「死んだ犬に謝りたい」愛犬を喪った悲しみと後悔で苦しんでいる方へ

崖の上にいる犬と飼い主

「なんでもっと早く病院に連れて行かなかったのか…」

「どうしてあんなに怒鳴ってしまったのだろう」

「こんなことならもっと優しくしてあげればよかった」

愛犬を喪ってから愛おしさが増し、後悔の想いで苦しんでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

犬が元気な時はそこにいるのが当たり前で、すり寄って来ても撫でることもせず「あっちに行ってて」と冷たくあしらったり、自分のイライラを犬にぶつけてしまうこともあったでしょう。

そんなことがあっても、いつでも尻尾を振って嬉しそうにあなたを迎えてくれたはずです。

それなのに、どうしてもっと大事にしてあげなかったのか…

この気持ちは愛する存在を亡くしてから抱く後悔で、とても辛く苦しいものですが、犬のことを本当に愛していなければ抱くことができない感情です。

そして後悔しているのはあなただけではないのです。

亡くなった犬に謝りたい方へ

こちらを見上げる子犬

誰でも犬とのお別れが突然やってくるとは思っていません。

まさか、これが最後のお別れになるとは思わないので「ちょっと疲れただけだろう」、「明日まで様子をみよう」と、自分の仕事や都合を優先してしまいます。

後から振り返れば「そういえばいつもと様子が違った」「何か訴えかけていた気がする」と思い当たることがあったのに、取り返しがつかないことをしてしまった…

そんな後悔の想いで胸が押しつぶされるように苦しんだことでしょう。

でも人間と犬達とでは簡単に会話することはできません。

「あの時どうしてほしかったのだろう?」「何を伝えたかったのか?」

言葉をかわすことができないからこそ、余計にもどかしく、胸が苦しくなるのです。

柴犬と飼い主

犬は最後まで生きることを諦めません。

最後まで飼い主のことを想い、そばにいたいと願います。

病気でどんなに苦しくても「必ず良くなって、また一緒に遊んでもらいたい」と思うのです。

例え病院で最期を迎えてしまったとしても、最後の一瞬まで「元気になって飼い主の家に帰るんだ」と信じていたはずです。

そして犬はあなたのことを恨んだりしません。

あなたと出逢い、可愛い名前をつけてもらい、家族にしてもらった。

それだけで十分幸せだと思っています。

犬は命が長くても短くても、飼い主を愛し、飼い主に愛されることだけを考えます。

あなたに会いたくてこの世に生まれ、世界で一番好きなあなたに飼ってもらえた。

それだけで十分なのです。

だから決してあなたを恨むことなどありません。

「今までありがとう、あなたに育てられて幸せだったよ」言っているはずです。

砂浜で遊ぶ犬と青年

あなたと犬が一緒に過ごした日々は時間の長さに関係なく、何物にも代えがたい幸せがあったと思います。

それはあなたの人生そのものと言っても過言ではなく、それが犬の死によって無くなってしまうことはないのです。

あなたに会いたくて、あなたと出会うために命の時間を授かりこの世にやってきた犬達は、旅立ち、命の形が変わってからも、ずっとあなたを見守っています。

あなたのことを愛し、気遣い、そして心配しています。

ですからそんなに自分を責めないでください。

私たち人間は誰でも未熟で、わがままで、間違ってしまうことばかりです。

無償の愛を与えてくれる犬達にさえ、自分勝手なふるまいをしてしまいます。

だからこそ強い後悔の念にさいなまれるのです。

でも犬達は、あなたを苦しませるために亡くなったわけではありません。

あなたと一緒にいることが幸せだったから、

あなたのことが大好きだったから最後の最後まで側にいてくれたのです。

もちろん自分の至らなかったことを謝るのは間違っていません。

ですが、あなたのことを愛してくれた犬達には、感謝を伝えるほうがいいのではないでしょうか。

そしてどれだけ犬のことを大切に思っていたかを伝えてあげてはいかがでしょうか。

「わたしのところにきてくれてありがとう、本当に幸せだったよ。」

「あなた(犬)のことを世界で一番大切に想っていたよ。私にとってかけがえのない存在だったよ。ありがとう。」

愛犬を喪えば誰でも後悔する

海を散歩する少年と犬

「なんでもっと早く気付いてあげられなかったのか」

「私が間違った選択をしたばっかりに…」

というように、愛する犬との別れでは、必ずといっていいほど後悔や罪悪感で苦しんでしまいます。

ですが、いくら早く病院に連れて行ったからといって、必ずしも救われたわけでもありませんし、別の選択をしていたとしても、結局私たち人間は後悔するものなのです。

それは、出来るだけのことをしてあげたいという、相手を思いやる気持ちがあるからこそのもので、今も変わらず犬のことを愛しているから抱く感情です。

その時は精一杯考えての決断だったにもかかわらず、その結果が望んでいたものと違っていたため、他の選択肢が良かったのではないか?という後悔です。

それでも、あなたがその時に選んだ道は間違いではありません。

あなたはその時愛犬のことを思いやり、今できることを精一杯考えて選択したはずです。

その決断にはちゃんと愛があるので間違いではないのです。

こちらに向かってくる柴犬

後から考えてみれば、できることは他にもあったかもしれませんが、それはあくまで後になってのことであり、その時できたことではありません。

仮にその時もっとできることがあったとしても、「これが最後の別れになる」とは思ってもいなかったのですから仕方ありません。

そして犬達はあなたがどんな想いでその選択をしてくれたのかよくわかっています。

自分のことを心配してくれたこと、苦しさや痛みをなくしてあげたいと願っていたこと、必ず良くなって欲しいと祈っていたこと、犬達は全てわかっていたのです。

犬達はいつか訪れる「お別れ」のことを、あなたと出会う前から知っています。

だからこそ絶対後悔しないように、毎日を精一杯生きようとします。

大好きなあなたの側で、あなたに可愛がられ、そしてあなたを幸せにしようと、その日その日を一生懸命生きるのです。

ですのであなたと別れる悲しみよりも、あなたに出会えた幸せに包まれて旅立っていきました。

決してあなたを悲しませよう、苦しませようと別れたのではありません。

犬達はあなたと出会えたことに感謝し、そしてまた会えることを楽しみにしています。

だからいつまでも後悔しなくて大丈夫です。

でも悲しさ、苦しさ、寂しさを無理に我慢しなくてもいいです。

泣きたいときは泣いて、寂しくなったら愛犬のことを思い出してください。

時間はかかってもいいので、大好きな愛犬に感謝の気持ちを伝えられるようになればいいんです。

あの子はいつでもあなたのことを見守っていてくれますよ。

ペットロスで苦しい想いをしている方へ

森の中の少年と犬

このページをご覧になっている方の中には、ペットロスを抱えている人もいらっしゃるでしょう。

ペットは大切な家族なので何年経っても忘れることはできませんよね。

ペットを喪った悲しみはなかなか消えませんが、辛い気持ちを誰かに話したり、本を読むことで少しばかり気が楽になることもあります。

寂しさや悲しさをどうすればいいのかわからず困っているなど、何かご相談がある方はコメント欄かお問合わせフォームよりご連絡ください。

~ペットロスを癒してくれた本~

~ペットロス関連の記事~

・辛すぎるペットロスの乗り越え方。愛する者を喪った悲しみが癒える過程

・犬は死んだらどこに行くのか?天国は遠いところではなく心の中にある

・「犬が死んだ…悲しい…」なぜ愛犬の死はこんなにも苦しいのでしょうか

・亡くなった犬の気持ち。あの子はどんなことを思っていたのか?

・亡くなった犬に会いたいと思っている方へ。亡くなった愛犬に会う方法

・【犬の生まれ変わりの実例】もう一度会いたい、また一緒に暮らしたい

・人間は死後平均4年5ヶ月で生まれ変わる。犬はもっと早く生まれ変わる?

・【大切な家族やペットを亡くしたあなたへ】天国からのメッセージ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. COCO より:

    ありがとう・・・救われました。

    • k-kun より:

      あなたに感謝して、
      大好きなあなたと再会できるのを楽しみにしていると思います。


ページトップ