職場で悪口ばかり言う人の心理。悪口や陰口を言われた時の対処法

悪口を言われて耳を塞ぐ女性

あなたの職場には他人の悪口ばかり言っている人っていませんか?

休み時間、仕事中を問わず、その場にいない人の悪口を言って、周りもそれを楽しんで盛り上がるなんてことをよく目にするのではないでしょうか?

そんな話を聞かされるだけで不快になりますし、「もしかしたら自分も陰口を言われてるのでは?」と不安になる人もいると思います。

結論から申し上げますと、他人の悪口や陰口を言う人やそれを聞いて盛り上がれる人はただの暇人です。自分の仕事やプライベートが充実していない寂しい人間です。

そういう人は相手にするだけ時間の無駄なのですが、いくら自分が関わりたくなくても目の前でそんな話をされたら自然と耳に入ってきますよね。

とても残念なのですが、そういう人が同じ職場にいる時点であなたには相当なストレスがかかっています

しかもあなた自身が悪口の対象になった場合には、そのストレスはさらに深刻なものとなり、あなたの心や体をむしばみます

そんな最悪な状況にならない為には、悪口ばかり言う人の心理をもう少し踏み込んで理解する必要があります。

その心理が解れば、気持ちに余裕を持って対処ができるようになります。

このページに書かれている「悪口を言う人の本当の心理」と「あなたが悪口を言われた時の対処法」を読んで、職場にいる有害な人達のストレスから解放されましょう。

悪口を言う人の本当の心理

陰で悪口を言う人形

普通に考えたら悪口を言えば周りからの信頼を失ったり評価を落とすことにもなります。

それでも悪口ばかり言っている人の心理状態はどうなっているのでしょうか?

自分に自信がない

他人の悪口を言うという行為は基本的に自信のなさからきています。

自信がないから相手の評判を落として自分の立場を優位にしたり、共通の敵を作って自分の仲間を作ろうとするのです。

自分と他人を比べたがる

本来自分と他人を比べることには意味がありません。価値観も持っている能力の種類も人それぞれで違います。

それでも会社では仕事に対して一定の価値基準で評価が下される場所です。悪口によって相手の評価が下がれば、自分の方が優位に立つことができます。

他人と比べて負けている部分があると感じた時に、悪口を言ってでも相手に勝とうとするのです。

プライドが高い

悪口を言う人はプライドが髙いです。

他の人の方が良い仕事をしたことでプライドが傷つき、何とか相手の評価を下げようとして悪口を言います。

いわゆる逆恨み的な攻撃で、周りから信頼されている人でも攻撃対象になります。

そんなことをしたら自分の評価がどんどん下がることに気付いていません。

適当に話を合わせている取り巻きの様子をみて「私の考えは間違ってない」と勘違いしています。

嫉妬している

悪口ばかり言う人は相手に対して強い嫉妬心を抱いています。

簡単に言えばその人がうらやましいだけなのです。

冒頭でも書きましたが、こういう人は仕事もプライベートも充実していません。

どうしたら充実できるのか解らないので、自分がステップアップするよりも相手の評価を落とすことを考えます。

でも悪口を言ったところでうらやましい気持ちが満たされるわけではないでので、ある意味可哀そうな人と言えます。

友達が少ない

悪口を言う人は友達が少ないです。

すぐに誰かの悪口を言うような人に心を許す人はいませんよね。

それでも淋しがり屋の面を持っているので、自分の悪口に賛同してくれる仲間を作ろうとして、さらに悪口を言いまくります。

本人は悪循環になっていることに気付いていません。

ストレスが溜まっている

悪口を言う人は精神的に充実していないのでいつもストレスが溜まっています。

ストレスのはけ口として自分よりも弱い立場の人や、反撃してこない人に悪口を言うのです。

深い意味はないので悪口を言いやすい特定の人がターゲットになります。

しかもストレスの原因は本人にあるので悪口を言ったところで解消されません。

そのため習慣的にずっと悪口を言い続けます。

相手の気持ちを考えられない

悪口を言う人は相手の人の身になって考えることができません。

そもそも自分が悪口を言われるとは思っていないおめでたい性格ですし、悪口を言われとどんなに辛いか想像する能力がないのです。

知的レベルでの問題もあると思われます。

スポンサーリンク

悪口を言う人とうまく付き合っていく方法

方法を考える女性

悪口を言う人には近づかないのが一番ですが、仕事をしていく上では上司や先輩など避けられない場合もあります。

まずは悪口を言われた場合の心の持ちようについてアドバイスさせて頂きます。

悪口を言われても真に受けない

先ほどご説明した通り、悪口を言う人は物事を深く考えて話をしていません。

自分に注目を向けて欲しい、自分の話に賛同して欲しいだけで、はっきり言ってその人の話には何の意味もないのです。

また、悪口に賛同しているように見える人達も、心の中では「こいつまた言ってるよ」「はいはい、ほとんど作り話でしょ」と思っていることがほとんどです。

もしもあなたが悪口を言われたとしても真に受けてはいけませんし、周りの人の反応も気にする必要はありません。

相手はあなたに何を言ったかすら覚えていないのですよ。

悪口を言われたら相手を憐れむ(あわれむ)

憐れむとは「かわいそうだと思う」ことです。

先ほどから説明している通り、悪口を言う人は仕事もプライベートも上手くいっていません。

幸せいっぱいな人が悪口を言う必要はありませんよね?

もしもあなたが悪口を言われたら相手を憐れむようにしましょう。

「この人私のことがうらやましいんだな」

「この人私みたいになりたいんだな」

「この人誰にも褒めてもらえないだな」

「かわいそ~」

あっ、くれぐれも声に出して言わないようにしてくださいね。

本心をつかれると逆上して余計に悪口攻撃を繰り返してきます。

心の中で「かわいそうな人だな」と思っていればOKです。

悪口や悪口を言う人のことで悩むのは時間とエネルギーの無駄遣い

あなたが悪口を言われた場合、悪口の内容や悪口を言う人のことをのは時間がもったいないですし、エネルギーの無駄遣いでもあります。

実は悩む行為というのは、物事を考える時よりも大きなエネルギーを使いますし、脳細胞そのものを消耗させてしまうのです。

どうでもよい人の為に時間やエネルギーを使わずに、自分や他人の幸せのために使うべきです。

私たちの時間も身体自体も限りある資源なのです。

さあ、心の持ちようがわかったら次は具体的な対処法を説明させて頂きます。

対処法には大きく分けて2つあります。

1つは「職場だけの付き合いと割り切る」方法と、

2つ目は「完全に無視、相手にしない」方法です。

職場だけの付き合いと割り切る

これは悪口を言う人のことが嫌でも、仕事中だけ付き合いだと割り切って過ごす方法です。

なるべく目立たず淡々と仕事をします。職場では特定の人と仲良くせずに、誰に対しても同じように自然体に接するようにします。

自分のプライベートが相手に知られると勝手に嫉妬されたり、ライバル意識を持たれてしまいます。

必要以上に自分の話をするのはやめたほうがいいです。

相手は「自分とは比較する対象ではない」「自分のプライドが傷つけられない」と判断すると、悪口を言うことはありません。

また、他人の悪口を言っている中に入るのは絶対にやめましょう。

自分が悪口を言われたくないばかりに、悪口を言っている人達の話に入っていこうとする人がいますが、そんなことをすれば、周囲の人たちからの信用を失うだけです。

もしも運悪く悪口を言う場に居合わせてしまい、「○○さんもそう思うでしょ?」と話を振られたら、

「へぇ~そうなんですね~、私○○さんのことあんまりよく知らないんです」

「私って観察力がないんですよね~」と返しておけばOKです。

完全に無視、相手にしない

こちらは完全に相手にしない方法です。

悪口がはじまったら席を離れるようにします。持ち場を離れられない職場なら一切話に加わらず、黙って聞き流します。

あなたが距離を取ったり話に加わらないことで、今度はあなたのことを陰で悪口を言うかもしれません。

仮に悪口を言われたとしても構いません。

そんな人の話は誰も信用していないのです。

言わせておけばいいのです。

真に受けず、憐れんで、もっと大切なことに時間とエネルギーを使うことを最優先させてください。

何を言われても自分の仕事をきちんとこなし、相手の気持ちを考えて行動していれば、あなたはみんなからとても信頼されるようになるのです。

スポンサーリンク

上手く対処できない時は転職を考える

悪口を言われて頭を抱える女性

みなさんは「悪口を言う人はどんな職場にもいるもの」と思っていませんか?

今の職場に悪口を言う人がたくさんいるので、それが当たり前だと感じてしまうかもしれませんね。

でもそれは異常なことなんですよ。

労働環境や経営状態が良くない職場ほど、ギスギスした雰囲気になってお互いの悪口を言い合います。

逆に社員全体が同じ目標に向かって、向上心を持っているような会社では他人の悪口なんて出てきません。

今の会社で悪口を言われる対象になっていたり、職場全体がギスギスして誰に相談していいか分からないような人は、職場を変えることで簡単に解決できる場合があります。

でも…

「転職って大変そう」

「いい仕事を見つけるのは簡単じゃない」

と思われるかもしれません。

確かに自分一人で転職先を探すのは大変です。

ですがそんな時に力になってくれるのが転職サイトです。

もちろん今の会社を続けながら登録しても問題ありません。

転職サイトの求人を見ていれば「今の会社が嫌になっても次があるから」と気分が楽になります。

今すぐ辞める決心がついていなくても、とりあえず登録しておくだけでも精神的に余裕が持てますよ。

悪口を言われてもあなたの価値は下がりません

ガッツポーズをする女性

何度も繰り返しになりますが、悪口に意味はありません。

例えあなたが職場で悪口を言われても、あなたの人格が否定されることもないですし、あなたの価値が下がることもありません。

言わせておけばいいのです。

そんなことに意識を向けるより、楽しいことや誰かの役に立つことにエネルギーを使いましょう。

最後までありがとうございました。

こちらも合わせてご覧ください

⇒「なんで私だけ?」何でも言われやすい人の性格や特徴5つと解決方法

⇒職場の陰口を気にしない方法。自分が不幸にならない立ち回りと思考

⇒「寂しい、助けて」寂しくて辛い時の対処法、苦しさが消えるマインドセット

~こちらの本はとても参考になります~

どうしても耐えられない、一人では乗り越えられないという方は、こちらからお気軽にご相談ください。

一緒に良い方法を考えましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする


ページトップ