肥満になりやすい柴犬の理想体型と効果的なダイエット。適正体重とは?

こんにちは、柴犬のココたんです🐾

このサイトをご覧いただきありがとうございます🐕

柴犬は油断すると肥満になりやすい犬種です。

人間同様、ワンちゃんにも肥満が健康に及ぼすリスクがたくさんあります。

では何キロくらいが適正体重なのでしょうか?

犬種によって標準体重は決まっていますが、同じ柴犬でも体の大きさや、筋肉のつきかたが違います。

そのため何キロからが肥満、何キロ以下がやせ過ぎと言うのは難しいのですが、おおまかな基準を知っていることで、愛犬の健康維持に役立てることが可能です。

今回は柴犬の一般的な適正体重、理想体型の見方、効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

柴犬の標準体重、大きさ

オス

体高(足元から肩の高さ):39.5㎝(38㎝ ~ 41㎝)

体重:9㎏ ~ 11㎏ 位

メス

体高(足元から肩の高さ):36.5㎝(35㎝ ~ 38㎝)

体重:7㎏ ~ 9㎏ 位

出典元:公益社団法人日本犬保存会

タイプ別の体重、大きさ

タヌキ顔(新柴)タイプ

オス

体高:40㎝ ~ 45㎝

体重:9㎏ ~ 11㎏

メス

体高:40㎝ ~ 45㎝

体重:7㎏ ~ 9㎏

キツネ顔(縄文柴)タイプ

オス

体高:40㎝ ~ 45㎝

体重:10㎏ ~ 13㎏

メス

体高:40㎝ ~ 45㎝

体重:9㎏ ~ 11㎏

豆柴タイプ

オス

体高:30㎝ ~ 34㎝

体重:4㎏ ~ 6㎏

メス

体高:28㎝ ~ 32㎝

体重:4㎏ ~ 6㎏

子犬がどんどん太るのは大丈夫?

子犬は筋肉が少なく、水分量が多いのでぽっちゃりして見えるくらいが丁度いいと言われています。

子犬の体重については、

「子犬の成長期にどんどん体重が増えるのは当たり前」

「子犬の成長期にたくさん食べたからといって、肥満犬になったり、成犬になったときの体格が大きくなることはありません」

ということなので、子犬にはしっかり栄養を与えてあげましょう。

子犬のフードの量や回数についてはこちらをご覧ください。

→子犬に与える食事はこれでいいのかな?ドッグフードの量や回数の決め方

 あんまり大きくなって欲しくないなどと考えて、子犬の成長期にしっかり栄養を与えないと正常な発育をしなかったり、健康な成犬にならないことがあるので気をつけてください。

柴犬はだいたい1歳くらいで体の大きさの成長が止まります。
1歳頃の体型が肥満だったり、痩せすぎでなければそれをキープすればいいのですね。

柴犬の理想体型

標準体重はあくまで平均的なものです。

それぞれのワンちゃんの大きさは違いますし、筋肉量、骨密度なども異なるため、体重だけでは適正な体型は判断できません。

そこで、見た目とさわった感じで、現在の体型がどのくらいなのかがわかるボディコンディションスコアというものがあります。

この表で犬の理想体型がわかります。

ボディコンディションスコア(BCS)

画像出典元:環境省

適度なくびれが大事なんですね!

柴犬の場合毛がモフモフと膨張していてわかりずらい場合もあるので、見るだけでなく、さわって調べましょう。

【獣医さんに教えてもらった方法です】

強い力でなく、適度な押し加減で調べます。

 脇腹の辺りをなでてあばら骨(肋骨)がわかるかどうか?

 背中をなでて背骨がわかるかどうか?

 ウエスト部を押さえてくびれているかどうか?

 腰をなでて腰骨がわかるかどうか?

柴犬の肥満は危険

ぽっちゃり、まん丸顔の柴犬はなんとも愛くるしいもので、私たちを癒してくれます。

でもワンちゃんの健康を考えると、やっぱり肥満はよくないですよね。

人間と一緒で肥満のリスクはたくさんあります。

【肥満のリスク】

  • 関節への負担
  • 心臓への負担
  • 呼吸器への負担
  • 糖尿病
  • 腫瘍   など

肥満になると運動(散歩)するのが大変になって、ますます動かなくなる悪循環に。

そしてまた食べてしまう。

人間のダイエット番組でやってるやつだ。

途中、みんなでケンカするんだよね!

スポンサーリンク

効果的なダイエットのコツ

犬は自分でダイエットすることは出来ません💦

飼い主さんが気を付けて管理してあげましょう。

1)食事は愛犬に合った分量をきっちり量って与える

ドッグフードに記載された給与量は大まかな目安です。

体重や体型の変化を見ながら愛犬に合った分量に調節しましょう。

ココがかなり重要なところですが、分量の調節をするには目分量でなく、キッチンスケールで正確に量ってください。

「このくらいでいいだろう」

と毎回量が違ったり、数グラム多いだけでも、積み重なることで肥満につながります。

ここがポイント!フードの分量を調節する時は急に減らさないようにしてください。

急にご飯が少なくなるとストレスを与えてしまいます。

ワンちゃんが気付かないくらいの量を少しずつ減らしていきます。

2)おやつを与えすぎない

トレーニングやしつけの時以外で、意味もなくおやつを与えないようにしましょう。

市販のおやつには太りやすいものが多いです。

どうしてもおやつをあげたい場合は、1回にたくさんあげず、少量を分けてあげます。

たいていの飼い主さんはおやつの量が多すぎます。

ご褒美でも自分の爪先くらいの大きさ十分喜びます。

あんまりあげると価値がなくなりますもんね!

おやつをあげた分は食事量を減らして調節してください。

3)太りにくいドッグフードに変更する

小麦、とうもろこし、米、じゃがいもといった穀物が主体のドッグフードは、炭水化物が多く含まれており太りやすくなります。

以下のような太りにくいフードに変更してみましょう。

①動物性たんぱく質が豊富で筋肉量を増やし、脂肪を燃焼しやすいドッグフード

②血糖値の急激な上昇を抑える低GI食材が使われているドッグフード

③低カロリーなドッグフード

GI値が高いもの、低いもの小麦、とうもろこし、白米、じゃがいも、にんじんなどはGI値が高いです。

肉や魚、豆類、果物はGI値が低い食材です。

無理に食事量を調節するやり方は犬の体に負担がかかります。

ドッグフードを見直すことで、時間をかけて太りにくい体を作っていくようにしましょう。

→ダイエット用フードを選ぶポイントとおすすめのドッグフード

4)食事の量は変えず、回数を増やす

空腹の状態から急にたくさんの食事を摂ると、血糖値が急激に上昇したり、体がたくさんの脂肪を蓄えようとします。

通常は1日1~2回だと思いますが、1日の分量は変えずに3~4回にして空腹感を満たしてあげるのも良い方法です。

日中お仕事で家を空けている飼い主さんには自動給餌器もありますよ。




自動給餌器カリカリマシーン

1回あたり10g単位で、最大100gまでの餌の量を設定でき、1日4回まで与えることができます。

5)適度な運動をする

急に運動量を増やしてもワンちゃんの負担になるだけです。

まずは食事対策を基本として、体重が落ちてきた頃に少しずつ運動量を上げていきましょう。

運動をすることで筋肉量を増やし太りにくい体を作ります。

6)定期的に医師の診察を受ける

肥満のワンちゃんには病気が隠れているかもしれません。

定期的に検診を受けて病気の予防、早期発見につとめましょう。

飼い主さんだけでは「これくらいはいいだろう」と甘やかしてしまいがちですので、病院で時々厳しく指導をしてもらうのも大切ですね。

かと言って痩せすぎもよくない

子犬の体重のところでも少し書きましたが、痩せすぎの子犬は発育が正常にならなかったり、低血糖症状やけいれんを起こし、命の危険も。

成犬でも痩せすぎていると免疫力が低下して、病気に感染しやすくなったり、肝臓機能の低下をまねくことがあります。

また、きちんと決められた分量を食べているのに痩せていく場合は寄生虫や病気の可能性もあります。

定期的に体重や体型をチェックしておかしいと感じたらすぐに診察を受けさせましょう。

犬の肥満で寿命が縮まるかもしれない⁉

犬の肥満はあらゆる病気の原因になります。

病気になってしまったら犬は苦痛ですし、身体に負担がかかるのでその分寿命が縮まってしまうこともあります。

愛犬の体重管理をしてあげられるのは飼い主さんだけですので、ずっと元気で一緒に過ごせるように適正体重を維持していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました🐕

こちらも合わせてごらんください

⇒【柴犬の平均寿命は約15歳】愛犬の寿命を縮める原因と長生きの秘訣

⇒太りにくい体を作ろう!ダイエット用ドッグフードの選び方とおすすめ6選

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ