シビれスティックカラムーチョ椒辣辛味噌の読み方はジャオラーシンミソ!

ココたん
どうも、ココたんです🐾

このサイトをご覧いただきありがとうございます🐕

今回は湖池屋シビれスティックカラムーチョ椒辣辛味噌のレビューをお送りします。

近頃「シビ旨」というシビれる辛さが流行っているのか、お菓子コーナーでも山椒味の商品がいくつも並んでいました。

湖池屋のシビれスティックカラムーチョと味を比べるために、Yamayoshi(山芳製菓)の辛くてシビれる!担々麺味も一緒にレビューします。

シビれスティックカラムーチョ椒辣辛味噌

パッケージは難しい漢字だらけです。

椒辣辛味噌は“ジャオラーシンミソ”と読むそうです。

花椒はホワジャオと読みます。

もうわけがわかりません。

日本でお馴染みの山椒に比べると花椒は強烈な痺れるような辛みが特徴らしいです。

裏面には味の説明がありますが、ちょっと何言ってるかよくわかりません。

中身はこちらです。全然赤くないです。

いわゆる辛い味噌の香りで美味しそう。

パウダーがたっぷりかかっている感じでもありません。

一口食べてみましたがあんまり辛くありません。

スパイスの香りが効いていてすごく美味しいです。

上の写真の量をパクパクと食べてしばらくすると「やっぱ辛い」。

そして急に舌がビリビリしてきました。

後からシビれるタイプなんですね。

でも苦痛な程のシビれ方ではありません。

シビれだけでなく、辛み・旨味・香りが適度にバランスされていて美味しいと思いました。

前に食べたカラムーチョSTRONGダークホットチリ味は辛すぎて、2、3枚で「もういらない」となりましたが、シビれスティックカラムーチョ椒辣辛味噌はもっと食べたくなります。

(追記)

後から食べた時は結構辛くて舌がビリビリシビれました。

かなり刺激的な辛さとシビれです。

でもただ刺激があるだけでなく、コクや旨みが感じられて美味しいです。

スポンサーリンク


Yamayoshi(山芳製菓) 辛くてシビれる!担々麺味

さてもう一つのシビれるお菓子、辛くてシビれる!担々麺味です。

公式サイトには

唐辛子の辛さに加えて、花椒の風味と辛さを特徴としており、さらに担々麺のスープの旨みが後を引きます。

と書いてありました。

出たな花椒。

さらに

辛いものが特に好きな方でなくてもおいしく食べていただけます。

とのこと。

見た目はたいして赤くなく普通のポテチみたい。

食べてみると確かに担々麺っぽい味です。

辛さはかなりマイルド。

むしろ甘い気が…

いや気のせいでした。

肝心のシビれる感じはあまりありません。

湖池屋シビれスティックカラムーチョ椒辣辛味噌のシビれ感を10とすると、

Yamayoshi 辛くてシビれる!担々麺味は2〜3です。

ソフトシビれです。

でも味噌の風味はしっかりしていて美味しいです。

何枚も続けて食べれます。

パッケージと名前で辛そうなイメージですが、辛いのが苦手な方や小さいお子さん、おじいちゃん、おばあちゃんでも平気でしょう。

(追記)

まったくシビれない訳ではありません。

さすがにバクバク食べると辛さやシビれが蓄積します。

ココたん
最後までご覧いただきありがとうございました🐕

こちらもあわせてどうぞ

彼氏や旦那の服がダサい。ユニクロGUは危険!マネキン買いでカッコよくする方法



スポンサーリンク



ページトップ