柴犬がどんどんわがままに!甘やかすとエスカレート!しつけは大事です

ココたん
どうも、模範的な柴犬のココたんです🐾

このサイトをご覧いただきありがとうございます🐕

我が家のココたんですが、一時期わがままが酷い状態になっていました。

ま、今でもけっこうわがまま犬ですが…

「これくらいならいいかな」と、やっちゃダメな行動を許したり、甘やかしていると、どんどんわがままになるので注意が必要です。

1.柴犬ココたん、わがままになる

見てください⤴このおそっろしい顔。

「とって食ってやろうか!」とでも言っているのでしょう。

まずはココたんのわがまま行動をまとめてみます。

ココたんのわがまま行動まとめ

・食事をしていると、わざとテーブルやイスの脚を噛んで自分に注目させようとする

(→本気では噛まない。チラチラこっちの反応を確認している。)

・キッチンに忍び込んで食べ物がないか物色する

・暇を持て余すとカーペットを噛んで自分に注意を向けさせる

(→ひとりの時は噛まない。誰かいるのに放っておかれるとやる。)

・横になってスマホをいじっていると、ボールを咥えてやってきて、そのボールを飼い主の顔面に落とす

・読書や勉強をしていると本を奪って噛みちぎろうとする

・アイスを食べていると腕にしがみついてアイスを落とそうとする

(あわよくば盗もうとする)

あれ、けっこうあるな💦

どうしてわがままになっていった?

徐々に自分の縄張りを拡大している?

振り返ってみると、夜ケージに入れなくなってからわがままが始まった気がします。

それまでは夜寝る時はケージでした。

でも冬になり段々寒さが増してきた頃から、ケージに入れると鳴きだす(吠える)ようになりました。

「寒いのかな?」くらいに思っていて、こっちも2、3日は我慢したのですが、あまりに大きな声で一晩中吠えるので結局根負け。

夜もそのままリビングで寝かせるようになっていきます。

リビング全体が自分の縄張りだと思ってるのか?!

リビングの座椅子に毛布を置いておくと、そこで眠るようになりました。

全然吠えないし、夜中に何か噛んだり、イタズラすることもないので「ま、いっか」と一件落着に。

ココたん的には

「しめしめ、要求が通ったぞ、ウヒヒ」って感じだったのかもしれません。

24時間リビングで自由に過ごせるので、「ここの部屋全部自分の縄張りだぞ」ってな具合でしょう。

縄張りの中では自分がいちばん偉いつもりなんですよ、きっと…

長期のお休みでさらにわがままに

お正月休みになると、いつもは仕事に出かけるはずの家人がずっと家にいる。

朝からずっとかまってもらえるし、

「正月だから」と、いつもはもらえないおやつを食べたりもしました。(←これは犬のせいではありません。)

そんな状況が当たり前になり、よりいっそうわがままに拍車がかかったのかも。

避妊手術後、わがままがピークに

避妊手術を受けた後、なんだか元気がなくなって…

少し臆病になった気もします。

だからちょっと甘やかしちゃったのかな?

そして気付いたらわがまま行動がピークに💦

2.柴犬は元々わがままな性格なのか?

まず言っておきます。

柴犬は他の犬種に比べて「わがまま」という訳ではありません!

ちょっと頑固で神経質な面もありますが、飼い主に忠実で賢い犬です。

ちなみに、よく本やネットの情報で「主人以外にはなつきにくく、初対面の人に対してすぐにしっぽを振って近寄っていくようなタイプの犬ではない」と書いてあるのですが、必ずしもそうとは限りません。

犬それぞれの性格があるので、人懐っこく、人見知り(犬見知りも)しない柴犬も当然いるわけですし、生育環境でも変わってきます。

確かにペット用として品種改良されてきた他の犬に比べると、野性的な面が残っており、その分自立心が強いですが、決してわがままだったり乱暴な犬はありません。

3.じゃあどうしてわがままになるの?

「かわいいな~かわいいな~」と甘やかしていると、犬は自分の方が偉いと思うようになると言いますよね。

それから、この飼い主には頼れないと感じてしまった場合には、『自分がこの家のリーダーにならなくては』とリーダーシップを発揮して、犬が自分の考えで行動するようになるとも言います。

そこまで深い意味がないとしても、野生動物は相手が自分より強いのか弱いのかを判断する能力が発達していますので、いつも甘やかしていてはすぐに見透かされます。

飼い主さんに「悪さをしてやろう」とか「困らせてやろう」と思ってわがままになっているわけではなく、犬が本来持っている本能や習性なんですね。

ココたん
それからね、犬は観察力がするどいんです。

自分だけ仲間外れにされたり、自分のことを嫌がっているとかをすぐに感じ取るんだ。

k-kun
それじゃあ安心感や信頼関係が足りない場合もわがままや乱暴行為が出てしまうことがあるんですね。
ココたん
甘やかしはダメだけど、愛情を持って犬に接することは大切だよ。

「もうどうして悪いことするの?」

「そんなことしたらダメだって!」

と腹を立てる前に、どうしてその行動をしているのかを考えてあげてね。

【ココたんの場合は?】

自分が病気でずっと家にいるので、いつでもかまってもらえる、遊びたいときに遊んでもらえると覚えてしまったようです💦

いつも一緒にいるのが当たり前で、ちょっとでも相手にしないと阻害された気分になっているのかもしれません。

4.犬のわがままを直すには?

もちろんみなさんわかっていることだと思いますが、

「甘やかし過ぎず、ダメなことはダメ、良いことは良いとめりはりを持ってしつけをする」

「最低限の世話だけでなく、遊びやお手入れ、コミュニケーションなど愛情を持って接する」というのが大切ですよね。

ココたん
今まで甘やかしてきたのに急に厳しくするのは最悪の対応なので注意してください。

「今日から厳しくなったんだ」という判断ができないので、「あれ?何があったの?どうしたの?」と混乱したり、飼い主さんに対しての信頼が無くなってしまいます。

【わがままになったココたんへの対策】

かまってちゃん傾向が強いのと、分離不安(飼い主と離れることに対して不安になる)があるので、日中ココたんを独りにする時間を少しずつ増やしていくことにしました。

ココたんは1階で過ごし、自分は2階の自室で過ごすようにしました。

はじめは不安があるのか寂しそうに吠えたり、そのうち激しく吠えることもありましたが、徐々に慣れていったようです。

【飼い主がリーダーシップをとるには】

ワンちゃんに、「家の中で主導権を持っているのは飼い主ですよ」と理解させるのに最も有効なのはリーダーウォークと言われています。

リーダーウォークのやり方はたくさん出ているので「リーダーウォーク 柴犬」などで検索してみてください。

(リーダーウォークの大まかなやり方)

飼い主より前に犬が歩こうとしたら、反対方向にリードを軽く引っ張り誘導し、必ず飼い主の横を歩かせます。(あるいは犬が前に出たら方向転換して逆方向に進みます。)

また、時々立ち止まって、犬がそのまま歩こうとしたらリードを引っ張って止める。

このような動作を上手にできるまで繰り返し、飼い主の歩くスピードに合わせて愛犬が歩き、飼い主さんが方向を変えた時も常についてくるようにします。

【特に原因がないのに攻撃的になることも】

中には原因が思い当たらないのに、愛犬が攻撃的になったり、乱暴になる場合があります。

生まれ持った性格であったり、脳の病気でそのような行動をとっている可能性もあります。

自分達で解決するのは難しいことが多いので専門家の力をかりましょう。

ココたん
「しつけが出来ていないから…」「育て方が悪かったせいで…」と、ご自分を責めずにトレーナーや動物病院に相談してくださいね。

▷【犬が飼い主を噛む理由】唸る・本気で噛むのはなぜ?しつけが悪い?

5.多少わがままでもいいかな

ココたんも根はいい子なんです。

独りの時は何かイタズラするわけでもなく、昼寝したり、窓から外を眺めたり。

それから時々おもちゃで一人遊びして、お昼寝して静かに過ごします。

夜になってみんなが揃うと嬉しくて、ついついやり過ぎちゃうパターンなんだと思います。

これは個人的な意見ですが、

他の人や動物に危害を加えたり、迷惑をかけているのでなければ、

多少はわがままでもいいのかなと思ってます。

だって親元を離れてたった独り(一匹)で知らない世界に連れてこられたんだから。

寂しいのは当たり前だよね。

たくさんかまって欲しいんだよ。

窓の外を眺めてるのを見ると「どうしたの?ホントの親のところに帰りたいの?」って思っちゃう。

それにどう頑張っても犬は人間ほど生きれない。

イタズラしたりわがままができる時間は実はそんなに長くない。

だから本当は良くないことかもだけど、

わがままな愛犬に振り回されるのもまた一興なのでは?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ