ドッグフードに書いてある総合栄養食、AAFCO基準とは?

ココたん
どうも、ココたんです🐾

このサイトをご覧いただきありがとうございます。

ドッグフードのパッケージによく表記してある総合栄養食、AAFCO基準。

これは一体どういったものなのでしょうか?

総合栄養食、AFFCO基準とは?

総合栄養食とはペットフード公正取引協議会が定めたもので、以下のように定義されています。

犬や猫が必要とする栄養基準を満たした、「毎日の主要な食事」として与えるためのフードです。新鮮な水と一緒に与えるだけで、それぞれの成長段階における健康を維持することができるように、理想的な栄養素がバランスよく調製されています。

ドッグフードのパッケージに「総合栄養食」と表記するためにはペットフード公正取引協議会の定める分析試験か給与試験の基準を満たさなければなりません。

ペットフード公正取引協議会では、総合栄養食を証明する基準として、AAFCO(全米飼料検査官協会)の分析試験、給与試験を採用しています。

つまり、AFFCO(全米飼料検査官協会)が作った基準を満たしているドッグフードは、ペットフード公正取引協議会から「このドッグフードは総合栄養食です」とお墨付きがもらえるというわけですね。

ちなみにAFFCO(全米飼料検査官協会)とは、ペットフードの栄養基準、原材料、ラベル表示などに関するガイドラインを作っている組織です。

あくまでも基準を決めている機関であって、AFFCOが検査を行ったり、認定や承認を行うわけではありません。

AFFCO基準を満たしていても品質の保証にはならない

AFFCO基準はあくまでもデータ上の数値でしかありません。

例えば原材料に殆ど栄養のない穀物や肉、粗悪な油脂を使用しても、後から人工添加物やビタミン類を加えることでAFFCO基準を満たすことが可能です。

ココたん
総合栄養食、AFFCO基準を満たしている製品だからといって高品質とは限らないんだね。

総合栄養食、AFFCO基準の明記がなくても品質が高いドッグフードはたくさんある

先ほど説明したように、総合栄養食はペットフード公正取引協議会が定めて許可を出すものですので、ペットフード公正取引協議会に加入していないメーカーにとっては正直どうでもよいものです。

本当に犬の健康を考えているメーカーはAFFCO基準よりも適切な栄養素を考えて、良質な原材料を使用し、こだわりの独自の製法でドッグフードを作っています。

ココたん
自分たちの作っているドッグフードに自信があるから、AFFCO基準を十分に満たしていたとしてもあえてそのような表記をする必要もないのですね。

まとめ

・総合栄養食、AFFCO基準を満たしていることと、品質とは全く関係がない

・逆に総合栄養食、AFFCO基準の表記がなくても高品質なドッグフードはたくさんある

ココたん
やっぱり重要なのは使われている原材料ですね。

このサイトでは原材料についてもまとめていますのでご参考にしてください。

See you !

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ