【犬のお散歩デビュー】デビューの時期・流れ、必要な物や注意すること

犬を飼い始めて少し慣れてきたら、今度はお散歩に連れて行ってあげたくなりますよね。

ところで子犬の散歩っていつからはじめたらいいのでしょうか?

散歩に必要なものや注意することって何でしょうか?

ココたん
お散歩デビューを控えたみなさんにココたんがわかりやすく説明していきますね。

お散歩デビューのタイミングはいつ?

「犬の散歩はワクチンプログラムが終わって1~2週間後に開始しましょう」

たいていの場合、ワクチンを打つ時このように説明されると思います。

飼い方の本や、ネットでもそのように書いてあります。ワクチンは2~3回打ちますので、ワクチンプログラムが終わるのは生後4ヶ月位ということになります。

我が家のココたんは 3月10日生まれ

3回目のワクチンは 7月5日

その時にお医者さんから「1週間後から散歩解禁です」と言われたので

散歩デビューは 7月12日

だいたいマニュアル通りですな~ 良かった、良かった

ところがです!

こんなことが書いてありました

「子犬の社会化に最も大切なのは生後1~3ヶ月頃の社会化期です」

ココたん
社会化?授業?

→子犬の社会化って何?どんなことをすればいいの?

さらにこんなことも

「犬の性格は社会化期で決まる」「社会化がうまくいかなかった犬は過度の恐怖心を持ち、臆病になったり、その逆で攻撃的になることもある」

そんなの聞いてないよ~

じゃあどうすればいいの

「ワクチンが終わってないからといって家の中に閉じこもっているのではなく、家の周りを抱っこ散歩して、色んな年代の人、色んな格好をした人(帽子とか)を積極的に見せてあげましょう。少しずつ車や工事現場の大きな音を聞かせたりして外の世界に慣らしていきます。感染を防ぐため、草むらに入ったり、地面を歩かせたり、他の犬と接触することは避けてください。」

そうだったんだ。ごめんよココたん。抱っこ散歩なんて言葉はじめて聞いた。そんなことしてあげなかったね。無知なk-kunを許してください。

ちなみに

社会化期を過ぎてしまってからといって、もう社会性が身につかないという訳ではないそうです。

第2の社会化期(生後3ヶ月~1年頃まで)の間は身体的にも精神的にもずっと成長を続けるので、自分の足で歩きながら色んなものを見て、聴いて、鼻をクンクンしながら学習していくんだって。

ココたん良かったね~

お散歩デビューまでの正しい流れ

【生後1~3ヶ月頃でワクチンが終了していない時期は抱っこ散歩】

期衛生的な場所で抱っこをして散歩させる。色んな人や犬に合って徐々に慣れさせる。外界の色んな刺激(音、声、におい等)をストレスのない程度に感じさせる。ただし感染を防ぐため、犬や人との直接の接触は避ける。草むらに入ったり、地面を歩かせたりしない。また、この時期から首輪とリードもつけて慣れさせておくとよい。

【ワクチンが終了して1~2週後に本格デビュー】

はじめは車通りが激しい道や、人・犬が多い所は避けて、散歩=こわいとならないようにする。暑さ、寒さに気をつける。特に夏場は地面が焼けるような熱さ。肉球をやけどしないように注意する。

もし家の周りが人通り、車の通りの多い所だったら、一度安全な場所まで車で移動してから散歩するといいですね。

車に乗せる時はキャリーケースに入れて安全に移動しましょう。

→機能的でカラーも可愛いい!リッチェル キャリーケースのレビュー

お散歩デビューに必要な道具・便利なグッズ

・首輪かハーネス(胴輪)

首や気管が弱い場合はハーネスがいいと思います。

ココたんも首の保護の為にハーネスにしようかと思ってますが、周りの方には「しつけの為には首輪がいいけど、ハーネスも捨てがたい」とアドバイスされ迷っています。

(追記)

現在はハーネスを使っています。

首輪もかわいいのですが、自分はハーネスのほうが安心感があって使いやすいです。

→可愛くて使いやすい!ソフティハーネス(ラメチェック)のレビュー

・リード

伸縮するタイプもありますが、ココたんは伸ばしたら帰ってきそうにないので一般的なものを使っています。

名前を読んだらすぐ来てくれるようになったら買いますよ。

一般道を散歩する時は危険なので伸縮タイプは使わないようにしましょう。

※現在は普段の散歩は通常の綱タイプ、広場や公園などでは伸縮リードと使いわけています。

→初めて犬を飼う方におすすめ!AROVA巻き取り式伸縮リードのレビュー

・ビニール袋とトイレットペ―パー

排泄物を入れる時に使います。

トイレットペーパーで包んで、ビニールに入れます。

一体化していてそのままトイレに流せる便利グッズも売っています。

・ペットボトルの水

暑い時期の水分補給に必要です。

・お散歩バッグ

お散歩グッズを持ち歩くためのバッグです。

おしゃれな専用品が売っていますが自分は100均で買ったお弁当入れで代用💦

ジッパーがついているので、フタをしめれば臭いもある程度防げます。

 ←100均で購入

・ライト

夜間は危ないので光るものが必要です。

また、排泄物を見失うこともあるので照らせるライトを準備しましょう。

ただし、飼い主さんだけ光っていても犬を連れているのが見えない場合が多いです。

光るリード、首輪・リードにつけるLEDなどもありますのでワンちゃんの安全を確保できるようにしましょう。

→簡単充電式で夜散歩も安心!LaRoo Ledで光る首輪のレビュー

・その他

当たり前ですが…スマホや携帯電話はあったほうがいいですよね。

散歩で注意すること

みんなが犬好きではない

ココたんを散歩していると「かわいいね~」と声をかけてくれたり、そばに寄ってきてワシャワシャ撫でてくれる方がいます。そういうのはとても嬉しいものです。

でもみんなが犬好きではありません。というか、犬が嫌い・怖い、近づいてきて欲しくない人もいます。人や自転車、車とすれ違う時には特に注意しましょう。

排泄のマナー

排泄物を持ち帰るのは当たり前ですが、他の人の家の前や壁で排泄させるのもマナー違反です。やっぱり家の前に排泄の跡があったら嫌ですよね。

ペットが入れない公園がある

広くて散歩にちょうど良さそうな公園でもペット禁止の場合があります。公園の中の一部エリアだけ禁止ということもあるので、入り口の看板などで確認しましょう。ココたんとたまに行く公園では、「ペットの散歩は管理室に声をかけてください」と書いてあります。

その他こんなお散歩はダメ‼

⇒こんな犬の散歩は良くない

散歩は徐々に慣らしていきましょう

お散歩デビューは犬も飼い主さんも緊張します。はじめのうちは怖がったり、思うように歩いてくれなかったり…

ワンちゃんの性格によってすぐに慣れる子もいれば、ずっと臆病な子もいます。

うちのココたんも、車が走ってくる様子や、大きな音を過剰に怖がってましたけど、安全な場所で見たり聴いたりすることからはじめたら慣れてくれました。

ワンちゃんが散歩が怖いものと認識してしまうのが一番良くないので、無理に歩かせるのではなく外界に慣れることが大切です。

ココたん
焦らず慌てず、ゆっくり時間をかけて慣れていこうね。

慣れてきたら一緒に色んな所に行けるよ。

くれぐれも安全に楽しんでください!

このページでご不明な点がありましたら、下のコメント欄かお問合わせフォームから質問をしてください。

最後まで読んでくれてありがとうございました🐕

こちらも合わせてご覧ください

⇒毎年必要?犬を飼うときに必要な予防接種・ワクチン、届け出とは?

スポンサーリンク

シェアする


ページトップ