人との楽しい記憶を思い出した時に湧き上がる感情です。

それは恋人だったり、友達だったり、もう二度と逢えなくなってしまった人かもしれません。

強く心がつながっているからこそ強く寂しさを感じてしまいます。

つまり寂しさとは、楽しかったこと、嬉しかったこと、幸せだったこと、大切な人のぬくもり…、そこに心のつながりがあることをあなたに思い出させてくれていること。

ちゃんと心がつながった人がいる証拠なのです。

あなたの心が「あなたは孤独じゃないよ」と教えてくれているんですね。

楽しさや幸せを知っているから寂しさを感じる

楽しさを知らなければ苦しさは感じません。

喜びを知らなければ辛い気持になりません。

私たちは、人のぬくもりや心のつながりを知っているからこそ、寂しくなるのです。

だから寂しい気持が大きいあなたは、たくさんの楽しさ、幸福、ぬくもりを感じたことがある人なのです。

寂しさを消してしまう必要はない

ここまで読んでみると、「寂しい気持ち=悪い物」ではないことがわかって頂けたのではないでしょうか?

今まで寂しさを必死に紛らわそうとしたり、寂しい気持ち自体を無くそうとしていた方も考え方が変わったと思います。

そうです、

寂しさは悪いものではなく、

寂しさを感じることは充実した人生を送ってきた証拠なのです。

寂しさは、人間が生きていくために無くてはならない感情です。

心のつながりを知っているからこそ感じるものであり、また、寂しさを感じることで、大切な人のことを思い出させてくれます。

寂しさを感じるあなたは、ちゃんとぬくもりを知っています。

あなたには心が深くつながっている大切な人がいるんです。

それはすごく幸せなこと。

だから寂しさを消す必要などありません。

どうしても寂しさが気になるのなら、心の隅のほうに置けばいいのです。

隅の方に置いて、とりあえず今やるべきことを淡々とやりましょう。

やることがなければ無理にやらなくていいです。

何もしなくても時間は過ぎます。

ブレーキさえかけなければ、自然と前に進むのです。

寂しさはあなたにぬくもりや心のつながりを教えてくれています。

「あなたは一人じゃないよ」

でもどうしてもあなた一人では耐えられないときは、こちらからいつでも相談してください。

一緒に何かいい方法を考えましょう。

こんな解消法はおすすめしません

仕事に没頭する、たくさん食べる・お酒を飲む、買い物をしまくる、ゲームで大金を課金するなどの解消法は一時的には効果がありますが、依存症になることもあるので気を付けましょう。

本を読んで心が少し楽になることもありますよ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ