【柴犬の換毛期】こんなに抜けて大丈夫?抜け毛対策やお手入れ方法は?

柴犬は換毛期になるとビックリするくらい毛が抜けます。

「こんなに抜けていいものなの?」

「何か特別なお手入れが必要なの?」

と気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は柴犬の換毛期のこと、ブラッシングの重要性、抜け毛対策についてご紹介します。

柴犬の被毛

ワンちゃんの被毛は、大きく分けてダブルコートとシングルコートの2種類。柴犬はダブルコートです。

ダブルコートとは、皮膚を守る長くて固めの毛、「オーバーコート(上毛)」と、防寒用の短めのやわらかい毛「アンダーコート(下毛)」の二重構造のことです。

オーバーコート…地肌を雨や雪、刺激から守る

アンダーコート…体温調節、紫外線から皮膚を守る役割

柴犬の換毛期

犬は普段から新陳代謝によって毛がはえかわっています。柴犬は1年に2回、春と秋に換毛期と呼ばれる抜け毛が多い期間があります。

  • 春の換毛期⇒冬毛から夏毛へ生え換わる期間
  • 秋の換毛期⇒夏毛から冬毛へ生え換わる期間

秋には冬の寒さに備えてモフモフのアンダーコートが生えて、春から夏にかけてアンダーコートを脱ぎすてるという感じです。

人間で言うとマフラーやコートなどの防寒着ですな。

こんなに抜けるの?柴犬の抜け毛の量

柴犬の春の換毛期はとにかく毛が抜けます。毎日掃除機をかけてもケージの周り、部屋の中に毛のかたまりがコロコロなんてことも。

ブラッシングをするとブラシにごっそりと毛が取れてビビります。

抜けた毛を集めたらもう一匹柴犬になりそうです。

また、柴犬は全身の毛が一気に生え変わるわけではなく、背中の毛がごっそり抜けたと思ったら今度はおなか、というように、部位ごとに抜ける時期が違います。

そのため所々でボコボコした部分ができますがそれが一般的なので焦らなくて大丈夫です。

換毛期のお手入れ

普段からブラッシングは大切なお手入れですが、換毛期のブラッシングは特に重要です。

アンダーコートは、抜けた毛が体に残ることがあり、抜けたアンダーコートをそのままにしておくと、皮膚の新陳代謝や通気性が悪くなるおそれがあります。

毎日ブラッシングして、皮膚の健康を保ってあげてください。

→換毛期だけじゃない!犬のブラッシング方法とおすすめアイテム

日頃のブラッシングには獣毛ブラシもおすすめです。

ブラッシング

柴犬は部位ごとに抜ける時期が違います。

抜けやすくなった部分はアンダーコート(やわらかい毛)が浮いてきますので、そこを中心にブラッシングしてください。

まだアンダーコートが残っているからといって無理に抜いてはいけません。

そのうち浮いてくるので待ちましょう!

浮いてきたアンダーコートをスリッカーブラシやラバーブラシで除去し、その後コームを通して整えます。

 ココたん自分でブラッシング(しません)

 スリッカーブラシ

 コーム

スリッカーブラシに絡みついた毛は、コームで簡単に取れますよ

犬をブラッシングする時の注意点

具体的なブラッシングの方法は

換毛期だけじゃない!犬のブラッシング方法とおすすめアイテム5選

で説明しています。

ここではそれ以外の注意点を挙げています。

屋外でブラッシングする時は、抜けた毛を入れる袋を用意しましょう

風で毛のかたまりがとんでいって、ご近所さんに迷惑がかかったり揉める場合があります。

カーペットや服に毛がつくと取れにくいです

 

洋服の毛はミニコロコロが取りやすです。

カーペットについた毛はコロコロでも掃除機でも取りにくいので、上の写真のココたんが加えているような毛取りグッズやスリッカーブラシを使って取ります。

掃除機や洗濯機をぶっ壊さないように

抜け毛を吸った掃除機(特にサイクロン型)、毛のついた服を洗う洗濯機はマメにお手入れしましょう。

服の毛を落としてから洗濯機にかけないと壊れやすくなります。

知り合いで壊れた人がいます。

まとめ

換毛期の柴犬は抜け毛が多くお掃除やブラッシングが大変。

でも毛をカットする必要がなく、お手入れは定期的なシャンプーやブラッシングだけで済むんだからある意味楽ですね。

はじめは嫌がるかもしれませんが、仔犬の頃からブラシに慣れるようにしておくとスムーズです。

ブラッシングをしながら健康状態のチェックをしてあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする


ページトップ